野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【地元情報!/ 2021年】鳴尾浜球場・細かすぎる完全ガイド(アクセス・観戦情報)

鳴尾浜球場へのアクセス・駐車場・周辺環境を紹介しています。

 

あなたは、初めての鳴尾浜球場に、不安はありませんか?

 

事前に調べておいて、スムーズに観戦したいですよね。

 

これを読めば、あなたの不安は解消できます。

 

・アクセス

・駐車場

・コンビニ

・他

色んな情報が満載です 。

 

私は甲子園球場から、徒歩圏内在住。

鳴尾浜球場まで自転車なら、15分強で行くことができます。

 

年間20試合以上を「鳴尾浜球場」で観戦している、実体験を元に、細かく紹介しています。

 

 

 

安心して観戦できる、便利な情報が満載です!!

 

  

阪神タイガース・ファーム本拠地(2軍) / 電車・バス・駐車場・入場料など

 

 

阪神タイガースの2軍本拠地、鳴尾浜球場。

 

アクセスを初め、観戦情報を全般的に、解説してゆきます。

 

 

地元情報を、細かく紹介しています!!

 

 

普段間近で見ることができない、プロの迫力を堪能してください

 

 

・阪神タイガースは3塁側

・ビジターチームは1塁側

 

 

 「何時頃に行けば、入場できるのか?」など、

入場状況は別ページで、コロナ収束後に紹介予定です。

 

これはかなり重要事項ですので、必ず一読を!!

 

 

 

 

 
鳴尾浜球場へのアクセス / 電車・阪神バス

 

鳴尾浜球場へ向かう場合、3つの方法があります。

  

阪神電鉄+阪神バス(一番便利)

阪神電鉄+徒歩(一番安い)

JR+阪神バス

 

自分に合った方法を、検討してください

 

 

一般的なアクセス方法は、

「阪神電鉄+阪神バス」

 

 

「JR+阪神バス」のルートは、

バスの本数が少なく、時間もかかります。

 

甲子園駅までのアクセスは、リンク先で詳しく解説済み

 

バス利用の注意点

阪神バスでは、交通系ICカードの使用可能です。

 

「乗車」「降車」時に、「パネルタッチ」する必要あり!!

(2度タッチするわけです)

 

乗車の際にタッチしなかった場合、

降車時に運転手に呼び止められ、後続の乗客に気をつかうことになります。

 

 

 

阪神バス・時刻表

 

「時刻表検索」から甲子園駅を指定。

「鳴尾浜方面」を選択してください。

 

路線バス|阪神バス株式会社・時刻表

 

 

それでは鳴尾浜球場まで、公共交通機関を利用した、アクセス方法を紹介します

 

阪神電鉄+阪神バス

 

1.阪神電鉄・甲子園駅で下車

2.阪神バス「鳴尾浜」行きに乗車

3.県立総合体育館前で下車

4.徒歩3分で鳴尾浜球場に到着

 

 

 1.「阪神甲子園駅」下車

 

東改札口を出ます。

 

阪神バスターミナル「7番のりば」から「鳴尾浜方面」行きバスに乗りましょう。

(バス代:220円)

 

 

乗車バスや時刻が知りたいなら、
バスターミナルの「バス案内所」(千鳥屋饅頭の横)で、確認できます。 

 

2.乗車時間は約15分。

県立総合体育館前」で下車。

 

3.バス停から3分程度歩けば、球場に到着できます。

 

鳴尾浜エリアのバスルートは、巡回式です。

鳴尾浜球場前」は最後のバス停になります。

 

必ず「県立総合体育館前」で、下車しましょう

 

写真のバス停後方の左側に、白いビルが見えます。

その裏側が、鳴尾浜球場です。

 

阪神電鉄+徒歩

 

このアクセス方法は、値段が一番安いですが、歩く距離が長い。

 

鳴尾浜球場は、屋根がありません。

日差しの中での観戦で、体力を奪われます。

 

徒歩移動で体力を使うのは、お勧めできません

 

1.阪神電鉄・武庫川駅で下車

2.阪神電鉄・武庫川団地前で下車

3.徒歩で、鳴尾浜球場に到着

  

 1.阪神電鉄・本線の「武庫川駅」で下車。

 

「武庫川駅」を西側へ進み、阪神電鉄・武庫川線に乗り換えます。

 

 

2.武庫川線の終点「武庫川団地前」で下車。

 

徒歩20分程度で到着します。

 

駅前のMAXバリューで、飲食物を買えます。

スーパーマーケットは、ここしかありません。

 

途中、日陰もないので、夏の徒歩はお勧めできません。

 

3.鳴尾浜球場まで歩く

  

道中にはローソンがあります。コンビニもここしかありません。

この「ローソン」が、買い物できる最後の店。

 

