野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【広島東洋カープ】平成の出世番号「51」 / 江藤智・前田智徳・鈴木誠也

平成野球界のスーパースター・イチロー選手が背負った、背番号「51」。

イチロー選手以外にも、数々のスター選手を生んだ背番号です。

 

イチローだけじゃない / 背番号「51」はカープの伝統

 

昭和時代、ドラフト下位指名選手の定番であった「背番号・51番」。

二軍選手の定番でもありました。

 

「背番号51番」は平成に入り、二軍選手の背番号から、出世番号へと変貌を遂げました。

 

期待値の高い「高卒選手」に、「51番」を与えることが多くなった。

 

実はイチロー選手のデビュー以前から、

広島カープでは背番号「51」が、出世番号になっていました。

 

そして今も継続しています。

 

 

広島東洋カープの「51番」/ 平成初期

下位指名の選手が背負うと、出世してゆく「51番」。

 

  • 江藤智選手
  • 前田智徳選手

 

平成前期には、背番号「51」を背負った2名が、主軸として活躍しました。

広島カープの代表的な出世番号。

 

江藤智

1989年に広島カープ入団

 

入団初年度は「背番号51 」でした。

しかし二軍での活躍で、球団の期待値が高まり、翌年1990年には「背番号33」に変更されました。

 

実は「背番号51」では、一軍に出場していません!

 

江藤選手の通算成績

1834試合、1559安打、364本塁打、1020打点

 

1989年4月、西宮球場で撮影

江藤選手の捕手時代

 

前田智徳 

江藤選手の「背番号51」を引き継いだのは、前田智徳選手でした。

 

1990年に広島カープ入団

高卒新人でしたが、早くも1年目から56試合出場しています。

 

2年目の1991年には、レギュラー獲得!

129試合出場、107安打を記録しています。

 

しかし3年目の1992年には、「背番号31」に変更しました。

 

前田選手の通算成績

2188試合、2119安打、295本塁打、1112打点

 

1990年6月10日、甲子園球場で撮影

 

前田智徳選手が、背番号「31」に変更して、暫く広島カープ・出世番号の歴史が途絶えてました。

 

カープファンから、忘れられた出世番号となりました。

 

1992年、オリックスに入団したイチロー選手。

イチロー選手の活躍で、背番号「51」を期待値の高い新人選手に与えるパターンが、全球団に広がりました。

 

再び出世番号として復活 / 平成後期

 

平成後期に「背番号51」が、広島カープの出世番号として復活しました。

 

鈴木誠也

2013年に入団した鈴木誠也選手。

背番号「51番」を背負い、球団の看板選手へと成長しています。

 

広島カープの出世番号として、復活を果たしました!

(2020年からは背番号「1」に変更)

 

6年間を「背番号51」でプレイ

3年間はレギュラーで活躍しました!

 

2018年2月24日撮影

 

小園海斗 

2019年、ドラフト1位で鳴り物入り入団した、小園選手が「背番号51」を受け継ぎました。

 

令和の時代も、引き続き「出世番号」として、活躍の予感を感じさせています。

 

2019年6月19日撮影

 

鈴木誠也選手からは、ドラフト上位の高校生が背負っています。


上位指名の選手に「背番号51」を背負わせるのも、江藤・前田氏の実績があってこそでしょう。

 

出世番号に過ぎない「51」

イチロー氏らの活躍により、日本球界では「背番号51」が「スターの称号」になるかと思いきや、鈴木・上林・京田選手など若手スター選手が、出世とともに一桁番号へ変更。

 

令和になっても、

「球団の顔」は一桁番号!!

流れは変わりそうにありません。


主力選手が一桁番号を付けるのは、昭和から続く伝統として、これからも引き継がれてゆきそうです。

 

野球界の伝統って、なかなか変わらんものですねえ~。