野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【入団率39%!第1回新人選手選択会議】じゃんけん「ドラフト会議」を振り返る(1965年)

1965年(昭和40年)から、実施されているドラフト会議。

 

・契約金高沸の抑止

・戦力均衡化

 

以上を目的として、実現しました。

 


西鉄ライオンズ・西亦次郎社長が提案。

阪急ブレーブス・岡野祐球団代表と根回し。

 

神戸・六甲山ホテルで、公表したのが始まりでした。


最初は「ルーキー・プール制度」として、提案されています。

これが現在の「ドラフト制度」の骨子となっています。

 

紆余曲折を経ながら、「当初の目的を果たしている」と、評価できる現在です。

 

第1回ドラフト会議(昭和40年)/ じゃんけん・抽選くじ

 

初めてドラフト会議が、開催された1965年。


セリーグでは、巨人が金字塔「V9」となる最初の優勝

パリーグでは、南海・野村克也氏が三冠王を獲得。

 

巨人が日本シリーズを制して、日本一に輝いています。

 

 

 

1965年11月17日、

東京日比谷の日生劇場7階・会議室で行われました。

 

第1回ドラフト会議を、振り返ってみましょう。

 

「ドラフト会議」の指名方法

 

・1位指名選手のみ抽選

・2位以下は、ウェーバー方式

 

 

1位指名の抽選方法


12球団がコミッショナー事務局に、希望選手リスト(30選手)を提出。

その中から、順次獲得できる方法でした。

 

1.希望リストの上位12名のみ順位をつけておく

2.リスト1番目希望の選手が、重複した場合は抽選

3.外れた球団は、リスト2番目の選手を指名

4.それでも重複したら、また抽選

5.負けた球団は、以後も同じ繰り返し

 

ウェーバー順位の決定方法

2位以下の指名は、ウェーバー制でした。

シーズン成績下位の球団から、優先的に指名してゆきます。

 

シーズン最下位球団は、

・パリーグが「近鉄」

・セリーグが「サンケイ」

 

ウェバーでの指名優先権を、どちらが先に?

決定方法は、「じゃんけん」でした。

 

じゃんけん」で優先権を決めるなんて、今ならお笑いですよね。

 

1.近鉄の永江代表が、サンケイの友田代表に、じゃんけんで勝利

2.近鉄の永江代表が、「くじ引き順位」を決めるくじで負ける

3.くじで勝ったサンケイの友田代表が、偶数番号を引いて指名順が決定

 

 じゃんけんの後に、くじ引きを2回するのも非効率です。

 

2位以下の指名順位は、以下の通り。

 

1.近鉄

2.サンケイ

3.東京

4.広島

5.阪急

6.大洋

7.西鉄

8.阪神

9.東映

10.中日

11.南海

12.巨人

 

指名人数の制限


指名選手数は、1球団30名まで。

このドラフトでの指名数は、広島カープの18名が最大でした。

 

制限までには、ほど遠い数字で終わっています。 

 

 

ドラフト会議の傾向

入団率が低い


指名選手の半数以上が、入団に至っていません。

 

132名の指名に対し、入団したのが52名しかいません。

入団率は、たったの39.3%。

 

入団の意思に関係なく、交渉権を獲得しておくことが、目的であったからです。

 

待遇が悪く、将来の保証がないプロ野球より、社会人野球や一般就職に魅力が高かった時代背景があります。

 

親や学校からの反対もあったでしょう。

 

たくさん指名しておけば、必要な選手数が確保できる算段でしょう。

ドラフト指名しながらも、入団交渉を行わず、交渉権が失効した選手もいました。

 

大量指名

広島カープは18名、西鉄は16名、東京は15名を指名。

10名以上指名した球団は、7球団もありました。

 

それに対して、南海ホークスは僅か4名で終了。 

 

1位重複は2名

 

 

・森安敏明(サンケイ・東映)

東映が交渉権獲得

 

・田端謙二郎(近鉄・広島)

近鉄が交渉権獲得

 

外れ1位の河本和昭氏は、サンケイの指名を拒否。

1位指名拒否の初選手となりました。

 

 

リスト1番目記載が確実と評価されていた、木樽・新宅選手が1番目に未記載でした。

木樽投手は、近鉄が2番目にリスト記載。


1位指名選手で戦力の核となったのは、堀内恒夫・長池徳二両選手です。


超高校級左腕・鈴木啓示氏が2巡目のトップで、近鉄から指名。

1位指名を回避した地元・阪神が、批判されたドラフトでもあります。(希望リスト6番目に記載)

 

 

それでは第1回ドラフト会議を、振り返ってみましょう。

 

各球団の指名状況

セリーグ

 

読売ジャイアンツ

指名人数8名、5名が入団。

 

V9時代のエース投手・堀内恒夫氏を指名。

高校卒でありながら、初年度からエースとしてフル回転。

通算203勝で、球界を代表するエースとして活躍しました。

 

「大成功ドラフト」と言えます。

 

