野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

ドラフト会議を振り返る(1972年)

ドラフトの目玉は、大学球界屈指の好投手・山口高志投手でしたが、社会人野球入りが決定しており、指名拒否を宣言していました。

 

第8回ドラフト会議(昭和47年)

 

第8回ドラフト会議が開催された1972年。(昭和47年)

セリーグでは、巨人が2位・阪神に3.5ゲーム差をつけて8連覇を達成。
パリーグでは、阪急が14ゲームの独走で連覇を果たしました。


この年のパリーグMVP・福本豊氏は、106盗塁のシーズン最多記録を残し、今も破られていません。


この年から、西鉄→太平洋と親会社が変更となっています。

 

それでは昭和47年11月21日に実施された、ドラフト会議を振り返ってみましょう。

 

指名順位:①大洋 ②中日 ③日拓 ④近鉄 ⑤阪神 ⑥太平洋 ⑦阪急 ⑧広島 ⑨ヤクルト⑩南海 ⑪巨人 ⑫ロッテ

 

指名順位決定後の予想通りの展開となり、1位指名は無風に終わっています。プロ入りを拒否していた山口高志投手を、ヤクルトが指名しています。


このドラフトでは、初めて指名選手が100名を割りました。

各球団の指名状況

読売ジャイアンツ
中井康之・山本和雄・原田俊治・福島知春各選手が戦力になりましたが、厚い選手層に阻まれ、控えレベルで終わっています。


メジャーリーグ昇格を目指し3Aまで昇格した、小川邦和投手は7位指名で入団しています。昭和の大リーグファンなら、誰でも知っている存在ですよね。


阪神タイガース
1位で五月女豊投手を指名しましたが、阪神では戦力とならず、移籍先の太平洋・大洋で開花しています。


他選手も戦力とならず、外れドラフトでした。

 

中日ドラゴンズ

1位で剛球右腕・鈴木孝政投手を入団させています。

 

他にも3位・谷木恭平、4位・田野倉利男選手と、貴重な控え選手も確保できています。
当たりドラフトと評価できるでしょう。

写真は1983年3月25日に、西宮球場で撮影

 

ヤクルトアトムズ
永尾泰憲(1位)・小田義人(2位)・鈴木康二郎(5位)各選手を獲得しており、ドラフトの成果を上げています。


4位で指名した山口高志投手は、大方の予想通りに松下電器(現パナソニック)へ入社しましたが、想定内だったことでしょう。

 

この数年間の戦力供給は、見事と評価せずにはいられません。

写真は1981年9月25日に、甲子園球場で撮影


大洋ホエールズ
指名順位1番目の利を活かし、1位指名で長崎慶一選手を入団させています。
3位で田代富雄選手も獲得しており、クリーンアップ打者2名をW獲得した、会心のドラフトでした。

 

4位の益山性旭投手は指名拒否しています。

写真は1984年3月13日に、西宮球場で撮影


広島東洋カープ
1位で池谷公二郎投手を指名して、1年後に入団となっています。


他にも小俣進投手も入団しましたが、開花したのが移籍先での巨人・ロッテなので、評価対象にはなりません。

 

他には誰も戦力とはなりませんでしたが、池谷公二郎投手だけでも、当たりドラフトではないでしょうか。


阪急ブレーブス
誰も戦力とならない、大外れドラフトでした。
チーム戦力の上昇と共に、ドラフトでの戦力供給も途絶えていた時期でもあります。


近鉄バファローズ
超高校級・仲根正広選手は控えレベルでキャリアを終えましたが、有田修三(2位)・井本隆(3位)を獲得しており、当たりドラフトと評価できるでしょう。


前年度に続いて、連続優勝メンバーを整えた見事なドラフトでした。

写真は1984年8月26日に、西宮球場で撮影


南海ホークス
8人指名して4名に拒否されたドラフトでした。 池之上格選手が控え選手となった以外は、戦力となっていません。


4位で指名した簑田浩二選手は、入団拒否しています。

写真は1987年3月20日に、西宮球場で撮影


東映フライヤーズ
1位・新美敏、2位・三浦政基各投手を指名しています。評価としては、まずまずでしょうか。


ロッテオリオンズ
2位で三井雅晴投手を獲得しています。
他選手は戦力とはなっていませんが、三井投手の新人王獲得で、評価はまずまずでしょうか


太平洋クラブライオンズ
3位で真弓明信選手を獲得しています。
この年には8名を入団させましたが、戦力となったのは真弓選手のみで、活躍した時期のほとんどは、移籍した阪神でのものです。


田淵選手獲得に至ったことで、当たりドラフトにするのは、正当な評価でしょうか。

写真は1981年6月11日に、甲子園球場で撮影


総括

大洋が大当たりドラフト。中日・ヤクルト・広島・近鉄も当たりドラフトでしょうか。

前年同様に、野球殿堂や名球会メンバー不在のドラフトでしたが、戦力的にはまずまずでしょうか。

 

以上、「ドラフト会議を振り返る(1972年)」でした。