野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【新来日外国人】ロニー・ロドリゲス(北海道日本ハムファイターズ) 動画付き

新来日外国人選手 / Ronny Rodriguez(元Indians)

 

 

日本ハムファイターズが獲得した、ロドリゲス選手。

右打ちの内野手。

2012年10月16日撮影

 

ロドリゲス選手の経歴

 

2010年Indiansとマイナー契約。

2016年に3Aまで昇格しましたが、メジャーへの昇格はできず、2018年にTigersに移籍しています。

 

2018年5月にメジャーデビュー

2019年までの2年間、メジャーと3Aでプレイしました。

 

2019年オフにウェバーにかけられ、Brewersに移籍。

 

しかし2020年はメジャーでプレイできず、ドミニカ・ウインターリーグに出場

2012年10月16日撮影

 

選手としてのタイプ

二遊間を守る内野手

 

二塁・遊撃を守る内野手で、近年は三塁や外野での出場もあるユーティリティープレーヤーです。

 

2020年はメジャーでプレーしておらず、

ドミニカ・ウインターリーグでは12試合出場しており、三塁を守っています。

 

打撃のパワーは平均的で、本塁打への期待はほどほどにすべきレベルです。

 

出塁率がかなり低く、選球眼は期待できません。

と言って、三振が少ないわけでもない

 

3A通算:340試合、打率.293、本塁打47、出塁率.324、OPS.797

MLB通算:146試合、打率.221、本塁打19、出塁率.254、OPS.650

 

動画(メジャー時代)

 

動画(ウインターリーグ)

 

2021年の展望

三塁・一塁での起用を主に、二遊間も期待しての獲得でしょう。

 

三塁は野村選手、一塁は中田選手、二塁は渡辺選手

打線の中心選手で、既にポジションが埋まっており、「DH」しか空きがなさそうです。

 

サインプレーが多い内野を、キャンプでの調整期間なしで迎えるのは大きなハンデで、チームとしても起用のリスク大きい。

 

打撃が売りの選手ではないだけに、どの程度チャンスをもらえるのでしょうか?

 

今年のチーム事情からして、必要なのは「左の長距離砲」

右打ちの内野手に、出場機会はあるのだろうか?