野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

阪神タイガースが支払う270万円の賃料 / 甲子園球場歴史館が移転予定

プロ野球各球団は、アメリカの成功例に習い「ボールパーク化」を目指しています。老舗「阪神タイガース」も、他球団の成功に追随して、思い腰をあげつつあります。

 

甲子園球場のボールパーク化

 

 

www.baseball-cafe.com

 

歴史ある球場であるが上、敷地面積に限りがある「甲子園球場」。

洋の東西を問わず、時代に沿った環境作りへの悩みは、共通事項でしょう。

 

Boston・Chicagoなど、住宅街を立地とした球場は、他球場同様の「ボールパーク化」は、ハードル高いものです。

 

 

甲子園球場北側

 

「甲子園球場」前には、阪神高速と国道43号線が走っている為に、阪神電鉄駅前の敷地を、長らく有効活用できていませんでしたが、バスターミナルの改装や旧飲食店の撤収が完了し、現在「ボールパーク化」への準備が着々と進行しています。

 

甲子園駅と球場の動線を、飲食店や物販店・イベント広場で埋め、試合以外でも楽しめる「ボールパーク化」を目指し、お金も落としてもらおうという戦略です。自前の所有地であるが故の利点でしょう。


歴史観を損ねたくない理由から、球場内の改築には制限があり、球場自体の「ボールパーク化」は困難だと思われる。

 

 

甲子園球場南側


阪神電鉄の敷地に限らず、球場周辺も「ボールパーク化」のターゲットとしていたようで、西宮市の所有地を賃貸することが決定しています。

 

場所は甲子園球場のセンター後方、市営住宅の跡地です(下写真)

 

耐震機能の問題があり、現在西宮市の市営住宅は、各所にて取り壊しが行われており、この地も取り壊し後に、空き地状態が続いていました。

 

 

 

西宮市への賃料は270万円

先日、我が家の郵便ポストに投函されていた、某市会議員の広報誌によると、賃料は「月270万円」で西宮市と合意したようで、令和3年にオープン予定となっています。


他媒体で既に既報の通り、甲子園歴史館も併設された、複合施設となることでしょう。

 
タイガースブランドと高校野球ブランドが合わせれば、恒久的な売り上げ確保が期待でき、月270万円(年間3240万円)の賃料は、安い買い物と言えるのではないでしょうか。


年間3240万円賃料が、確実に入る西宮市にもメリット大きく、お互いにとってWin-Winの合意でしょう。

 

利益の行く先は、野球ファンや地域住民であって欲しいものです。
 

「阪神球団さん!!野球ファンにとって、より良い環境作りを頼んまっせ!!」

 

と期待している、やきゅ~おやじ。

   

www.baseball-cafe.com