野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【地元情報 / 交通違反を避けるために】阪神甲子園球場の駐車場(自家用車)・アクセス・取り締まりを解説します

甲子園球場周辺は「取り締まり」が厳しい地域です。


ここでは地元情報として、駐車場・アクセスなどに併せて、取り締まりに関しても解説してゆきます。

 

「小さい子供がいるので、周りに気を遣う」「高齢者との電車の移動は不安」など様々な理由で、自家用車でのアクセスを検討している方が多いことでしょう。

 

不安解消の予備知識をして、活用して頂ければと思います。

  

自家用車で行く 阪神甲子園球場

阪神タイガースのみならず、高校野球全国大会でも、日本各地から野球ファンが訪れる「甲子園球場」。


残念ながら、甲子園球場に駐車場はありません。甲子園球場も近隣への迷惑行為に配慮して、公共交通機関での訪問を推奨しています。

 

ここでは自家用車での「甲子園球場へのアクセス」「甲子園球場周辺の駐車場」を解説してゆきます。

 

注意点も付記しておきますので、参考にして下さい。

 

関西エリアで「カーシェア」を検討する方は、下のリンク先を一見しておくと良いでしょう。

468×60

 

 

 公共交通機関を利用の方は、以下のリンク先を参考にして下さい。

           ↓↓↓↓


 


自家用車で来場する際の注意点

 

甲子園球場周辺は、市内有数の「交通取り締まり」が厳しい区域です。

 

駐停車・一旦停止・スマホ運転、シートベルト着用、これらには要注意です。より一層の安全運転に心がけて下さい。

 

下の写真にある通り、バイクでの巡回やパトカーの張り込みは頻繁です。

横断歩道に見えるのは、軒先駐車場の呼び込みさん。


警察官の巡回は頻繁で、駐停車にはかなり厳しいです

 

「ほんの10分ぐらい」と車を離れるのは危険!!しっかり違反切符が貼られます。

 

「路地の一旦停止」や「交差点」の交通取り締まりも多いので、運転は慎重にしたいものです。

 

取り締まり・注意地点

◎「国道43号線沿いの側道」

・一旦停止
・シートベルト
・ながら運転

 

一旦停止はかなり厳しいです。

教習所並みに、しっかり停止しましょう。

 


◎「甲子園九番町交差点」「甲子園球場南交差点」

・右折

・左折

 

前方車と連なって、赤信号で曲がることは厳禁。黄色信号の時点で諦めましょう。


頻繁に取り締まっています

 

他場所もイベント開催時には、警察官の方々が巡回していますので、注意要です。


手元のスマホを見ながらの走行は、絶対に止めましょう

  

これを機会に「スマホ用車載ホルダ」を購入・検討しておくべきです。

 

 

アクセス

遠方からのアクセスでは、「阪神高速3号神戸線」又は「名神高速道路」を走行する方法が一般的です。


「名神高速道路」を利用の場合

東京や愛知などから来場の場合は、「名神高速道路」利用が便利です。


名神高速道路の最終出口「西宮IC」で降り、国道43号線に合流し、東方面へ走行します。


暫くすると、「高潮」交差点が見えるので、この交差点から本線を離れ、左側道へ入ると甲子園球場になります。

「高潮」交差点手前で、この看板が見えたら左車線に寄っておきましょう。

 

県道340号線(甲子園筋)を右折すると、甲子園球場の南側へ行くことができます。

 

甲子園球場前の看板です。球場を通り過ぎると県道340号線になります。ここは急な飛び出しが多いので、注意要です。

 

「甲子園球場南」 or 「甲子園九番町」を右折すると、民間駐車場の呼び込みを見かけると思います。又、この2つの交差点は取り締まりも多いので、要注意。


甲子園球場の南側は、コインパーキングや民間駐車場が多い区域になります。

甲子園球場南交差点(旧甲子園八番町交差点)

甲子園九番町交差点。前方に阪神装飾の「ローソン」が見えます。


「阪神高速3号神戸線」を利用の場合(東側から)

 

奈良方面から来られる方は、阪神高速3号神戸線の「武庫川」出口を降り、国道43号線に合流し、西方面へ走行します。


「鳴尾」交差点を通過したら本線を離れ、左側道へ入ると甲子園球場になります。

「鳴尾」交差点を通過したら、この看板が見えるので、左車線に寄っておきましょう。

この側道は一旦停止の取り締まりが多い道路です!


県道340号線(甲子園筋)を左折すると、甲子園球場の南側へ行くことができます。

甲子園球場が見えたら、この交差点(甲子園球場前交差点)を左折

 

「甲子園球場南」 or 「甲子園九番町」を右折すると、民間駐車場の呼び込みを見かけると思います。又、この2つの交差点は取り締まりも多いので、要注意。


甲子園球場の南側は、コインパーキングや民間駐車場が多い区域になります。

甲子園球場南交差点(旧甲子園八番町交差点)

甲子園九番町交差点。前方に阪神装飾の「ローソン」が見えます。


「阪神高速3号神戸線」を利用の場合(西側から)

姫路・岡山から来られる方は、阪神高速3号神戸線の「西宮」出口を降り、国道43号線に合流し、東方面へ走行します。

 

