野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【メジャーリーグ/大リーグ】野球場巡り Houston (Astro Dome) / 世界初のドームと人工芝

「世界8番目の不思議」と言われた、アストロドーム。

世界初の屋根付き野球場でした。

アストロドーム / 世界8番目の不思議

 

 

www.baseball-cafe.com

 

世界初の屋根付き野球場であり、人工芝の生みの親でもあります。

 

今から遡ること、50年以上前の1965年(昭和40年)、既にドーム球場が建設されていたとは、さすが野球大国アメリカですねえ。

 

昭和40年というと、日本プロ野球では、巨人軍の9連覇(V9)の最初の優勝年であり、新人選択会議(ドラフト会議)が始まった年でもあります。そんな時に、アメリカではドーム球場が開場されていたんです。

 


私が訪問した1997年時点では、既に老朽化が目立っており、1999年に野球場としての役目を終えています。

 

 

 


野球場で初めて採用された、人工芝

 

天然芝養生を目的に、透光性パネルを採用したが、眩しくてプレーに支障があるというので、透光性を軽減すると、芝生は見事枯れてしまった過去があります。


そして当時「ChemGrass」と呼ばれていた人工芝を、野球場に初めて使用することになったんですね。後に「アストロターフ」とも呼称されています。

 

 

一部主力選手からは

「牛が食えない草の上で、俺はプレーしねえぞ!」

と反発があったのも、懐かしい逸話です。

 

 

1990年代以降のメジャーリーグに於いては、「開閉しない屋根」や「人工芝」は、観客を呼べない上、怪我の起因にもなるので取り壊しの一途になりました。


Tropicana Field(Rays本拠地)は、両方を兼ね備えた唯一の球場として、今も君臨しているが、殺風景な雰囲気は集客に苦しんでいる。

現役球場のうちに一度行ってゆくべき、「現代の野球遺産」とも言えるでしょう。

 


因みに「人工芝」自体は復活傾向にあり、Diamond Backsが採用に踏み切り、Rangersも新球場で採用することが決定しています。

 

 

 

現役・世界最古のドーム球場は


現役「世界最古のドーム野球場」は、

我が日本にある「東京ドーム」です。

 

この事実に気が付いていない野球ファンは、結構多いですねえ。


東京ドームが開設した際には、本塁打が減り三塁打が増えると考えられ、日本テレビの巨人戦中継では、「三塁打クイズ」を実施していましたが、今ではホームラン量産球場なのも時代ですよね。

 

写真は全て1997年9月13日に、Houstonで撮影しました。

 

現役メジャーリーグ球場に関して、日本語書籍が発行されています。一読の価値ありですよ!

              ↓↓↓↓  

 
日本の野球場に関する書籍です。ちょっと気になったのでリンク貼っておきます
              ↓↓↓↓

 
www.baseball-cafe.com

 

ガン検診