野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

ドラフト会議を振り返る(1969年)

「ロッテオリオンズ」の球団元年であり、「アトムズ」はサンケイグループとヤクルトの共同経営とし、企業名なしで1年間活動しています。

 

前年の「黄金ドラフト」ほどではありませんでしたが、名球会メンバーを2名輩出したドラフトでした。それでは1969年のドラフトを振り返ってみましょう。

 

東京六大学のスター・荒川堯選手、「甲子園のアイドル」太田幸司投手の行方が注目されたドラフトでした。大洋の指名を拒否した荒川堯選手が、暴漢に襲われ負傷した「荒川事件」は、ドラフト史に残る大事件となっています。


第5回ドラフト会議(昭和44年)

 

第5回ドラフト会議が開催された1969年。

 

セリーグでは、巨人が阪神に6.5ゲーム差をつけて、5連覇を達成。
パリーグでは、悲願の初優勝を目指す近鉄が、阪急と10月まで優勝争いをしましたが、最後の直接対決で3連敗を喫し涙を飲みました。

 

発売予定の「野球帽大図鑑」。詳細は下のリンク先からチェックしてください。


それでは昭和44年11月20日に実施された、ドラフト会議を振り返ってみましょう。

 

指名順位を決める抽選では、残り2枚(3番目と11番目)で迎えた巨人が、虚しく11番目を引いてしまいました。残りくじの3番目は大洋に決定です。


指名順位:①中日 ②阪神 ③大洋 ④南海 ⑤西鉄 ⑥近鉄 ⑦東映 ⑧広島 ⑨アトムズ ⑩ロッテ ⑪巨人 ⑫阪急

 

ドラフトの目玉・荒川堯選手は、「巨人とアトムズ」の2球団を逆指名していますが、前年の田淵選手の阪神入団が後押しとなり、他球団が強行指名を伺わせていました。

 

この年から、日本の小・中・高校を卒業した韓国籍選手がドラフト対象となり、外国人枠から外れています。前年の新浦選手入団に伴う措置で、近鉄は石山選手を指名しました。

 

同一球団が同じ選手を、2年連続で指名する珍事もありました。


各球団の指名状況

 

読売ジャイアンツ
王貞治氏の師匠・荒川博氏の養子である、ドラフトの超目玉・荒川堯選手の逆指名を得ていましたが、指名順位11番まで残っていませんでした。大洋とのトレード交渉は、大洋側の見返り要求が高く不成立で終わっています。


遊撃手として活躍した、河埜和正選手が入団。他にも控え選手を指名できており、成果としては可もなく不可もなくでしょうか。


阪神タイガース
大学の目玉投手・上田二朗投手が入団しています。2桁勝利は2度のみでしたが、昭和48年には22勝しており、実りあるドラフトと評価できるのでは。

 

大洋ホエールズ
ドラフトの目玉・荒川堯選手を強行指名して、大騒動になりました。早稲田大学では、怪我での欠場がありながらも通算19本塁打した強打の内野手です。

世間のパッシングや脅迫状などを受けながらも、入団拒否と初志貫徹を貫きましたが、散歩中に2人の暴漢に襲われ負傷しました。

入団交渉は不調に終わり、巨人・アトムズにトレードを持ち掛け、最終的にはシーズン途中に三角トレードで希望球団・アトムズに移籍となっています。入団後は暴漢に襲われた後遺症で視力障害に苦しみ、通算225試合しか出場していません。


2位で間柴富裕投手を指名していますが、移籍先の日本ハムでの活躍が大きく、実り少ないドラフトではなかったでしょうか。

 

ドラフト史上に残る惨事「荒川事件」に関しては、澤宮優氏の著書にて詳細を知ることができます


中日ドラゴンズ
荒川堯選手と早稲田大学で共に活躍した、谷沢健一選手を入団させています。谷沢選手だけでも大成功だと言えますね。
他にも松本幸行投手が、4位で入団しています。


アトムズ
八重樫幸雄(1位)、西井哲夫(2位)、井原慎一郎(5位)、外山義明(6位)、大矢明彦(7位)、内田順三(8位)と戦力供給率の高いドラフトでした。
編成担当者からすると自慢になりそうですね。指名した捕手2名が、チームの主力となる珍しいパターンです。


広島東洋カープ
上垣内誠・西沢正次両選手が控えとして出場しましたが、実りあるドラフトとは言えませんね。あまり語るところなしです。

www.baseball-cafe.com

 

阪急ブレーブス
前年の「プロ野球史上最高のドラフト」から一転。ほとんど戦力とならなかった大外れドラフトでした。


1位指名で入団した三輪田勝利投手は、引退後にスカウトになり、イチロー選手を入団させる快挙を果たしました。よって、成功だったと言うと評価甘すぎですか?

 

近鉄バファローズ
高校生の目玉・太田幸司投手を指名しています。通算58勝以上に、世間の注目や観客動員の貢献が大きかった事でしょう。他にも神部年男投手も指名しており、全体としても実りあるドラフトと言えますね。

因みに、球団職員であった石山一秀捕手を5位指名しています。

 

ロッテオリオンズ
ほぼ戦力とならなかった外れドラフトでした。
藤沢公也投手を3位指名しましたが、入団に至っていません。


東映フライヤーズ
岡持和彦選手が、長らく控え選手として活躍した以外は戦力となっていません。5位指名の猿渡寛茂氏は、引退後に指導者として活躍されています。


西鉄ライオンズ
8位指名で柳田豊投手を入団させています。西鉄では大きな活躍はしていませんが、近鉄とのトレードで主砲・土井正博選手を獲得できました。


又、前年に15位で入団拒否された片岡旭(新之介)選手を、翌年も社会人野球でプレイできる事を条件に、5位で2年連続指名してしています。2年連続同一選手の指名なんて珍事ですねえ。


南海ホークス
1位・佐藤道郎投手、2位・門田博光選手(本塁打歴代3位・567本)と、投打の主力選手をW獲得しています。大当たりドラフトでした。野村南海を語るに於いて、欠かせない2選手ですよね。


3位指名を拒否した山本功児選手が入団していたら、1996年ホークス(井口・松中・柴原)と肩を並べる評価を得たことでしょう。他にも鈴木治彦(葉留彦)選手を指名しましたが、入団拒否しています。

総括

中日・南海が大当たりドラフト。地味ながらもアトムズも当たりドラフトと言えるでしょう。
戦力供給の観点からすると、実りない球団が例年になく多かったドラフトでした。

 

以上、「ドラフト会議を振り返る(1969年)」でした。

 

www.baseball-cafe.com