野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【第3回新人選手選択会議】ドラフト会議を振り返る(1967年)/ 指名リスト提出廃止 / 村田兆治・高田繁・松岡弘

第3回ドラフト会議(昭和42年)

 
第3回ドラフト会議が開催された1967年。


セリーグでは、巨人が12ゲーム差の独走で3連覇達成。

パリーグでは、阪急が「球団創設初優勝」を果たしています。

 


 

昭和42年3月14日の実行委員会で、「事前指名リストの提出」は廃止され、指名順位を抽選で決める方式が決定しました。これで競合抽選は廃止となり、暫くはこの方式で定着することになります。


昭和42年11月9日、東京・日比谷で実施されたドラフト会議を振り返ってみましょう。


前回のドラフト会議では、年2回開催に変更されましたが、早くもこのドラフトで年一度の開催に戻っています。

 

指名順位:①南海 ②西鉄 ③阪神 ④近鉄 ⑤大洋 ⑥東京 ⑦巨人 ⑧サンケイ ⑨阪急 ⑩中日 ⑪東映 ⑫広島

 

指名順位の1番クジを引いた南海ホークスは、藤原真投手(慶応大学)を指名しましたが入団拒否され、東京六大学の安打製造機・高田繁選手(明治大学)は7番目まで残り、巨人に入団しています。

  

各球団の指名状況

 

読売ジャイアンツ

ドラフトの目玉・高田繁選手が7番目まで残っており、入団に至っています。

 

「V9」の中心選手を獲得できた、大当たりドラフトと評価できるでしょう。2位で山内新一投手、10位で関本四十四投手も指名しています。

 

このドラフトでは総勢15名を指名しており、そのうち半数の8名が高校卒でした。

写真は1986年9月28日に、西宮球場で撮影しました。


中日ドラゴンズ
入団6名全員が1軍を経験するドラフトでしたが、皆大きな戦力とはならず、2位の江島巧選手もキャリアの半数以上は、移籍したオリオンズでの成績です。

 

可もなく不可もなく、というところでしょうか。

ドラゴンズ

阪神タイガース

川藤幸三・桑野議両選手が、控えとして1軍戦力にはなりましたが、実りあるドラフトとは言えないでしょう。


川藤幸三氏は投手入団→俊足外野手→代打専門に転向し、引退後はOB会長として存在感を発揮しています。

写真は1983年5月16日に、甲子園球場で撮影しました。

 

大洋ホエールズ

大活躍した選手はいませんが、小谷正勝・中塚政幸・米田慶三郎・池田重喜の上位4名が戦力となっており、地味ながらも評価できるドラフトではないでしょうか。

 

 

サンケイアトムズ

15名の大量指名も、入団に至ったのは6名でした。
エース・松岡弘投手(通算191勝)が入団する、当たりドラフトでした。

 

写真は1981年9月27日に、甲子園球場で撮影しました。

 

広島カープ

1位指名の井上弘昭選手が入団していますが、移籍した中日での活躍度が大きく、広島としては、あまり実りあるドラフトとは言えません。 

写真は1981年4月11日に、西宮球場で撮影しました。

 

阪急ブレーブス

主力選手は現れていませんが、控え選手として正垣泰祐・当銀秀崇両外野手と宮本幸信投手が戦力となっています。


ドラフトの戦力補強としては、小さい成果でした。1位の渡辺一夫投手は1軍出場なし。

 

西鉄ライオンズ

15名を指名しましたが、入団は6名。


東田正義・竹之内雅史両選手を獲得できた、実りあるドラフトでした。偶然にも、両選手は阪神タイガースで現役を終えています。


11位で山田久志投手を指名しましたが、皆さんご存じの通り入団拒否。

写真は1980年10月16日に、甲子園球場で撮影しました。

 

東映フライヤーズ

3位でエースとなる高橋直樹投手を指名。日本鋼管に入社しましたが、翌年のドラフト前に入団契約しています。

 

他は大きな戦力となりませんでしたが、高橋投手の入団だけでも、当たりドラフトと評価できるでしょう。

写真は1981年10月10日に、甲子園球場で撮影しました。

 

南海ホークス
16名を指名しましたが、入団は6名。1位指名した藤原真投手は、入団拒否した最初のドラフト1位選手となりました。


西岡三四郎・高橋里志両投手が入団し、戦力となっています。5位の高畠導宏選手は、後の打撃コーチとしての実績を評価したいものです。


加藤秀司選手を指名していますが、入団拒否されています。現役最終年が南海というのは皮肉なものですね。

 

東京オリオンズ

1位で村田長次(兆治)投手を獲得しています。通算215勝の剛腕投手が入団した、大当たりドラフトでした。

 

榊親一捕手・吉岡悟選手は控え選手でしたが、村田長次投手だけでも大成果です。


3位指名の島谷金二選手は、3年連続指名されるも入団していません。

写真は1980年4月5日に、西宮球場で撮影しました。

 

近鉄バファローズ

主力選手となる永淵洋三・小川亨両選手が入団する、実りあるドラフトでした。

 

1位指名された三輪田勝利投手は入団拒否して、社会人野球に進んでいます。

 

写真は1981年4月6日に、日生球場で撮影しました。

 

総括

巨人・サンケイ・東映・東京が大当たりドラフト、他に西鉄・近鉄が勝ち組になるでしょうか。


後に主力選手となる選手では、山田久志・加藤秀司・島谷金二各選手が入団拒否しています。

以上、「ドラフト会議を振り返る(1967年)」でした。

 

「2020年選手名鑑」や「ドラフト」に関する書籍は、キャッシュレス決済対応で「2%還元」を受けられる、「コンビニ受け取り」にするとお得ですよ。