MENU

【噂の新来日外国人!】ジョー・マッカーシー選手(オリックス・バファローズ)

オリックス・バファローズが、契約を発表した「マッカーシー」選手。

私の観戦経験がある選手でしたので、

どんな選手か経歴を紹介しておきます。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

目次

新来日外国人選手 / Joe McCarthy

▼ 2018年10月17日の写真(筆者撮影)

オリックス・バファローズが契約をした「マッカーシー」選手。

左投げ左打ちの外野手

現在28歳。

▼ 2022年の新来日外国人選手を、まとめています

マッカーシー選手の経歴

▼ 2018年10月17日の写真(筆者撮影)

2015年、ドラフト5巡目でRaysが指名

同年にはNew York Penn-Leagueのオールスターゲームに選出

プロ入り4年目の2018年に3A昇格。

メジャーリーグ初昇格は「2020年」で、4試合の出場で終わっています。

メジャーリーグの経歴は、この年の4試合のみ

2021年の成績

3A
74試合、打率.306、15本塁打、55打点、出塁率.384、OPS. 926

▼ 日本とレベルの近い3Aとメジャーリーグの通算成績です

通算成績

メジャーリーグ
4試合、打率.000、0本塁打、0打点、出塁率.000、OPS .000

3A
186試合、打率.255、30本塁打、107打点、出塁率.355、OPS .819

選手としてのタイプ

▼ 2018年10月17日のサイン

Joe-McCarthy-autograph

出塁率の高い「中距離砲」です

ホームラン量産型ではありません

マイナーリーグの各クラスで、出塁率が.350を超えています。

選球眼には期待できそうです

長打力は2018年以降から、純粋な長打力を示す指標の「ISO」で高い数字を記録している。

2021年は好成績を残していますが、打者天国のPacific Coast Leagueの成績なんで参考になりません。

引っ張り専門ではなく、広角に打球を打つ傾向があります。

ただ中軸を期待するほどの「爆発力」を期待してはいけません

年間100試合出場が、2シーズンしかありません

過去、長期離脱を繰り返しています

故障の多さが気になる点です

動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

2021年(マイナー時代)

2022年(スプリングキャンプ)

2022年の展望

▼ 2018年10月17日の写真(筆者撮影)

  • 杉本選手の不調
  • T-岡田選手の離脱
  • 長打力のある外国人選手の解雇(ジョーンズ・モヤ)

長打力不足を補うための補強です

2021年と比較して、チームの長打力が落ちています

打線のテコ入れが必要なチーム状況です

現在、打力優先のポジション「DH」「一塁」「両翼」が固定できていません

チャンスは多そうです

コロナの隔離期間もあり、直ぐにはプレイできません。

調整期間をしっかりと与えたいところです

短期間での1軍起用となると実力発揮できず、直ぐに見切られる可能性があります

早期起用は避けて欲しいですね

▼ 過去の来日外国人選手の2021年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる