MENU

【こんな選手!新来日外国人!】ボー・タカハシ投手(埼玉西武ライオンズ)

bo-takahashi

西武ライオンズが「新外国人選手」との契約を発表しました。

私の観戦経験がある選手ですので、取り上げてみました。

どんな選手かを調査したので、経歴を紹介しておきます。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

目次

新来日外国人選手 / Bo Takahashi

▼ 2018年10月20日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211216134734j:image

埼玉西武ライオンズと契約した「タカハシ」投手。

本名は「Rodrigo Hitoshi Takahashi」です。

右投げの先発投手。

現在24歳。

2013年12月、Arizona Diamondbacksと契約。

メジャー経験はありません

▼ タカハシ投手のサイン(2018年)

f:id:baseball-cafe:20211217110207j:image

タカハシ投手の経歴

▼ 2018年10月18日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211216134811j:image

・2014年、Rookie級からキャリアスタート

・2015年もRookie級でプレイ。

8勝1敗の投手成績だが、目立った成績は残せていない

・2016年、Low-1A, 1A, High-1Aの3階級でプレイ

・2017年、1A, High-1Aの2階級でプレイ

6月にはオールスターゲームに選出

・2018年、2Aまで昇格

シーズンオフには「アリゾナ秋季リーグ」に選抜

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

・2019年は、1年間を2Aでプレイ

22試合、9勝7敗、防御率3.72、118.2回、38四死球、104三振

・2020年、マイナーリーグ休止のためプレイせず

オフにフリーエージェントとなり、Redsと契約

・2021年、3Aに昇格

8月に契約解除され、韓国リーグに移籍

起亜タイガースでも、全て先発登板しています。

2021年の成績

3A
18試合、3勝7敗、防御率4.45、89回、89三振、36四死球

韓国リーグ
6試合、1勝2敗、防御率4.18、32.1回、42三振、13四死球

選手としてのタイプ

2018年10月20日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211216134753j:image

プロ入り以来、先発投手として育成されています。

韓国リーグでも全て先発している。

先発投手としての成績は、三振率がやや高め、四死球は少ない傾向あり。

三振率はクラスが上がるにつれて、上昇傾向にある。

私は2018年に2回観戦していますが、いずれもリリーフ登板でした。

球速は日本の平均的なリリーフ投手レベル。

チェンジアップとカーブを、低めに集めるタイプでした。

制球力はまとまっていた。

▼ 西武ライオンズの2022年新外国人選手

動画(マイナーリーグ・韓国リーグ)

2021年の動画

2021年(3A時代の動画)

2021年(韓国リーグ)

▼ 2022年の「新外国人選手」をリスト化しています。

現在、契約が決まっている選手のみ掲載済み

2022年の展望

まだ24歳ということもあり、「育成」を目的とした獲得が考えられます。

3Aでの経験は1シーズンしかなく、メジャーリーグの経験もありません。

先ずは2軍で実戦経験を積みながら、日本流の細かいテクニカルを学んでもらいたいものです。

リリーフなら、即戦力で期待できるかもしれません。

経験が浅い投手なんで、長い眼で見てゆきましょう。

▼ 過去の「来日外国人選手」の2021年「投手・打撃成績」を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次