野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【広島東洋カープ】平成の出世番号「51」 / 江藤智・前田智徳・鈴木誠也

平成野球界のスーパースター・イチロー選手が背負った、背番号「51」。

イチロー選手以外にも、数々のスター選手を生んだ背番号です。

 

イチローだけじゃない / 背番号「51」で出世するカープの伝統

 

昭和時代には、ドラフト下位指名選手の定番であった「51番」。この背番号は平成に入り、出世番号へと変貌を遂げた。

 

 

www.baseball-cafe.com

広島東洋カープの「51番」

下位指名の選手が背負うと、出世してゆく「51番」。

江藤智・前田智徳選手と、平成前期に2名が続けて主軸として活躍し、広島カープを代表する出世番号と化しています。

 

しかし1992年以降はその歴史が途絶え、カープファンからも忘れられた出世番号となってしまった。

 

1992年からは、オリックスに入団したイチロー選手が、その歴史を引き継いだ!!


再び出世番号としての流れがやってきた


2013年に入団した鈴木誠也選手が「51番」を背負い、球団の看板選手へと成長し、出世番号としての復活を果たしました。(2020年からは背番号「1」に変更)

 

そして2019年からは、ドラフト1位での鳴り物入りで入団した、小園選手が受け継ぎ、令和の時代にも、出世番号として、活躍の予感を感じさせています。

 

鈴木誠也選手からは、ドラフト上位の高校生が背負っています。
上位指名の期待値高い選手に「51」を背負わせるのも、江藤・前田氏の実績があってこそでしょう。

 

写真は1990年6月10日に、甲子園球場で撮影しました。

 

今だ、出世番号に過ぎない「51」

イチロー氏らの活躍により日本球界では、「51番」が「球団の顔」としての称号となるかと思いきや、鈴木・上林・京田選手など若手スター選手が、出世とともに一桁番号へ変更。

 

昭和時代から続く伝統は、令和に元号が変わっても継続中です。


主力打者が一桁番号を付けるのは、昭和から続く伝統として、これからも引き継がれてゆきそうです。

 

野球界の伝統って、なかなか変わらんものですねえ~。

 

写真は1989年4月に、西宮球場で撮影しました。江藤選手の捕手時代です。

 

 

 広島カープの試合を観るなら、「スカパー」がお薦め。詳細はリンク先でお確かめください

        ↓↓↓↓