MENU

【こんな選手!新来日外国人!】カイル・ケラー投手(阪神タイガース)

kyle-keller

阪神タイガースが契約を発表した、新外国人選手「ケラー投手」

私の観戦経験がある選手ですので、取り上げてみました。

どんな選手かを調査したので、経歴を紹介しておきます。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

目次

新来日外国人選手 / Kyle Keller

▼ 2018年10月20日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211130200306j:image

阪神タイガースと契約した、「ケラー」投手。

右投げのリリーフ投手です。

現在28歳。

2015年のドラフト18巡目指名(全体536番目)

2019年8月にメジャーデビューしています

ケラー投手の経歴

▼ 2018年10月20日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211130205455j:image

・2015年、Low-1A級(当時6軍)からキャリアスタート

シーズン後半には2階級昇級して、High-1Aまで上がっています。

・2016年と2017年、1A(当時5軍)で2年間プレイ。

・2018年、High-1Aからスタート

8月には3Aまで昇格しています。

・2019年、2A(当時3軍)からスタート

・2019年8月4日、メジャーデビュー

・2020年1月、Angelsへトレード移籍

短縮シーズンのため、2試合の登板のみ

・2021年4月、Piratesへ金銭トレード

新外国人・ポンセ投手(日本ハム)とチームメイトであった

通算成績

3A
55試合、4勝3敗11セーブ、防御率3.65、79回、114三振、27四死球

メジャー
44試合、1勝1敗、防御率5.83、46.1回、48三振、39四死球

2021年の成績

3A
13試合、2勝0敗、防御率1.96、18.1回、31三振、4四死球

メジャー
32試合、1勝1敗、防御率6.48、33.1回、36三振、27四死球

選手としてのタイプ

2018年10月20日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211130205428j:image

プロ入り以来、リリーフを専門にしています。

メジャーリーグとマイナーリーグ、通算222登板していますが、先発経験は3試合のみです。

マイナーリーグでの奪三振率は高く、メジャーリーグでも同じ水準を維持できています。

ただ四死球率がマイナーリーグ時代と比較して、メジャーリーグでは2倍の数字を記録しており、制球面で苦戦しました。

フライ系の打球が極端に多く、特に2A以上のクラスから急上昇しています。

動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

2018年の動画(マイナーリーグ時代)

筆者観戦試合

2019年の動画(メジャーリーグ時代)

2021年の動画も含まれています

2020年(メジャーリーグ時代)

▼ 2022年の「新外国人選手」をリスト化しています。

現在、阪神との契約が決まっている「ウィルカーソン投手」の動画もまとめています。

2022年の展望

スアレス投手の退団で、クローザー起用を期待しての獲得でしょう。

ガンケル・アルカンタラ投手との併用で、滑り出しが悪ければ、今年のエドワーズ投手のように2軍待機になるかもです。

3Aとメジャーでの成績に大きな格差があり、特に四死球とフライ率はレベルが上がるに従い、上昇傾向にあるのは不安材料です。

先ずは中継ぎからスタートして、適正を見極めるのが妥当でしょう。

阪神タイガースは、2022年も外国人選手を多く獲得して、使いまわす方針のようですが、1・2軍のアップダウンに、外国人選手がモチベーションを保てるのか心配。

▼ 過去の「来日外国人選手」の2021年「投手・打撃成績」を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次