MENU

【外野も守れる?新外国人!】シェルドン・ノイジー内野手(阪神タイガース)

新外国人・シェルドン・ノイジー選手(阪神タイガース)

阪神タイガースが、契約した「ノイジー」選手。

内野専門のユーティリティープレーヤーです。

観戦経験がある選手でしたので、簡単に経歴と成績をまとめてみました。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

他の2023年新外国人選手は、下の記事にまとめています

・ 2023年 / 新来日外国人選手リスト

目次

2023年新来日外国人選手 / Sheldon Neuse選手

▼ 2017年10月18日(筆者撮影)

新来日外国人選手 / シェルドン・ノイジー選手(阪神タイガース)

阪神タイガースが獲得した「シェルドン・ノイジー」選手。

  • 右投げ右打ち
  • 三塁&一塁
  • 現在27歳

シェルドン・ノイジー選手の経歴

2016年、Nationalsからドラフト2巡目指名(全体58番目)

大学時代は「強打の遊撃手」として活躍、プロ入り後は3塁手。

高校時代から「全米代表」に選抜されるエリートでした。

新来日外国人選手/シェルドン・ノイジー選手の野球カード(阪神タイガース)

2017年7月、優勝を狙うNationalsはリリーフ投手2人(Ryan Madson, Sean Doolittle) と引き換えに、ノイジー選手をAtheleticsへトレードしました。

シーズンオフには「アリゾナ秋季リーグ」に選抜される

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

2019年5月19日(24歳)、メジャーリーグ・デビューしています。

メジャーリーグ1年目の成績

25試合、打率.250、0本塁打、7打点、出塁率.295、OPS .599

2021年2月、Dodgersへトレード移籍

3Aではウィルカーソン投手(元阪神)・ラベロ選手(元オリックス)とチームメイト

2022年、Athleticsへ出戻り

2022年、新外国人「デビットソン選手(広島)」とチームメイトでした。

・ 新外国人・マット・デビットソン選手(広島)

2022年3Aの成績は、打高投低の「Pacific Coast League」なんで、当てにしないでください

▼ 2022年の成績

3A(LasVegas)

25試合、打率.398、5本塁打、20打点、出塁率.407、OPS 1.018

メジャー(Athletics)

89試合、打率.214、4本塁打、26打点、出塁率.273、OPS .561

▼ 日本とレベルの近い、3Aとメジャーの通算成績

3A通算

364試合、打率.299、50本塁打、233打点、出塁率.353、OPS .824

メジャー通算

147試合、打率.212、7本塁打、37打点、出塁率.262、OPS .558

選手としてのタイプ

▼ 2017年10月16日(筆者撮影)

新来日外国人選手 / シェルドン・ノイジー選手(阪神タイガース)

3割近い打率を目指せる「アベレージヒッター」です。

四球率は平均をやや下回り、「アベレージヒッター」の割に三振が多め。

流し打ちが多く、打球方向はかなり広角に打ち分けている

・ ノイジー選手 / 打球方向

長打指標のISOは平均的で、本塁打を期待する打者ではありません

ゴロ率もやや高い

守備位置は「三塁」を中心に、全ての内野ポジションを守っています。

プロ経験6シーズンで、外野経験は14試合しかありません

(マイナー9試合、メジャー5試合)

メジャーの外野守備は、通算27イニングのみ

アメリカでの成績から見える選手像

▼ 2017年10月のサイン(筆者所有)

新来日外国人 / シェルドン・ノイジー選手のサイン
  • アベレージヒッター
  • 流し打ちが多い
  • 三振多め
  • 選球眼はちょっと期待できないかな
  • 長打力は平均的

流し打ちが得意なためか、外角のボールゾーンを振る確率が高い

ストライクゾーンの球も、積極的に振っています

・ ノイジー選手/ スイング分布図(コース別)

マルテ選手の穴埋めということで、マルテ選手の成績と比較してみました

▼ アメリカ時代の「マルテ選手」との比較

長打力:マルテ選手より下

四球率:マルテ選手よりやや低い

三振率:マルテ選手より多い

打球方向:マルテ選手より広角に打ち分ける

ゴロ打球:マルテ選手より少ない

マルテ選手は来日前、四球率は平均的で引っ張り傾向が強い打者でした。

でも来日後に「打撃のアプローチ」を変えています

ノイジー選手も何かしら、打撃スタイルを変えると思われます。

ハイライト動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

▼ 2022年(メジャー時代)

▼ 2019年(メジャー時代)

ノイジー選手を「沖縄キャンプ」でチェックしてみませんか?

2023年の展望

▼ 2017年10月18日(筆者撮影) 

新来日外国人選手 / シェルドン・ノイジー選手(阪神タイガース)

右打者が欲しいチーム事情での獲得ですが、守備位置の問題があります。

  • 1塁:大山選手
  • 3塁:佐藤選手

岡田監督は「守備位置固定」を明言おり、内野ポジションに空きがありません。

二遊間も「守備力優先」を明言している

外野経験は14試合しかなく、メジャーでの外野出場は27イニングのみ

「外野を守れる」と報道されているけど、何が根拠なのかわかりません

ノイジー選手に我慢強く、出場機会を与えるのか疑問があります。

  • 内野はアメリカにない「土のグラウンド」
  • 外野は経験がない上、風が強い甲子園球場

甲子園球場の守備は、アジャストに時間が必要です。

「ミエセス」「森下」「井上」選手の優先起用で、ほとんどベンチなんてことがあるかもです。

岡田監督は「外野両翼を、外国人の同時起用はない」と明言済み

プロ経験が浅い右打者なんで、シーズン400打席は欲しいですね

キャンプ・オープン戦の結果で、シーズンの扱いが決まってしまいそうです。

来日が1年早ければ、複数ポジション制を採用していたのだが・・・

  • 日本生活への適応(食事・買い物・娯楽など)
  • 不慣れな外野守備
  • 日本の変化球対応

来日早々から「ストレス高い日々」になりそうです

ベンチ待機でストレス爆発は避けて欲しいですね

▼ 過去の来日外国人選手の2022年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

・ 元・来日外国人 / 2022年成績のまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本野球・アメリカ野球の旅行情報を中心に発信しています。

野球観戦歴は50年、日本野球1000試合以上、アメリカ野球600試合を生観戦してきました。

・日本プロ野球全本拠地
・メジャーリーグ全本拠地
・マイナーリーグ100球場

野球場巡りをした実体験を元に、旅行情報をまとめています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次