暫くすると、「高潮」交差点が見えるので、この交差点から本線を離れ、左側道へ入ると甲子園球場になります。

「高潮」交差点手前で、この看板が見えたら左車線に寄っておきましょう。

 

県道340号線(甲子園筋)を右折すると、甲子園球場の南側へ行くことができます。

 

甲子園球場前の看板です。球場を通り過ぎると県道340号線になります。ここは急な飛び出しが多いので、注意要です。

 

「甲子園球場南」 or 「甲子園九番町」を右折すると、民間駐車場の呼び込みを見かけると思います。又、この2つの交差点は取り締まりも多いので、要注意。


甲子園球場の南側は、コインパーキングや民間駐車場が多い区域になります。

甲子園球場南交差点(旧甲子園八番町交差点)

甲子園九番町交差点。前方に阪神装飾の「ローソン」が見えます。

 


「阪神高速4号湾岸線」を利用の場合(関西国際空港から)

「尼崎末広」出口を降り、国道43号線に合流し、西方面へ走行します。

 

「鳴尾」交差点を通過したら本線を離れ、左側道へ入ると甲子園球場になります。

「鳴尾」交差点を通過したら、この看板が見えるので、左車線に寄っておきましょう。

この側道は一旦停止の取り締まりが多い道路です!


県道340号線(甲子園筋)を左折すると、甲子園球場の南側へ行くことができます。

甲子園球場が見えたら、この交差点(甲子園球場前交差点)を左折

 

「甲子園球場南」 or 「甲子園九番町」を右折すると、民間駐車場の呼び込みを見かけると思います。又、この2つの交差点は取り締まりも多いので、要注意。


甲子園球場の南側は、コインパーキングや民間駐車場が多い区域になります。

甲子園球場南交差点(旧甲子園八番町交差点)

甲子園九番町交差点。前方に阪神装飾の「ローソン」が見えます。


駐車場

 業者管理の駐車場

甲子園球場周辺には立体駐車場を含め、業者が運営している駐車場が幾つか存在します。

 

ネット予約が可能な駐車場もあるようですので、検索・予約してみる価値があると思います。

 

確実に停車場を確保できるのは、ストレス少ないことでしょう。

 

下記サイトで相場をチェックしておき、事前予約しておくと安全運転に集中できますよ。

              ↓↓↓↓

 

立体駐車場ですが、少し大きめの車もOKなようです。

屋外駐車場でバスも駐車できるようです。奥に見えるのは球場の照明塔。


コインパーキング

甲子園球場周辺ではコインパーキングが増加傾向にあります。大手のコインパーキングも多数あります。

 

民間の空き地利用が主ですので、交通量の多い道路には少なく、裏通りに多い傾向があります

センターの照明塔が見えます。右も左もコインパーキング。

 

「甲子園町」「甲子園八番町」「甲子園浦風町」辺りに多くあります。徒歩15分圏内まで範囲を広げれば、駐車の可能性は広がります。

但し、甲子園球場周辺のコインパーキングは、試合開催日には特別料金になります。

 

 

 軒先駐車場

「甲子園町」や「南甲子園」では、自宅の庭を臨時駐車場として解放している方がおられ、路上での客引きを見かけます。「有人駐車場」を希望なら選択肢としてありかなと思います。


軒先駐車場もネット予約できる所もあるので、

事前予約しておくと探し回る手間も省け、安全走行が可能になります。

            ↓↓↓↓

 

平日:2,000~3,000円
土日祝日:3,000~3,500円
繁忙期:3,000~5,000円


この値段帯が相場となりますが、球場へ近づくにつれて値段が高くなります。

写真の奥に見えるのが、外野ライト席入り口。

阪神バス「南甲子園1丁目」バス停前になります。

 

 宿泊

甲子園球場は、「兵庫県西宮市」になります。お間違いないように!

ホテル選びの際には、事前にネット検索をお薦めします。

 

一度、相場だけは調べておき、値段や条件に合ったホテルを比較・検討しておくべきです。 

             ↓↓↓↓

じゃらんnet


 以上、「自家用車で行く 甲子園球場」でした。

事前予約でした上での、余裕を持った運転がお勧めです。

 

皆さん、安全運転第一です !!

 

ガン検診

 

完全中継をテレビで楽しむ方法(試合終了まで)

サンテレビやBS-NHKでの放送がない場合、
試合終了までの「完全中継」が期待できるのは、「ネット配信」になります。

 

パソコンやスマホをHDMIケーブルで、テレビのHDMI端子に繋いで、

大きなテレビ画面で視聴しましょう

 

 

・パソコンの場合

パソコンに「HDMI端子」が付いていれば、テレビの「HDMI端子」と繋げれば視聴可能です。パソコンとテレビの距離を測ってから、ケーブルを購入する必要があります。


・スマホがiPhoneの場合

「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を使って、HDMIケーブルでテレビと接続します。純正のアダプタを選んだ方が良いようです。

 

 

ネット検索すれば、他にもいろんな方法が調べられます。

 

 広島以外の11球場の試合が視聴可能です。スマホがあれば、外出先でも見られます

            ↓↓↓↓

 

 プロ野球12球団に対応しています

     ↓↓↓↓