MENU

【制球が不安?新外国人!】タイラー・ビーディ投手(読売ジャイアンツ)

2023年新外国人、タイラー・ビディ投手(読売ジャイアンツ)

読売ジャイアンツが,、獲得調査と報道されている「ビーディ」投手。

長身の右投手です。

観戦経験がある選手でしたので、簡単に経歴と成績をまとめてみました。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

他の2023年新外国人選手は、下の記事にまとめています

・ 2023年 / 新来日外国人選手リスト

目次

2023年新来日外国人選手 / Tyler Beede選手

▼ 2013年7月7日、松山坊っちゃんスタジアム(筆者撮影)

2023年新外国人、タイラー・ビディ投手(読売ジャイアンツ)

読売ジャイアンツが獲得検討している「タイラー・ビーディ」選手。

  • 右投げ
  • 現在29歳

タイラー・ビーディ投手の経歴

2011年、Blue Jaysからドラフト1巡目指名(全体21番目)

指名拒否して、強豪バンダービルド大学に進学

2013年、日米大学野球で来日経験ありです。

全米代表チームでは、カルロス・ロドン投手と先発の2枚看板でした

2013年シーズンは、14勝1敗の好成績を残しました。

2014年、Giantsからドラフト1巡目指名(全体14番目)

2015年には、早くも2Aまで昇格しています。

2017年シーズンオフ、「アリゾナ秋季リーグ」に選抜される

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

2018年4月10日、メジャーリーグ・デビューしています。

メジャーリーグ1年目の成績

2試合、0勝1敗、防御率 8.22、7.2回、9四死球、9三振

▼ 2022年の成績

3A(Indianapolis)

1試合、0勝0敗、防御率 0.00、2回、0四死球、1三振

メジャー(Giants, Pirates)

31試合、2勝5敗、防御率 5.14、61.1回、34四死球、39三振

▼ 日本とレベルの近い、3Aとメジャーの通算成績

3A通算

76試合、12勝24敗、防御率 5.40、268.1回、176四死球、258三振

メジャー通算

58試合、7勝16敗、防御率 5.34、187回、95四死球、163三振

選手としてのタイプ

▼ 2013年7月7日のサイン(大学時代)

新外国人、タイラー・ビーディ投手のサイン(大学時代)

長身の先発投手です。

2022年はブルペン起用が多かったですが、2021年までは先発専門でプレイしています。

平均150kmを超えるフォーシームと、チェンジアップを中心とした投球スタイル。

2022年はスライダーを増やしています

四球率が高い特徴があり、2022年はリリーフ起用なのに三振率が急落しています

アメリカでの成績から見える選手像

  • 平均球速は150km超
  • チェンジアップが武器
  • 三振やや多め(2022年は急落)
  • 四球が多い

ハイライト動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

▼ 2019年(メジャー時代・手術前)

▼ 2021年(メジャー時代・手術後)

2023年の展望

実績少ない投手で占める、先発陣の補充だと思われます。

菅野・戸郷投手以外は、投げてみないと分からない状況。

リリーフでの実績がなく、ブルペン起用は構想にないはずです。

制球力に不安があり、2022年は三振率が急落しているのは不安材料。

どの程度、首脳陣が我慢できるかが「鍵」になりそうです

▼ 過去の来日外国人選手の2022年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

・ 元・来日外国人 / 2022年成績のまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日本野球・アメリカ野球の旅行情報を中心に発信しています。

野球観戦歴は50年、日本野球1000試合以上、アメリカ野球600試合を生観戦してきました。

・日本プロ野球全本拠地
・メジャーリーグ全本拠地
・マイナーリーグ100球場

野球場巡りをした実体験を元に、旅行情報をまとめています

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次