MENU

【こんな選手!新来日外国人!】ライアン・マクブルーム内野手(広島東洋カープ)

ryan-mcbroom

広島カープが新外国人選手と契約しました。

私の観戦経験がある選手でしたので、

どんな選手か経歴を紹介しておきます。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

目次

新来日外国人選手 / Ryan McBroom

▼ 2016年10月20日の写真(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211102172826j:image

広島カープとの契約が発表された「マクブルーム」選手。

左投げ右打ち

一塁&DH

現在29歳。

2014年のドラフト15巡目指名(全体444番目)

2019年9月にメジャーデビューしています

▼ もう一人、新外国人選手が決定しました!

マクブルーム選手の経歴

▼ 2016年10月20日の写真(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211102172910j:image

2014年/ プロ生活が始まる

Tronto Blue Jaysに指名され、

Vancouver(Low-1A)でキャリアをスタートしました。

全試合を一塁手でプレイ

当時、22歳。

70試合、打率.297、11本塁打、59打点、出塁率.339、OPS .841

2015年 / 1Aに昇格

Lansing(1A)に昇格

初めてプロとして、フルシーズンをプレイしました。

この年から外野守備にも挑戦

Midwest Leagueのオールスターゲームに選出されています。

127試合、打率.315、12本塁打、90打点、出塁率.387、OPS .869

2016年 / High-1Aと2Aを経験

Dunedin (High-1A)でプレイ

ダーモディ投手(2021年西武)とチームメイトでした。

7月にNew Hampshire(2A)に昇格して、9試合プレイしましたが、8月に再びHigh-1Aに降格しました。

High-1Aで結果を残したが、2Aでは苦戦しています。

2A

9試合、打率.138、1本塁打、2打点、出塁率.235、OPS .477

High-1A

119試合、打率.274、21本塁打、83打点、出塁率.323、OPS .791

シーズンオフには、アリゾナ秋季リーグにも派遣されました。

7試合、打率.250、2本塁打、10打点、出塁率.276、OPS .821

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

▼ 2016年10月20日の写真(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20211102172847j:image

2017年 / Yankees傘下へトレード移籍する

2017年は、New Hampshire(2A)からスタート

7月23日、Rob Refsnyder内野手とのトレードで、ヤンキースに移籍しました。

その後はYankees傘下のTrenton(2A)で、シーズン終了までプレイ

2017年は2Aで、一年間通してプレイしています。

この年は「OPS」を、大幅に落としました。

2A

134試合、打率.247、16本塁打、70打点、出塁率.323、OPS .718

シーズンオフには、メキシコの冬季リーグに参加しています。

30試合出場

2018年 / 3A昇格

シーズン開幕は3Aでプレイ

Scranton/Wilkes-Barre(3A)からスタートしました

6月から8月にかけて、2Aと3Aを3度も往復しています。

打撃成績はまずまずでした。

3A

96試合、打率.295、11本塁打、46打点、出塁率.339、OPS .782

2A
25試合、打率.324、4本塁打、14打点、出塁率.378、OPS .888

この年もシーズンオフには、メキシコの冬季リーグで28試合出場

2019年 / メジャーリーグデビュー

Scranton/Wilkes-Barre(3A)で1年間プレイ

3Aで「OPS.976」を記録しましたが、Yankeesではメジャーに上がれませんでした。

3Aのオールスターゲームに、DHとして選出されています。

3A

117試合、打率.315、26本塁打、66打点、出塁率.402、OPS .976

8月31日にRoyals傘下へトレード移籍して、9月にメジャー昇格を果たしました。

2019年9月12日、メジャーリーグ・デビュー

27歳でメジャー初昇格。

メジャーリーグでは23試合出場

MLB

23試合、打率.293、0本塁打、6打点、出塁率.361、OPS .721

マイナー・メジャー共に、出塁率がかなり高いのが2019年の特徴です。

シーズンオフは、ドミニカ冬季リーグでプレイ

2020年 / メジャーリーグ定着

コロナ感染拡大の中、メジャーリーグに定着しました。

MLB

36試合、打率.247、6本塁打、10打点、出塁率.282、OPS .789

2021年 / 3Aでプレイ

2021年は、ほぼ3A(Omaha)でプレイしています。

メジャーリーグでの在籍は、5月と7月に短期間(合計1週間)しかありません。

MLB

7試合、打率.250、0本塁打、0打点、出塁率.333、OPS .583

3A
115試合、打率.261、32本塁打、88打点、出塁率.337、OPS .862

2021年の守備位置は

  • DH 50試合
  • 一塁 47試合
  • 外野 18試合

▼ 日本とレベルの近い、3Aとメジャーの通算成績です

通算成績

3A
328試合、打率.290、69本塁打、200打点、出塁率.361、OPS .878

メジャー
66試合、打率.268、6本塁打、16打点、出塁率.322、OPS .749

選手としてのタイプ

ライト方向への打球も多く、広角に打つ傾向があります。

メジャーでは引っ張りよりも、流し打ちの方が数字上は多い。

クラスが上がるに従い、三振率が上昇しています。

メジャーでは3打席に一度の割合で、三振を繰り返していた

四球率は低めでしたが、年齢を重ねるにつれて上昇傾向にあります。

  • High-1A 出塁率 .323
  • 2A 出塁率 . 328
  • 3A 出塁率 .361 
  • MLB 出塁率 .322 

私が観戦したのは、2016年に2試合

初球から積極的に打ってゆくタイプの印象があります。

当時はまだHigh-1Aだった。

守備位置は「一塁兼外野手」

一塁・外野ともに、メジャーでの守備指標は可もなく不可もなし。

平均的な数字になっています。

動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

2A時代

2020年(メジャー時代)

2021年(3A時代)

▼ 日本ハムファイターズの獲得が噂されています

2022年の展望

バティスタ選手の退団以降、外国人野手が戦力になっていません。

2021年もクロン選手がレギュラー出場できず、メヒア選手も1軍定着できませんでした。

国産打線に「外国人打者」を一人加えて、打力アップとゆきたいところです。

鈴木誠也選手の動向次第では、重要なピースとなる。

このタイプの選手は、一貫性のない起用法では数字が期待できません。

守備位置を固定して、1・2軍の往復は避けて欲しいものです。

▼ 過去の来日外国人選手の2021年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次