野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【年俸2億円! / プロ野球戦力外通告】復活したオールスター選手たち

テレビ番組の影響で、注目が高まった「戦力外通告」。

年末の定番番組となりました。

 

家族に焦点を当て、不安と戦う「家族愛」を扱っています。

 

「プロ野球の経歴が、途切れてしまうのか?」

誰もが気になるところです。

 

クビ宣告からのリベンジ / 成功した名選手

 

 

 

戦力外通告を受けた選手のアピールの場、「トライアウト」。

 

多くの集客があり、今やプロ野球界の「人気イベント」となりました。

 

・復帰を目指す全力プレー

・引退式の趣き

・決別・決断のきっかけ

 

人気の要因は、数々あります。

 

現在ではプロ野球界を去っても、「独立リーグ」「社会人野球」と、受け皿が広い。

 

アマ球界を迂回して、プロ野球復帰を果たす選手もいます。

 


昭和時代には

・トライアウトはなし

・独立リーグはない

・アマ復帰は不可

 

一度プロ野球界から離れると、引退したも同然だった。

 

戦力外通告から復活した「強打者」を、振り返ってみます。

 

・V字回復

・W字回復

・下剋上

 

以上の3タイプに分けています。

 


V字回復型 / 山崎武司選手(楽天イーグルス)

地元・愛工大名電高校から、ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団した、山崎武司選手(晩年の登録名:山﨑)

 

強打の捕手で、当初は捕手として育成されていましたが、同世代の中村武志選手が君臨していたため、外野手に転向しました。

 

1987年、アメリカへ野球留学の経験もあります。

 

・Gulf Coast Dodgers(Rookie級)

10試合、0安打、3四球、4三振

 

 

1996年は、本塁打王を獲得しており、順調にキャリアを積み上げました。

1998年には、大豊選手の阪神移籍に伴い、一塁手に転向。

 

2001年オフには、横浜ベイスターズへのFA移籍が注目されましたが、中日に残留しています。

 

2003年、山田監督との確執で、オリックスへトレード移籍。

2004年オフ、伊原監督との確執で、オリックスを戦力外通告

 

監督との相性で、チームを去っています。

 

2005年、新球団・楽天の田尾監督の誘いで、イーグルスに入団。

2006年、野村克也監督就任をきっかけに、V字回復しました。

 

楽天での7年間で、中日時代の通算成績に近い数字を残す、高いパフォーマンスを発揮

しています。

 

V字回復型の成功例です。

 

・1989-2002(中日・オリックス)
1200試合、961安打、211本塁打、617打点

 

・2005-2011(楽天)
908試合、820安打、191本塁打、568打点

 

・2012-2013(中日)
141試合、53安打、1本塁打、20打点

  

1989年4月27日に、西宮球場で撮影


W字回復型 / 中村紀洋選手(中日ドラゴンズ

ドラフト4位指名から、5億円プレーヤーまで昇りつめた、中村紀洋選手。

 

激戦の大阪予選を、一人の力で勝ち抜いて、夏の甲子園大会に出場。

近鉄バファローズの中心選手として、長らく活躍しています。

 

FA権行使で、メジャーリーグ挑戦。

メジャーリーグでは、17試合の出場に留まりました。

 

・メジャー(Dodgers)

17試合、5安打、0本塁打、3打点、打率.128

 

・マイナー(3A , Las Vegas)

101試合、89安打、22本塁打、67打点、打率.249

 

 

 

帰国後はオリックス・バファローズに入団するも、大幅減俸を拒否して、1年で退団しています。


その後、他球団から入団要請がなく、中日ドラゴンズにテスト入団。

育成枠選手として、背番号「205」を背負いました。

 

支配下選手契約をしてからは、高いパフォーマンスを発揮し、1億円プレーヤーに返り咲いています。

 

FA移籍した楽天でも、2年在籍で戦力外通告。

移籍した横浜DeNAで復活して、オールスターゲームに出場しました。

  

・2006年オフ(オリックス)

・2010年オフ(楽天)

 

2度も戦力外通告を受けながら、レギュラー獲得しています。

W字回復型の成功例です。

 

 

・1992-2006(近鉄、オリックス)
1468試合、1370安打、319本塁打、961打点

 

・2007-2010(中日・楽天)
476試合、453安打、59本塁打、241打点

 

・2011-2014(横浜DeNA)
323試合、278安打、26本塁打、146打点

  

1992年5月19日に、神戸第2球場で撮影


下剋上型 / カズ山本選手(南海ホークス)

長い歴史を誇るプロ野球界でも、これほど劇的に野球人生が変化した選手はいません。

 

実績の乏しい戦力外通告選手が、プロ野球界復帰後に、億万長者まで昇り詰めました。

 

この「下剋上型」は、他には記憶ありません。

 

1982年オフ、近鉄バファローズを解雇された、山本和範選手(晩年の登録名:カズ山本)。

 

近鉄時代の1軍経験は、僅か2シーズンしかありません。

 

通算47試合・6安打


近鉄バファローズ退団後、チームメイトの久保康生投手の紹介で、大阪府池田市のバッティングセンターで、アルバイト生活をしていました。

 

その後、南海ホークスへプロ野球復帰。


南海2軍監督・穴吹義雄氏が、1軍監督に就任した幸運です。

2軍監督時代に目を付けていた山本選手に、救いの手を差し伸べたのが始まりでした。


南海ホークス入団後は、チャンスを掴んで、一気に才能開花。

2億円プレーヤーまで、昇りつめました。

 

「戦力外通告選手の出世頭」と言っても、過言ではないでしょう。

 

・1980-81(近鉄)
47試合、6安打、1本塁打、5打点、1盗塁

 

・1983-1995(南海・ダイエー)
1334試合、1223安打、145本塁打、564打点、99盗塁

 

・1996-1999(近鉄)
237試合、171安打、29本塁打、100打点、2盗塁

   


「カズ」と聞いて「三浦?or山本?」と頭に浮かぶのは、我々昭和世代の性。

これって、「昭和あるある」ですよね?

 

1986年9月23日に、西宮球場で撮影