野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

ドラフト会議を振り返る(1971年)

唯一の目玉選手であった、慶應大学の松下勝実選手はプロ入り拒否を宣言し、意志の固さに全球団が指名を回避しています。


注目選手少ないドラフトで、スカウトの腕の見せ所ですが、さて結果は。


第7回ドラフト会議(昭和46年)

 

第7回ドラフト会議が開催された1971年。
 

セリーグでは、巨人が球宴前までに10ゲーム以上の独走態勢に入り、そのまま7連覇を達成。
パリーグでは、ロッテの追い上げを振り切った阪急が、2年ぶりの優勝を果たしました。


この年のセリーグは、3割打者が長嶋茂雄選手の一人だけしか存在していません。


それでは昭和46年11月19日に実施された、ドラフト会議を振り返ってみましょう。

 

指名順位:①ロッテ ②阪神 ③巨人 ④広島 ⑤西鉄 ⑥南海 ⑦ヤクルト ⑧大洋 ⑨東映 ⑩中日 ⑪阪急 ⑫近鉄

 

結果として、1位指名は大学・社会人投手に指名が集中しました。

 
各球団の指名状況

読売ジャイアンツ
川上監督が初めてドラフト会議に出席しています。
6位で小林繁投手を入団させています。他にも庄司智久・玉井信博選手も入団していますが、他球団での成績が主になります。

 

小林繁投手の入団もあり、成果としては「まずまず」でしょうか。

写真は1982年5月9日に、甲子園球場で撮影

 

中日ドラゴンズ
3位指名・白滝政孝選手の通算108試合が最高で、ほとんど戦力とならなかったドラフトでした。過去2年間の成功があり、ドラフト失敗の影響は小さかった事でしょう。

 

大洋ホエールズ
1位・竹内広明、2位・奥江英幸各投手以外は、戦力になっていません。2投手がローテーション投手となった事を考慮すると、可もなく不可もなくでしょうか。

 

広島東洋カープ
道原博幸、劔持節雄、永射保、岡義朗各選手を、上位5枠で指名。うち4選手が控え選手と起用されていますが、劔持節雄・永射保両選手は移籍後の実績です。

 

評価としては、可もなく不可もなくでしょうか。

写真は1980年6月14日に、西宮球場で撮影


阪神タイガース
1位・山本和行投手、2位・中村勝広選手が主力選手として活躍しています。3位の望月充選手も4年間で351試合出場しており、かなり成果高いドラフトと言えるでしょう。

写真は1986年9月11日に、甲子園球場で撮影

 

ヤクルトアトムズ
6位で安田猛投手、9位で水谷新太郎選手を入団させています。12名指名して9名が入団しましたが、入団した全員が1軍を経験しました。優勝時の主力選手を獲得した、当たりドラフトと言えるでしょう。


3位指名した尾崎健夫投手は、兄・ジャンボ尾崎氏の薦めでプロゴルファーを選択。11位の藤沢公也投手は入団拒否しています。

写真は1981年9月25日に、甲子園球場で撮影

 

 
阪急ブレーブス
1位指名の渡辺弘基投手は、移籍後の広島で活躍しており、ほとんど戦力とならなかった外れドラフトでした。

 

3位でオーストラリア国籍のライド投手を指名しましたが、1軍経験なく引退しています。

 

ロッテオリオンズ
15名の大量指名で14選手が入団しています。

3位の弘田澄男選手が主力として活躍、倉持明・成重春生両投手が中継ぎで戦力となりました。

 

実りあるドラフトと言えますが、入団数を考慮すると評価は分かれるかも知れません。

写真は1984年3月6日に、甲子園球場で撮影

 

近鉄バファローズ
レギュラー野手4名を複数輩出した、大当たりドラフトでした。79・80年の連続優勝の礎となっています。


1位・佐々木恭介、2位・梨田昌崇、3位・橘健治、4位・羽田耕一、6位・平野光泰と、入団した5名全員が戦力となりました。スカウトの手腕ここにあり!

7位の池谷公二郎投手は入団拒否しています。

写真は1981年4月6日に、日生球場で撮影

 

南海ホークス
3位・定岡智秋、4位・片平伸作、6位・山本雅夫各選手が戦力となっています。実りあるドラフトと言えるでしょう。成熟期が「ホークス暗黒時代」と重なったのは不運でした。

写真は1982年4月8日に、西宮球場で撮影

 

東映フライヤーズ
宇田東植・千藤三樹夫選手が戦力となりましたが、全体的には可もなく不可もなくでしょうか。

写真は1982年5月23日に、甲子園球場で撮影

 

西鉄ライオンズ
4位で若菜嘉晴捕手を入団させていますが、上位3選手に指名拒否されており、他入団選手も戦力となりませんでした。3位指名の永尾泰憲選手は、入団拒否しています。

写真は1981年5月5日に、甲子園球場で撮影

 


総括

近鉄が大当たりドラフト。巨人・阪神・ヤクルトも当たりドラフトと言えるでしょう。中日・阪急は外れドラフトでした。


全体的にはタイトルホルダーが少なく、野球殿堂や名球会メンバー不在のスケール小さい年となりました。

 

以上、「ドラフト会議を振り返る(1971年)」でした。

 

www.baseball-cafe.com