 

「ローソン」前を更に直進すると、鳴尾浜海浜公園の入り口が見えます。

ここから公園内を、通り抜けましょう。

 

 

公園内の野球場と、テニスコートを通り過ぎると、信号が見えます。

 

信号を渡れば、鳴尾浜球場です。

左側には、タイガースの合宿所も見えますよ。

 


JR+阪神バス

かなり時間がかかるアクセス方法です

 

1.JR「甲子園口」駅で下車

2.阪神バス「鳴尾浜」行きに乗車

3.県立総合体育館前で下車

4.徒歩3分で鳴尾浜球場に到着

 

 

 1.JR「甲子園口」で下車。(バス代:220円)

 

駅の南側にある、阪神バス乗り場から、鳴尾浜方面に乗車。

 

2.乗車時間は約25分。

県立総合体育館前」で下車。

 

3.バス停から3分程度歩けば、球場に到着できます。

 

鳴尾浜エリアのバスルートは、巡回式です。

鳴尾浜球場前」は最後のバス停になります。

 

必ず「県立総合体育館前」で、下車しましょう

 

写真のバス停後方の左側に、白いビルが見えます。

その裏側が、鳴尾浜球場です。

 

 

帰りのバス

鳴尾浜球場の正面に、バス停があります。

 

「鳴尾浜球場前」バス停から、 阪神甲子園方面に向います。

 

 

甲子園球場と掛け持ち観戦

 

甲子園球場での1軍の試合と、掛け持ちでの観戦の場合、帰りのバス停を覚えておくと便利です。

 

甲子園球場の外野席へ向かう場合

「ららぽーと甲子園西」で下車。

バス停前が、外野席入り口です。

 

 

飲食物を購入予定の場合

「ららぽーと甲子園南」で下車。

「イトーヨーカドー」があります。

 

甲子園駅前の「イオン」は大混雑するので、こちらが便利。

 

「ららぽーと甲子園」内を突き抜ければ、甲子園球場の外野席入り口。

 

飲食店に立ち寄りたい場合

「甲子園八番町」で下車。

バス停横にある歩道橋を渡れば、「ららぽーと甲子園」の2階フードコートに繋がっています。

 

駐車場の入り口は、写真右側にあり、歩道橋を渡れます。

 

車でのアクセス

国道43号線の「鳴尾」交差点を南下。

 

行き止まりを、道なりに左へ曲がって行くと、右手に体育館が見えます。

体育館の隣が、鳴尾浜球場です。

 

地図をクリックして、参考にしてください。 

googleマップは、ナビ機能があります。

www.google.co.jp


 

甲子園球場周辺の「交通事情」を紹介

www.baseball-cafe.com


駐車場

一番近いのは、球場横にある「県立体育館」です。

 

基本的には、体育館の来客用です。

「土日・祝日」やイベント開催時には遠慮すべき。

 

球場の向かいには「鳴尾浜臨海野球場」の駐車場があります。

 

こちらはハッキリと、「プロ野球観戦お断り」の立て札あり。

 

注意!!

イベント時の「県立体育館」では、駐車場に警備員がいることがあります。

 

「野球観戦者」を、断ることが目的です。

 

折角行ったのに、駐車場探しで時間を取られるのは、バカバカしいですよね。

 

ネット予約で、駐車場を確保しておくと便利です。

 

鳴尾浜球場から、一番近い民間駐車場は「鳴尾浜3号駐車場」です。

akippa を使えば、ネット予約ができます。

 


akippa
 

  

 

自転車(駐輪場)

 

甲子園駅からだと、約20分程度で到着できます。

 

阪神電鉄・甲子園駅前には、レンタサイクルが2つあり。

 

・甲子園駅北側

 

 

・ショップアルプスの前

 

 

 

鳴尾浜球場内には、自転車置き場があります。

 

鳴尾浜球場の観戦について

開門時間

開門は午前9:30。

 

早く行けば、阪神タイガースの練習が見学できます。

 

一部の若手投手は、道路を隔てた鳴尾臨海公園のグランドで、練習していることもあります。練習後は徒歩で、球場へ戻ってきます。

 

ビジターチームの練習開始は、午前10:30前。

 

 

  

入場料

料金は無料

 

有料試合はありません。

練習試合でも同様に、無料です。


座席は先着順です。

 

入場規制

入場定員は570名。

定員を超えると、入場ゲートが閉門されます。

 

座席を確保していても、外出してしまうと、閉門後に再入場はできません。

 

門の前で順番待ちが必要。

退場した人数分しか、入場できません。


昼間休憩の合間に、来場する近隣の人たちが、試合前半で退場します。

並んでおけば、入場できる可能性あり。

 

但し、いつ順番が回ってくるのかは、誰にも分からない

 

 

座席

内野席のみです。

 

観客席は長椅子になっています。

 

満員になると、階段に座るファンが多いです。


座席上に荷物を置かないよう、警備員から注意喚起あり。

座席を詰めるように、誘導されます。

 

車いす入場

バリアフリー機能はありません。

 

観客席まで、階段を上る必要があります。

 

トイレ

一塁・三塁に、各一か所あり。(合計2つ)

 

便器の数も少なく、寒い時期は並ぶことがあります。

 

荷物

大きな荷物の持ち込みは、止めましょう!!