又、江藤省三選手は464試合出場、コーチとして長らく歴任されています。

 

 写真は1983年5月27日に、甲子園球場で撮影

 

中日ドラゴンズ

指名人数11名、4名が入団。

 

大洋ホエールズのエースとなる、平松政次氏を指名しましたが、入団していません。

平松政次氏が入団していれば、星野仙一氏と岡山Wエースで活躍、と言ったところでしょうか。故障の多かった投手ですから、高校からの入団だと、長いプロ生活を送れなかったかも知れません。

 

大学生の目玉選手、新宅洋志・広野功両選手を入団させていますが、期待程の活躍はできませんでした。コーチやプロ野球ニュース解説者としての印象が強いですね。

 

 

阪神タイガース

指名人数9名、3名が入団。

 

無名の石床幹雄氏を選択するサプライズ指名で、会場が騒然となった逸話があります。


もし予想通り、鈴木啓示氏を指名していれば、2位指名の藤田平氏と合わせて、投打の柱を形成する高校生2名を、一度のドラフトで同時獲得する大成功でした。


鈴木・江夏のW左腕で、巨人のV9を阻止できていたかも。

優勝を望まない当時の阪神本社の意向を考えると、どちらかがトレードになっていたかも知れませんね。

 

夢大きい「投手王国」のチャンスを逸しました。

 

 写真は1981年6月11日に、甲子園球場で撮影

 

大洋ホエールズ

指名人数11名、4名が入団。

芳しい成果は、得られていません。

 

竹之内雅史選手を指名しましたが、入団に至っていません。

 

後のエース投手・平松政次氏が、中日から指名されましたが、社会人野球を選択しています。もし中日入団していたらと思うと、大洋ファンとしては恐ろしいところ。

 

 

広島カープ

 

指名人数18名、10名が入団。

 

山本浩二氏とクリーンアップを形成し、第1期赤ヘル黄金期に貢献した、水谷実雄氏が入団しています。

 

2巡目指名の白石静生投手は、広島・阪急で通算93勝上げています。

 

成果あったドラフトでしょう。

18選手の指名は、今ドラフト最多人数です。

 

 写真は1984年7月31日に、西宮球場で撮影

 

サンケイアトムズ

指名人数11名、2名が入団。

芳しい成果は、得られていません。

 

中日・阪急で活躍した、島谷金二選手を指名しましたが、入団していません。

 

浜口政信投手の通算11試合登板が最高。

全く機能しなかったドラフトと言えます。

 

最下位球団が、これでは苦しいですね

 

 

パリーグ

 

南海ホークス

指名人数4名、2名が入団。

今ドラフト最小人数です。

 

前年まで池永・尾崎投手の自由競争に参戦。

緊縮財政の影響ではないと想像できます。

 

 

東映フライヤーズ

指名人数8名、3名が入団。

 

1位指名で獲得した森安敏明氏は、「黒い霧事件」で球界を去りました。

 

西鉄ライオンズ

指名人数16名、3名が入団。

 

江本孟紀氏を指名しましたが、入団に至っていません。

 

発案者の西鉄球団ですが、浜村孝選手が415試合出場した以外は戦力になっていません。

 

戦力均衡化を提唱しましたが、ドラフトの恩恵なしでした。

財政圧縮の効果は大。

 

阪急ブレーブス

指名人数13名、4名が入団。

 

黄金期に4番打者として貢献した、長池徳二氏を1位指名で入団させています。


谷沢健一選手は入団していませんが、長池徳二・住友平選手の入団だけでも、成果大きいドラフトでした。

 

谷沢氏以外にも、小田義人・黒田正宏両選手も入団していません。

 

 写真は1981年9月27日に、西宮球場で撮影

  

東京オリオンズ

指名人数15名、6名が入団。

 

超高校級右腕・木樽正明氏を、2巡目で指名しています。

1971年には最多勝獲得、1974年の日本シリーズでも貢献しており、成果あるドラフトと言えるでしょう。

 
 

近鉄バファローズ

指名人数9名、4名が入団。

 

通算317勝の鈴木啓示氏が入団。

これだけで成果大きいドラフトと言えます。

 

前年の自由競争なら、獲得できなかった選手。

ドラフト制度の恩恵を、一番受けた球団です。

 

前年に入団内諾を得ながらも、二重契約で巨人に強奪された、高橋一三投手を獲得できていれば、W左腕エースとして楽しみ多かったですね。

 

 

 写真は1984年7月31日に、西宮球場で撮影

 

 

大当たり選手 / 鈴木啓司・堀内恒夫・藤田平

名球会選手3名を、生み出したドラフトでした。

 

 

入団拒否した名選手

 

平松政次(中日)・竹之内雅史(大洋)・島谷金二(サンケイ)・江本孟紀(西鉄)・谷沢健一(阪急)

 

総括

 堀内恒夫・鈴木啓示・藤田平・木樽正明・水谷実雄・長池徳二各選手を入団させた、巨人・阪神・広島・東京・阪急・近鉄が、「勝ち組み」の評価をします。