MENU

【選球眼に課題あり?新外国人!】ルイス・ブリンソン外野手(読売ジャイアンツ)

新来日外国人 / ルイス・ブリンソン外野手(読売ジャイアンツ)
※ 本ページはPRプロモーションが含まれています

読売ジャイアンツが、契約したと報道されている「ブリンソン」選手。

右打ちの外野手。

観戦経験がある選手でしたので、簡単に経歴と成績をまとめてみました。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

他の2023年新外国人選手は、下の記事にまとめています

・ 2023年 / 新来日外国人選手リスト

目次

2023年新来日外国人選手 / Lewis Brinson選手

▼ 2015年10月23日(筆者撮影)

新来日外国人 / ルイス・ブリンソン外野手(読売ジャイアンツ)

読売ジャイアンツが獲得した「ルイス・ブリンソン」選手。

  • 右投げ右打ち
  • 外野手
  • 現在28歳

立浪監督(中日)は、2022年12月18日の講演会で「獲得を狙っていた選手」だったと公言しています

中日との獲得競争を制したようです

ブリンソン選手を沖縄キャンプで、生チェックしてみませんか

・ 読売ジャイアンツ / 沖縄キャンプ(アクセス方法など)

ルイス・ブリンソン選手の経歴

2012年、Rangersからドラフト1巡目指名(全体29番目)

2013年、早くも1Aでプレイしています。

447打数で191三振と「三振量産型の一発屋」でした。

2014-2015年、ローズ打撃コーチ(元横浜ベイスターズ)の指導を受けています

・ ローズ選手の経歴 / 元横浜ベイスターズ

この間、100三振以内まで減らし、打率が約1割も上昇!!

  • 191三振(2013年)→ 96三振(2014年)
  • 打率.237(2013年)→.288(2014年)→.322(2015年)
  • 2013年(Hickory, 1A)打率.237 ローズコーチ就任前
  • 2014年(Hickory, 1A)打率.335 ローズコーチ就任後

高打率で長打力があり、盗塁数も稼げる「スター候補」として期待されました

ただこの頃がピークでした

2015年シーズンオフには「アリゾナ秋季リーグ」に選抜される

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

2016年8月、オールスター捕手「ラクロイ選手」との複数トレードでBrewersへ移籍

トレードの目玉選手でした

2017年6月11日(23歳)、メジャーリーグ・デビューしています。

メジャーリーグ1年目の成績

21試合、打率.106、2本塁打、3打点、出塁率.236、OPS .513

2018年1月、オールスター外野手「イエリッチ選手」との複数トレードでMarlinsへ移籍

メジャーでレギュラー起用されましたが、期待の活躍はできていません。

2022年3Aの成績は、打高投低の「Pacific Coast League」なんで、当てにしないでください

▼ 2022年の成績

3A(Sugar Land, Sacrament)

87試合、打率.298、22本塁打、63打点、出塁率.356、OPS .922

メジャー(Giants)

16試合、打率.167、3本塁打、4打点、出塁率.211、OPS .683

▼ 日本とレベルの近い、3Aとメジャーの通算成績

3A通算

293試合、打率.307、57本塁打、197打点、出塁率.372、OPS .915

メジャー通算

357試合、打率.198、28本塁打、109打点、出塁率.246、OPS .574

3A通算成績も好成績に見えますが、多くは打者有利の球場で積み上げた数字です

選手としてのタイプ

▼ 2015年10月16日(筆者撮影)
ベンチ内にいるのがローズ打撃コーチ

新来日外国人 \ ルイス・ブリンソン外野手(読売ジャイアンツ)

身体能力が高い、粗削りな外野手

三振率がかなり高く、四球もあまり選びません

打撃スタイルは積極的で、ボール球のスイング率が高い

コンタクト率もかなり低く、ミスショットが多い特徴があります。

▼ ボール球に手をだす確率

・ ブリンソン選手 / スイング分布図(2021年)

長打指標のISOは平均的なレベルで、本塁打を期待する打者ではありません

ゴロ率もやや高い

守備力は平均をやや下回る数字がでています

アメリカでの成績から見える選手像

 2015年10月21日(筆者撮影)

新来日外国人 / ルイス・ブリンソン外野手(読売ジャイアンツ)
  • 打率が低い
  • 三振が多くボール球に手をだす
  • 四球は選ばない
  • 長打力は平均的
  • 守備力はまあまあ

ハイライト動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

▼ 2022年(メジャー時代)

▼ 2020年(メジャー時代)

2023年の展望

▼ 2015年10月にもらったサインカード(筆者所有)

新来日外国人/ ルイス・ブリンソン選手のサインカード

丸選手のライト転向を想定して、センターで起用できる外国人選手を獲得。

ただメジャーでは平均的な守備指標しか、記録できていません。

  • 外野手の長野選手が復帰
  • 松田選手獲得で中田選手の外野起用も可能

ベテラン右打者の獲得で、ブリンソン選手が不振だった時の備えはできています。

三振の多い「粗削りタイプ」の打者に、我慢して打席数を与えるかが「鍵」

ウォーカー選手のように、開幕から打ちまくる必要がありそうです。

丸選手のセンター起用は、まだまだ続きそうな気がします。

身体能力は高いので「開けてビックリ玉手箱」を期待したいですね

▼ 過去の来日外国人選手の2022年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

・ 元・来日外国人 / 2022年成績のまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本野球・アメリカ野球の旅行情報を中心に発信しています。

野球観戦歴は50年、日本野球1000試合以上、アメリカ野球600試合を生観戦してきました。

・日本プロ野球全本拠地
・メジャーリーグ全本拠地
・マイナーリーグ100球場

野球場巡りをした実体験を元に、旅行情報をまとめています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次