野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【フェンウェイ・パークより古い】アメリカ最古の野球場 リックウッド

アメリカに現存する、一番古い球場「Rickwood Field」(1910年開場)。

 

レッドソックスの本拠地「Fenway Park」(1912年開場)よりも、2年先輩です。

 

世界一古い球場になります

 

 

マイナーリーグ観戦旅行 / Rickwood Field(アラバマ州)

 

 

 

アメリカで一番古い野球場 


「America's Oldest Ballpark」


自称「アメリカで一番古い野球場」の称号を掲げています。

 

これはかなり怪しい肩書。

でも、野球殿堂がある「クーパースタウン」も同じですよね。

 

1910年代には、メジャーリーグの春季キャンプも、行われていた球場です。

 

 

リックウッドの現在

古くには黒人リーグ(Negro League)が使用しており、

伝説の大投手「Satchel Paige」や、メジャデビュー前の「Willie Mays」もプレイしています。

 

1988年までは、「Birmingham Barons」(2A)の本拠地でした。

 

Baronsが近郊の「Hoover Metropolitan Stadium」へ移転してからは、アマチュア野球が使用しています。

 

現在はプロ野球の本拠地として、利用されていません

 


NBAのスーパースター「Michael Jordan」は、Hoover Metropolitan Stadium時代にプレイ。

6年早く、野球に挑戦していれば、リックウッドでプレイしたはずです。

 

 

Rickwood Classic / 年に1度の祭典

 

 

「Rickwood Classic」との冠で、

1996年からマイナーリーグ(2A)の公式戦が、毎年1試合だけ開催されています。

 

「Birmingham Barons」のホームゲーム

 

今や「Rickwood Classic」は有名イベントとなり、1試合だけの観戦にアメリカ各地から、マイナーファンが集結しています。

 

 

近年ではオールドタイマーを招待して、一層イベント色を高めています。

 

地元祭りです!!

 
1塁側の球場事務所で、サイン会も開催。

行ってみたら、並んでみるとよいでしょう。

 

私が初めて訪問した2008年の時点では、ゲストの招待はありませんでした。

 

2014年に訪問した時には、「Dwaight Gooden」氏がゲスト招待。

もちろん、サインを頂戴しました。

 

 

野球映画のロケ地

ノスタルジック感が維持されており、多くの野球映画に使用されています。

 

最近では、ジャッキー・ロビンソンの半生を描いた「42 〜世界を変えた男〜があります。

 

 

 

 「42 〜世界を変えた男〜」は、動画サイト U-NEXTで視聴できます

  

・ U-NEXT

  

 

リックウッドへ行ってみよう


メジャーリーグ「Atlanta Braves」の本拠地アトランタから、アラバマ州のバーミングハム(Brimingham)まで、車で約3時間で行けます。

 


球場はバーミングハムの郊外で、周辺はあまり治安が良くない区域です。

 

「Rickwood Classic」以外での訪問は、避けましょう

 

近年は人気イベントになっていますが、「満員札止め」までにはなりません。

 

「Rickwood Classic」は、3連戦中の1試合に、レギュラーシーズン公式戦として開催されています。

 

2日間滞在すれば、Baronsの本拠地(Regions Field)と、連続観戦できます。

Regions Fieldは、マイナーリーグの最新型球場です。

 

極端に違う球場なので、対比すると面白いかも。

 

 

リックウッドへのアクセス方法

 

・長距離バス

・レンタカー

 

2つの方法があります。

 

長距離バス

AtlantaからBirminghamまで、グレイハンド社のバスで、約2時間30分。

 

Birminghamのバスターミナルから、球場まで路線バスで15分。

 

 

レンタカー

インターステート20号線で、Birminghamを少し過ぎると、Rickwoodです。

 

Atlantaから約2時間で行けます。 

 

レンタカーに不安がある人に、レンタカーを使って「野球場巡り」をする方法を、紹介しています。

 

球場の風景

 

「Rickwood Classic」では、球場前にクラシックカーが並べられ、記念撮影ができます。

 

インスタ映え、間違いなしでしょう

 

チケット売り場は、なんとなく洗練された感じで、古風さは感じません

 

ラインアップボードは、チョーク書き。

ノスタルジック感を、維持しています。

 

 

ホームベース後方

 

・広がる木製の屋根

・視界を遮る鉄柱

 

レトロ感満載です

 

木製の屋根ですが、こちらはリノベーション済みです

 

ベンチ内が狭い!!

スペースは他球場の半分以下

 

試合中、屋根に座っている選手が多かった。

 

「屋根に座ったら、お客さんが見にくいだろ!!」

メジャーリーグなら、クレームがきそう。

 

映画撮影用に改修された、ライトフェンス。

1920年代が偲ばれます。

 

「332ft」の横に、穴が開いています。

これも演出なんでしょうか。

 

 

私は2008年・2014年に訪問済み。

暫く訪問するつもりはありませんが、「もう一度行ってみたい野球場」の一つです。