野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【新来日外国人】ルスネイ・カスティーヨ(東北楽天ゴールデンイーグルス) 動画付き

新来日外国人選手 / Rusney Castillo(元RedSox)

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得した、カスティーヨ選手。

キューバ出身、右打ちの外野手です。

2014年10月13日撮影

 

カスティーヨ選手の経歴

キューバから亡命した選手。

 

2014年8月RedSoxと契約。

同年9月にメジャー昇格しています。

 

7年7250万ドルの大型契約で、今も過大評価の失敗契約として、よく取り上げられています。

当時、キューバからの亡命選手の活躍が目立った時期で、契約金額・評価もピークであった。

 

長期契約での入団でしたが、大方の予想通り、メジャーでのプレイは2014ー16年の3年のみで、以後は3A生活が続きました。

 

3Aで好成績を残すも、あまりの高額契約で引き取り手がなかった。

アメリカではチーム年俸総額の上限を超えると、課徴金が発生する

 

2020年はメキシコ・ウインターリーグでの22試合のみ出場

打率.250、本塁打0、盗塁3、出塁率.333、OPS.621

打者有利のメキシコにしては、寂しい数字です。

2014年10月13日撮影

 

選手としてのタイプ

小柄な外野手で、メジャーとしてはパワー不足。

スピードもそこそこで、メジャーでは目立つほどではない。

 

広角に打球を打ち分け、逆方向への長打も期待できる。

 

四球率がかなり低く、キューバ選手に多い早打ち傾向があります。

 

2018年まではセンター中心での出場、2019年はライトでの出場が上回っています。

年齢的に守備力の低下があったためでしょうか?

2014年10月11日撮影

 

 

マイナー通算:467試合、打率.293、本塁打42、出塁率.335、OPS.761

MLB通算:99試合、打率.262、本塁打7、出塁率.301、OPS.679

 

 

 

動画(メジャー時代)

 

動画(マイナー時代)

 

 

 

2021年の展望

チームに少ない「右打ちの外野手」で、意外にチャンスが得られるように思えます。

2021年4月時点、辰巳・島内・小郷・田中(両打ち)と「左打ち」で占める外野陣。

DHでもチャンスがありそうですよね

 

広角に打ち分けられる打者で、戦力になると思いますが、左投手限定での限られた起用法だと厳しい。

 

日本野球に慣れるまで、我慢の継続起用を期待したいものです。

もう年齢は33歳なんで、怪我の心配や諦めの早さは覚悟です。

 

期待は、ほどほどにしましょう

 

同じくイーグルスの新来日外国人選手「ディクソン選手」

リンクを張っておきます!