野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【第9回新人選手選択会議】ドラフト会議を振り返る(1973年)/ 社会人選手ルール変更 / 掛布雅之・山下大輔

超高校級右腕・江川卓投手が目玉でしたが、大学進学を表明しており、プロ入り拒否を宣言しています。

 

第9回ドラフト会議(昭和48年)


第9回ドラフト会議が開催された1973年。

 

セリーグでは、読売ジャイアンツが阪神タイガースとの最終戦に勝利し、逆転優勝で9連覇を果たしています。


パリーグでは、初めて2シーズン制(前期・後期)が採用され、前期は南海ホークス・後期は阪急ブレーブスが制しています。

プレイオフでは、南海ホークスが勝利して、日本シリーズへ進出しています。

 

MVPは王貞治(6度目)・野村克也(5度目)両氏と、MVPの常連選手が獲得しました。

 

ドラフト会議の前、「日拓ホーム」から「日本ハム」に球団売却されています。

 

 

昭和48年11月20日、東京・日比谷で実施されたドラフト会議を振り返ってみましょう。
 
指名順位:①大洋 ②南海 ③近鉄 ④日本ハム ⑤中日 ⑥阪急 ⑦広島 ⑧阪神 ⑨太平洋 ⑩巨人 ⑪ヤクルト ⑫ロッテ


読売ジャイアンツは上位3選手全員から、入団拒否を受けています。読売ジャイアンツでは、1位指名選手が入団拒否した、球団の歴史上唯一のドラフトです。

 
変更点

社会人選手の指名方法が変更され、社会人1年目の選手を指名できないことになりました。2年間は社会人野球に所属しないと、指名対象とはなりません。

この変更は今も引き継がれています。

 

各球団の指名状況

読売ジャイアンツ

当時超人気球団の巨人軍が、7名指名して4名に入団拒否されました。

然も、上位3選手全員が入団しない屈辱を味わっています。これは以後もありません。


2位指名した黒坂幸夫投手は、後にヤクルトに入団しています。

入団した選手は戦力とならず「大外れドラフト」でした。

 

阪神タイガース
7名を指名して3名しか入団していませんが、結論から言うと「大当たりドラフト」でした。

 

佐野仙好(1位)・掛布雅之(6位)両選手を入団させています。長く活躍した強打者2名を獲得した、成果あるドラフトでした。

写真は1982年5月9日に、甲子園球場で撮影


中日ドラゴンズ
6名指名して入団したのは、2名だけでした。1位指名で藤波行雄選手を獲得しています。

他に戦力となった選手はいないので、可もなく不可もなくでしょうか。

 


ヤクルトスワローズ
釘谷肇選手が控え選手として戦力になりましたが、全体的には戦力供給度の低い、外れドラフトでしょう。

 

写真は1981年8月26日に、甲子園球場で撮影

 

大洋ホエールズ
くじ運を生かし、1位で大学の目玉選手・山下大輔内野手を獲得しています。

 

7名指名して4名に入団拒否されたドラフトでしたが、山下大輔選手の獲得で「当たりドラフト」と評価できるでしょう。長らくチームの中心選手として、遊撃手を務めています。

 

7位の藤原仁投手は、指名拒否しています。

写真は1983年5月16日に、甲子園球場で撮影


広島東洋カープ

1位で木下富雄選手を獲得しています。
レギュラー級の実力を有した「ユーティリティプレイヤー」として、広島カープ黄金期を支えました。

 

写真は1987年3月30日に、西宮球場で撮影

 

南海ホークス

藤田学・河埜敬幸両選手を獲得したドラフトで、戦力供給の観点からすると効果あるドラフトでした。

 

2位指名の山倉和博捕手に入団拒否されましたが、もし入団していたら上位3名の高校生が活躍する、スカウト冥利につきる「ドラフト」だったことでしょう。

 

写真は1982年4月8日に、西宮球場で撮影

 

阪急ブレーブス

大学進学を表明して、プロ入りを完全拒否していた江川卓投手を指名しましたが、獲得できませんでした。


現場スカウトの意見を無視して、球団幹部が決めた指名でしたが、翻意できませんでした。

 

指名選手も戦力とはなっておらず、外れドラフトでした。


ロッテオリオンズ
入団したのが、高校生投手2名のみで、1軍登板は通算1試合で現役を終えています。
全く実りないドラフトでした。

 

袴田英利捕手には入団拒否されましたが、大学進学後に入団したのは、皆さんご存知の通りです。


太平洋クラブライオンズ​

8名を指名しましたが、入団したのは上位3名のみでした。

 

入団した山村善則・楠城徹・鈴木治彦(葉留彦)各選手が、控え選手として戦力となっています。


入団した全員が戦力になるとは、コストパフォーマンスだけを考えると、実り多いドラフトと評価できるでしょう。

 

笠間雄二・大町定夫各選手が入団拒否しています。

 

写真は1986年9月23日に、西宮球場で撮影


日本ハムファイターズ​

村井英司捕手が控えとしてプレイしましたが、他には戦力にならなかったドラフトでした。語るべき点はなしでしょう。


近鉄バファローズ​
79・80年優勝時の主軸打者・ 栗橋茂選手が入団しています。


他には誰も戦力とはなっていませんが、栗橋茂選手だけでも、当たりドラフトと評価できるでしょう。

 

藤沢公也投手が、またもや指名拒否しています。

 

写真は1980年9月1日に、西宮球場で撮影

 

総括

全体的に指名人数が少ない上に、入団拒否も多かったドラフトでした。結果的には、約半数が入団拒否しました。


球団のレギュラー級に育った選手もかなり少なく、戦力供給の観点からも、実り小さい「かなり寂しいドラフト」で終わっています。

 
以上、「ドラフト会議を振り返る(1973年)」でした。