野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

日本プロ野球の礼節 / デットボール(死球)で謝罪する理由とは

テレビ中継が増えた影響で広く知られるようになった、メジャーリーグの「Unwritten Rule(暗黙のルール)」。これは日本プロ野球にも存在しますが、アメリカとは異なるルールが存在します。

 

プロ野球の掟 / ルールブックに明記されていない規則

メジャーリーグでは、報復の対象となる「Unwritten Rule(暗黙のルール)」。

簡単に言えば、ルールブックに明記されていない「業界の掟」です。

 

アメリカでの「暗黙のルール」

「大量リードの時にバント・盗塁はするな」

「ホールランを打っても走塁中に派手に喜ぶな」

 

など、アメリカでは、相手チームに敬意を払う目的が多いようです。相手チームが悔しい想いをしている状態で、「敵に恥をかかせるな」ということでしょう。

 

日本での「暗黙のルール」

片や日本では、試合中のプレー内容よりも、「礼儀・挨拶」に重きが置かれています。

 

これは学生スポーツ界の、指導者・上級生への「礼儀・挨拶」が、プロ野球界でも引き継がれている事が要因でしょう。

 

「一礼してグランドへ入る」

「相手チームの年上選手に一礼する」

「学校の先輩選手の元へ挨拶に伺う」

 

など、プロ野球観戦に行くと、グラウンドでよく見かけるシーンですよね。

 

これが欠けると、野球界では孤立してしまい、ドレードの移籍先もなく、引退後に野球界に残ることも困難になります。

 

デットボール(死球)で投手が謝罪する

死球与えた投手が、帽子を取って謝罪する。これも日本特有の「Unwritten Rule(暗黙のルール)」です。

 

投手は打者に迷惑をかけた。よって「謝罪の意」を表さなければならない、ということです。「礼儀」を重んじた流れでしょう。

 

「ピッチャーライナーを打った打者は、投手に謝罪しない

死球を投げた投手は、謝罪の必要がある」

個人的には矛盾を感じるのだが。

 

新人投手が投じた、頭部死球

自軍の投手コーチに付き添われ、相手監督にお詫びへ向かう、新人・斎藤友貴哉投手(阪神)。


前日の試合で、広島カープの有望株・中村奨成選手に頭部死球を投じ、救急搬送させてしまった事への謝罪です。

 

同じチームとの対戦を繰り返す日本プロ野球事情からすると、

お互い因縁を引きずったり、後の死球が報復だと誤解を招かぬよう、礼を尽くして一度清算しておくことは必要だと思われます。


死球を与えた時に、帽子を取って謝罪するのは、これが理由なのでしょう。

 

「乱闘を未然に防ぐ」「因縁を引きずらない」為の最良の方法と解釈しております。

 

水本勝己監督(広島)から、「気にするな!」の言葉かけが聞こえてきそうな、清々しい一コマ。

写真は2019年6月19日に、鳴尾浜球場で撮影しました。

 

www.baseball-cafe.com