野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

「6本指グラブ」は日本製

日本プロ野球の両手投げ


「二刀流」と言っても、投打ではなく、左右の両手投げ。残念ながら日本の1軍の公式戦では、未だ実現していません。
南海ホークスでプレーした近田豊年投手は、左右投げでの登板を目指しましたが、本来の左投げとしての実力も1軍レベルではなく、公式戦1試合で引退しています。

 

メジャーリーグで実現している「両手投げ」


既に1980年代のメジャーリーグでは、「Greg Harris」という両手投げの投手が存在していまして、日米野球でも来日しています。
Greg Harris投手なんですが、マウンドに2つもグラブを持ってゆけないので、考えだしたのが「6本指グラブ」。これならベンチに、グラブを取り換えにゆく必要がない名案です。

彼が使用していた「6本指グラブ」は「made in Japan」。日本製です!!
当時から優れた技術を有していた、日本企業が制作していたんですよ。


写真は、Greg Harris投手。1986年11月6日に甲子園球場で撮影しました。

 

遂に日本にも「6本指グラブ」


近田豊年投手が使用していた「6本指グラブ」は、日本製でした。Greg Harris投手のグラブを制作していた実績を耳にして、同じメーカーに依頼したと想像します。

 

近年では各日本メーカーが「6本指グラブ」の製作・販売に乗り出し、今ではネット販売もされているようです。  

 

 

 「しかし需要あるんですかね?」チーム内で使い回しでもするのだろうか。
販売実績が思い通りに行かなければ廃版必至なんで、コレクションするなら今のうちでしょう。

 

大手通販サイトで検索すれば、数点見つけることができるようです。

 

 

 

コレクターとは凄いもので、そんな「6本指グラブ」を知人が所有しているとの連絡を受け、写真を拝借しました。コレクションの幅、広過ぎ!!
6本指グラブが珍しいとは言え、数万円かけて特注で制作・購入するとは驚きものです。これぞコレクター心理ですかね。

www.baseball-cafe.com