野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

横浜ベイスターズ「史上最高の外国人」

来日外国人シリーズ(OB編) ロバート・ローズ(横浜)

 

90年代のプロ野球界を席巻した、横浜史上最強の外国人選手、Bobby Rose選手。日本での登録名はロバート・ローズですが、アメリカではボビー・ローズで登録されており今も同様です。

マイナーリーグ時代には有望株選手として期待されていましたが、遠征の移動中にチームバスが事故を起こし、その時の怪我の影響で出世の道を逸しています。
1993年に来日した際には、同僚のブラッグス選手の方が期待値はかなり高く、守備力を評価しての来日でした。

 

マイナー時代の通算成績は7年間で、通算648試合・打率.288、本塁打 49本、打点 372。
メジャー時代の通算成績は4年間で、通算73試合・打率.245、本塁打 5本、打点 23。

 

1990年代を代表する来日外国人でもあり、横浜ベイスターズでは「史上最高の外国人」と評されています。
1993年の初来日から退団を決断した2000年までの8年間で、通算1039試合・打率.325、本塁打 167本、打点 808。守備力が重視される二塁手で、通算でOPS.933を記録。
勝負強いことでの評価も高く、平均90打点を稼ぎだし、99年には153打点を叩き出してるんですよねえ。最後は4年連続、出塁率4割超えで現役終了しました。


1999年の優勝時は、打率.369、本塁打 37本、打点 153、OPS.1.093。これだけの成績を収めながらも、シーズンMVPを逃している。因みにMVPは野口茂樹投手(中日)。

 

2年間のブランクがありながらも、2003年に千葉ロッテマリーンズと契約しましたが、キャンプ終盤に引退を決意し日本球界を去っています。

 

写真は2000年3月9日に甲子園球場で撮影しました。サインは2015年10月21日に頂きました。


2013年からTexas Rangersのマイナーリーグで打撃コーチを歴任していましたが、2018年からはBaltimore Oriolesへ移籍して、こちらでもマイナーリーグで打撃コーチを務めています。2019年はFrederick Keys(1A)に所属しており、オールスターゲームでは打撃コーチも行いました。

 

私は2015年のHigh Desert Mavericks(1A)時代に観戦経験があります。日本在籍時代とは風貌が大きく変わっており、サングラスをかけていると、一見しただけでは誰であるのか分からなかったです。
実際サングラスを外しても、あまり面影はなかったが。

 

マイナーでのコーチ歴7年間で、最高がHigh-1Aなのでメジャーリーグでのコーチデビューは、まだまだ先になりそうです。

 

写真は2015年10月21日に、AFLで撮影しました。

 

www.baseball-cafe.com