野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【これぞ二刀流!】左右の両手投げ/ 南海ホークスに在籍していた

メジャーリーグで活躍したGreg Harris投手は、両手投げ投手として活躍し、日米野球でも来日しています。

日本でも1980年代後半に、南海ホークスに両手投げ投手が在籍しています。

左右で投げる「両手投げ」グレッグ・ハリス / 近田豊年投手(南海/阪神)

 

「二刀流」の話題になると今なら「大谷翔平」選手、昭和世代の我々なら「近田豊年」投手が思い出されます。


大谷翔平選手は投手と打者の「二刀流」、近田豊年投手は左腕と右腕の「二刀流」なんで、タイプは違います。

 

本来は左投手として入団しましたが、「右でも投げられるんなら」と首脳陣の後押しもあり挑戦しましたが、結局右投手としては1軍未登板。左投手としても僅か通算1試合で、トレード移籍した阪神タイガースでも未登板で退団しています。

 

「両手投げ投手」は、日本では今も現れていません。

 

他にも両手投げは存在したのか?

私が知る限り、メジャーリーグでは「Greg Harris」「Pat Venditte」日本の「近田豊年」の3投手のみとなります。


吉成昭三投手(巨人)・野崎進投手(ヤクルト)が、左右投げ可能だったようですが、1軍で披露することはなく、2軍公式戦で実施したかも分かりません。

 

これは野球マニアのご指摘をお待ちしております。

 
両手投げ用・6本指のグラブ

近田投手は登板の際、随時グラブを交換するのは面倒なんで、「6本指のグラブ」を制作してもらい使用していたようです。


これは先駆者である、MLBの両手投げ投手・Greg Harris氏が、日本の某社にグラブ制作を依頼し、メジャーリーグで使用していたのを参考して、取り入れた恩恵でしょう。

 

↓↓ 「6本指のグラブ」は、下記リンク先を参照してください。↓↓

www.baseball-cafe.com

 

野球規則では

漫画「ドカベン」でも両手投げ投手が登場。
投球直前まで、左右どちらで投げるのか分からない幻惑フォームでしたが、今のMLBルールでは、対戦前に「打者毎に利き手を宣言する必要がある」ので、「ボーク」が宣告されることになります。

写真は1988年3月16日、大阪球場で撮影しました。

 

www.baseball-cafe.com