MENU

【ほんとにやるの?/13のルール変更】2021年「メジャーリーグ」が実験する野球規則

mlb-baseball-rule

2021年のレギュラーシーズン

「新ルール」が「マイナーリーグ」と「独立リーグ」で実験されました

  • 怪我の防止
  • アクションを増やす

メジャーリーグ機構は「アクション」の少ない「今の野球を変えたい!」と考えています。

又、高額になった「選手の怪我を減らしたい!」とも考えている

いきなり「メジャーリーグ」で採用すると、現場が混乱しますよね?

先ずはマイナーリーグと独立リーグで、新ルールを試験採用しました。

「どんな結果が得られるのか?」

メジャーリーグは、採用の判断材料にしようとしています。

この記事でわかること
  • 2021年に試験採用する「新ルール」の内容
  • 試す時期と期間
  • どこのリーグで試されるのか?
目次

メジャーリーグの驚く実験!「新ルール」 / マイナーリーグ・独立リーグ

f:id:baseball-cafe:20210104170353j:image

8つのマイナーリーグで、13の「新ルール」を試しています

同じリーグで一斉採用すると、現場が混乱しますからね

それでは実験される「新ルール」を紹介します。

Triple-A(3A)

「Triple-A」で試験採用されるのが「ベースの変更」

ベースのサイズ変更

サイズが縦横15インチ(38.1cm)から、18インチ(45.72cm)に拡大!

また報道では3インチ(7.62cm)から、2.5インチ(6.4cm)に低くなるとあります。

「本塁」のみサイズ変更は行わない

導入の目的として、

  • 走者と野手の衝突を防ぐ
  • 盗塁の機会を増やす

以上の2つが挙げられています。

▼ 新しく採用されるベースが、写真付きで紹介されています

▼Boombang社のベース紹介ページ

ベースの材質の変更

ベース上で足を滑らし、転倒・怪我がないよう「滑りにくいベース」を使用します。

特に「雨対策」を重視している

報道では「柔らかい素材」を採用するとある

▼足を滑らせた転倒シーン動画

Double-A(2A)

「Double-A」全てのリーグで、採用されるのが「守備位置の規制」

守備位置の規制

投球時、4人の内野手は外野芝生の内側を守る」と規制されます!

内野手は外野の芝生に足を乗せて、守ってはいけません

極端に後ろで守るな!

そんなルールです。

シーズンの後半戦からは

「内野手は二塁ベースの両サイドに、必ず2人づつ配置させる」

こんなルールが適用されます

極端に片側を守るな!

そんなルールです

▼写真のような「片側に寄せる守備シフト」が禁止

f:id:baseball-cafe:20210612111114j:image

High-A

牽制球の動作規定

軸足をプレートに乗せたまま、牽制してはいけません。

元々2020年に、試験予定していたルールです。

牽制球はプレートを外して投げろ!

こんな規制がされます

▼牽制球の規制についての動画

Low-A

全ての「Low-A」で試験採用

牽制球の球数規制

3球目を投げて「セーフ」になると「ボーク」が宣告されます。

失敗できるのは、2球までです。

打者一人に

牽制球は「2球」までしか認めんぞ!

Low-A West

投球間隔の短縮

2015年から「Double-A」と「Triple-A」では、20秒ルールを採用しています。

それを更に短縮します!

15秒以内に投げろ!

投球間隔が5秒短縮されます。

球場内に3つも時計を設置して、より意識付けを行います。

▼写真にある「時計」が増やされます

残り時間が表示されます。

f:id:baseball-cafe:20210612111142j:image

Low-A Southeast

ストライク判定機を利用(ロボット審判)

「Hawk-Eye tracking system」を採用

テニスファンならご存知ですよね?

既に

  • Atlantic League
  • Arizona Fall League

2つのリーグで試験採用されており、遂にマイナーリーグのシーズンでもテストします。

  • 判定の遅さ
  • 目視との違い
  • 誤判定

以上を象徴するシーンを、下の動画に集めています

Atlantic League(独立リーグ)

2019年から画期的な「新ルール」が試されている「独立リーグ」

今年も斬新な企画が試されます!

マウンドが後ろへ遠のく

従来の18.44メートルから18.75メートルへ

約30センチ、投手が後ろから投球します!

2021年8月3日から

投手と本塁の距離が遠くなります!

シーズンの後半に実施したが、効果的な結果は得られず、2022年は不採用が決定している。

指名打者制解除(ダブルフック)

先発投手が降板すると、指名打者制度が解除されます

リリーフ投手が、打線に組み込まれる制度です。

  • 「ブルペンデー」が使いづらい
  • 先発投手を変えづらい
  • 指名打者に強打者を起用しづらい

こんな影響が考えられます。

ストライク判定機を利用(ロボット審判)

今年も「トラックマン」を採用して、ストライク判定に反映させます。

審判はイヤホンを付ける

2022年は不採用が決定した。

ベースのサイズ変更

「Triple-A」と同様に「18インチのベース」を採用

攻守交代の時間規制

攻撃・守備の攻守交代は「1分45秒」

延長戦のタイブレイク

10回からは、無死走者2塁でスタートする

タイム回数の規制

1試合3回しか、タイムがとれない

延長戦は3イニングにつき、タイム回数が1度追加される

投球間隔の短縮

「Low-A West」と同様に、15秒以内に投球しないといけない!

Pioneer League(独立リーグ)

昨年までMLB傘下のマイナーリーグ でした。

2021年からマイナーリーグ契約を解除され、「独立リーグ」としてスタート。

MLBとパートナー契約を締結

メジャーリーグの実験の場として利用されます

延長戦はホームラン競争

延長戦が廃止される!

代わりに両チームから、1名づつ打者を選抜して

「ホームラン競争」で決着させます。

5球勝負で、本塁打の多い方が勝ち

「指名代打」「指名代走」

一度だけ「指名代打」「指名代走」を起用できる

交代させられた選手は守備に戻り、また試合に出場し続けることができる。

2021年のマイナーリーグ編成

まとめ / マイナーリーグで実験される13の「新ルール」

  1. ベースを約7.6センチ大きくする
  2. ベースを滑りにくい材質にする
  3. 内野手は外野芝生の上を守ってはいけない
  4. 内野手を二塁ベース両側に2人配置
  5. 牽制球はプレートを外す
  6. 牽制球は2球まで
  7. 投球間隔は15秒以内
  8. ストライク判定機を活用
  9. マウンドを約30センチ後退させる
  10. 先発投手を代えると「指名打者」解除
  11. タイム回数は3回まで
  12. 延長戦を「ホームラン競争」で決着
  13. 「指名代打」「指名代走」を採用

これだけ多くの「新ルール」を、同一リーグで実験するわけにはゆきませんよね

「新ルール」は8つのリーグに分散させて実験しました

以上、2021年のマイナーリーグ「ルール変更」でした。

▼「マイナーリーグ」に関心をもった「あなた」に最適な記事

「メジャーリーグも覚えてみようかな?」

そんなプロ野球ファンの「あなた」に最速勉強法をお伝えしています!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA