野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【こんな選手!新来日外国人!】ニック・ターリー投手(広島東洋カープ)

広島カープが新外国人選手と契約しました。

 

私は観戦経験がありません。

どんな選手かを調査したので、経歴を紹介しておきます。

 

記事後半には「動画」を集めています。

横浜ベイスターズの「オースティン選手」との対戦動画もあり

 

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

 

 

新来日外国人選手 / Nik Turley

 

 

広島カープとの契約が発表された「ターリー」投手。

 

左投げの投手です。

 

現在32歳。

 

2008年のドラフト50巡目指名(全体1502番目)

2017年6月にメジャーデビューしています

 

 

ターリー投手の経歴

・20008年、Rookie級(当時8軍)からキャリアスタート

 

・2010年7月、Low-1A(当時6軍)

 

・2011年、1A(当時5軍)でスタート。

6月にHigh-1A(当時4軍)に昇格

 

2012-2013年、オースティン選手(横浜DeNA)とチームメイトでした。

 

・2012年9月、2A(当時3軍)に昇格

 

・2013年5月、3A(当時2軍)に昇格するが、1試合で2Aに降格

2Aのオールスターゲームに選出

 

・2014年12月、Giantsへ移籍。3Aでプレイ

 

・2015年11月、White Soxへ移籍。

 

・2016年3月、White Soxから解雇

2016年4月、Red Soxへ移籍。2Aでプレイ

2016年7月、解雇

 

以後、独立リーグ Atlantic Leagueでプレイ

 

2016年10月、Twinsへ移籍

 

・2017年6月11日、メジャーデビュー

2017年11月、Piratesへ移籍

 

・2018-2019年はプレイせず

 

・2021年1月、Athleticsへ金銭トレード

2021年3月、White Soxへ移籍

 

 

通算成績

3A
94試合、18勝19敗、防御率4.12、279.2回、272三振、153四死球

メジャー
35試合、0勝敗、防御率7.78、39.1回、33三振、24四死球

  

選手としてのタイプ

2015年のマイナー時代まで「先発投手」でしたが、メジャーではリリーフ専門です。

 

2020-2021年の直近2年間は、マイナーリーグでも「リリーフ」に専念しています。

 

スリークォーター気味の投球フォーム。

長身でこの手の左投手は、今のNPBでは思い当たりません。

 

ヘイダー投手(Brewers)を長身にした感じですね

 

三振率は平均的で、四死球はやや多めの傾向がでています。

マイナー時代の三振奪取率は、先発投手としては高い

 

マイナーリーグでの先発時代(2011-2014)には、毎年10個前後の死球を与えています。

 

ゴロの打球より、フライ系の打球が多めの傾向もあります。

 

 

動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

 

オースティン選手(現・横浜DeNA)との対戦動画

 

 

2013年の動画

 

 

 

 

 

2016年の動画(独立リーグ時代)

対戦相手は、梶本勇介選手(元・ヤクルト&オリックス)

 

 

2020年(メジャーリーグ時代)

1:37 秋山選手(元・西武)の三振シーン

 

 

 

▼ 広島カープの新外国人野手です

長距離砲で内外野を守ります

www.baseball-cafe.com

 

 

2022年の展望

先発・リリーフどちらでの起用になるのか分かりません。

佐々岡監督のコメントでは「リリーフ起用」を予定。

 

床田・玉村投手と、既に左の先発投手が2人いることを考えると、リリーフ起用が現実的でしょう。

 

リリーフ起用だと、2021年のバード投手のスポットに入ると思われます。

 

シーズン後半戦、ピンチでの登板が多く、結果を残したバード投手の代わりができるのか、気になるところです。

 

日本には少ないタイプの左投手です。

制球に苦しむ場面がありそうですが、初見のシーズン前半は活躍を期待できるかも。

 

 

▼ 過去の来日外国人選手の2021年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

www.baseball-cafe.com