野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【世界初!ドーム球場と人工芝】メジャーリーグ巡り Astro Dome (Houston)

日本のプロ野球ではお馴染み

 

  • ドーム球場
  • 人工芝

 

アメリカでは、なかなか見られない!

 

初めて「人工芝」と「屋根付き球場」を採用したのは、アメリカ南部・ヒューストンの「アストロドーム」。

 

開場時には「世界8番目の不思議」と言われました。

 

世界初の屋根付き野球場・アストロドーム / 世界8番目の不思議

 

 

世界初のドーム球場誕生

 

世界初の屋根付き野球場であり、人工芝の生みの親でもあります。

 

50年以上前の1965年(昭和40年)、

既にドーム球場が建設されていたとは、さすが野球大国アメリカですねえ。

 

昭和40年の日本プロ野球では、

  • 巨人軍9連覇(V9)最初の優勝年
  • 新人選択会議(ドラフト会議)が始まった年

 

そんな時に、アメリカでは「ドーム球場」が開場されていたんです。 


私が訪問した1997年、既にかなり老朽化が目立っていました。

1999年、野球場としての役目を終えています。

 

 


初めて採用された「人工芝」

 

天然芝養生を目的に、「透光性パネル」を採用

眩しくてプレーに支障があるというので、透光性を軽減してみました。

 

結果、芝生は見事枯れてしまった過去があります。

 

枯れてしまった芝生の対応策として、
「ChemGrass」と呼ばれていた人工芝を、野球場に初めて使用したんですよ

 

後に「アストロターフ」と呼称されています。

 

一部主力選手からは

「牛が食えない草の上で、俺はプレーしねえぞ!」

と反発があった逸話ありです。

 

 

1990年代以降、メジャーリーグでは、

「開閉しない屋根」や「人工芝」は、排除されてきました。

 

  • 観客を呼べない
  • 怪我の起因になる

 

メリット少ないのが理由です。

 


Tropicana Field(Rays本拠地)は、「人工芝」「ドーム球場」

両方を兼ね備えた唯一の球場です。

 

殺風景で無機質な雰囲気は、集客に苦しんでいる。

 

「現代の野球遺産」とも言える!!

 

一度行ってみてください


因みに「人工芝」は、復活傾向にあります。

Diamond Backsが採用に踏み切り、Rangersも新球場で採用しています。

 

 

 

現役最古のドーム球場は何処?


現役「世界最古のドーム野球場」は、

我が日本にある「東京ドーム」です。

 

この事実に気が付いていない野球ファンは、結構多いですねえ。


東京ドームが開設した際、

  • 本塁打が減る
  • 三塁打が増える

 

こんなことが、予想されていたんですよ!

日本テレビの巨人戦中継では、「三塁打クイズ」を実施していました

 

皆さん、ご存知の通り

今や、ホームラン量産球場!!

 

時代とともに、状況は変化しています

 

写真は全て1997年9月13日に、Houstonで撮影