 

通路は、かなり狭いです。

通行の妨げになり、荷物を置く場所はありません。

 

時折、スーツケースを持ち込むファンを見かけます。

 

非常に迷惑です!!

 

周りに気を使いながらの観戦は、ストレスが大きく、楽しさも半減しますよ。

 

コインロッカー情報は、リンク先で紹介済み


飲食

球場内に売店はありません。

 

飲み物の自販機が、4つあるだけです。

夏場は「売り切れ」が多く、当てにできません。

 

一旦退場してしまうと、再入場は厳しいです。

必ず球場到着前に、購入しておきましょう

 

コンビニ

球場前を、西方向へ直進。

突き当りのカーブを右へ曲がると、「セブンイレブン」があります。

 

往復で15分程度かかります。

 

鳴尾浜臨海公園の北側に「ローソン」があります。

 

こちらは往復で、約20分程度かかります。

 

無料wifi

球場内に、観客用のwifiは飛んでいません。

前出の「セブンイレブン」まで、行くしかないです。

 

タバコ

観客席での喫煙は、退場処分となります

 

球場入り口に、喫煙エリアがあります。

 

禁酒

場内での「飲酒禁止」「持ち込みも不可」

 

飲酒後の入場も、禁止されています


これらは退場処分となります。

実際に退場宣告を、時々見かけます。

 

常連客の厳しい眼が光っています。

絶対にやめましょう。


日傘・雨傘禁止

・他観客の視界を遮る

・危険を伴う

 

傘の使用は、禁止されています。

 

場内アナウンスで注意喚起がされ、警備員が警告に回ります。


鳴尾浜球場には、屋根がありません。

雨や日差し、との戦いです。

 

・雨カッパ

・帽子

・日焼け止めタオル

は必需品です。

 

 


写真撮影

練習中は自由度が高く、写真撮影に適しています。

 

試合中、一時的に後方の迷惑にならぬように留意した上で、通路で撮影しても、直ぐに座席へ戻れば、誰も怒ることはありません。

 

あなたに、節度さえあれば、

鳴尾浜ファンは、かなり優しいですよ。 

 

タイガースの選手撮影に絞るなら、練習試合は自由度が高くお勧めです

 

 

サイン

運が良ければチャンスありです。

絶対ではありません。


もえたらラッキーと、解釈しましょう。

 

ファールボール

ファールボールは、もらえません。

全て回収されます。

 

ビジターチームの応援

問題ないです。

 

鳴尾浜の阪神ファンは、甲子園とは違います

 

忘れ物

後日訪問すれば、見つかるかも。

自分で探しましょう。

 

鳴尾浜球場周辺

風呂・シャワー

夏場の観戦は屋根がないので、汗との闘いになります。

 

球場前を西方向へ直進し、突き当りのカーブを右へ曲がると、温泉施設「熊野の郷」があります。

 

徒歩10分程度。

 

ひと風呂浴びて、ゆったりしてから帰宅しましょう。

甲子園駅まで、送迎バスがあるはずです。

公衆電話

球場前のバス停にあります。

 

この電話を使用しているファンを、見かけたことがありません。

 

レンタル自転車

鳴尾臨海公園に、レンタル自転車があります。

利用価値があるのかは分かりませんが、頭に入れておくとよいでしょう。

 

 

郵便ポスト

鳴尾臨海公園内の野球場横にあります。

又、球場前を西へ直進した、道路沿いにもあり。

 

記念モニュメント

鳴尾臨海公園内の野球場前にあります。

 

選手寮

通称「虎風荘」。球場横にあります。

 

熱心なファンが試合終了後に、サイン待ちをしていますが、確率は低いでしょう。

 

以上、「鳴尾浜球場・完全ガイド」でした。

 

練習試合 / 試合観戦

アマチェア野球(大学・社会人)との練習試合も、一般公開されています。

 

入場料は無料。

 

練習試合は観客が少なく、お勧めです。

 

新人自主トレ / 練習見学

日にちが限定されていますが、「新人合同自主トレ」は毎年公開されています。

 

詳細はリンク先で、紹介済みです

www.baseball-cafe.com