野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【新来日外国人 / こんな選手や!】ランヘル・ラベロ(オリックス・バファローズ)

新来日外国人選手 / Rangel Ravelo(元Cardinals)

 

 

オリックス・バファローズとの契約合意を報じられてから、なかなか正式発表がされないラベロ選手。

 

7月26日、正式契約が発表されました。

 

キューバ生まれの「一塁手&外野手」

 

現在29歳。

 

▼ 2014年6月25日の写真(筆者撮影)

 

 

ラベロ選手の経歴

15歳の時に家族全員で、キューバからアメリカへ渡っています。

 

フロリダの高校へ通い、2010年のドラフト6巡目でWhiteSoxが指名。

同年6月16日に契約。

 

入団時は三塁手でした。

 

2014年に2Aまで昇格しましたが、

同年12月、Athleticsのエース格・Jeff Samardzija投手獲得のため、トレードで移籍しています。

 

Marcus Semien,Chris Bassitt, Josh Phegley、計4選手でAthleticsへ移籍

Athleticsでは3Aどまり

 

2017年4月、Cardinals傘下へFA移籍

 

2019年6月17日、 Cardinalsでメジャーデビューを果たしました。

 

2021年はDodgers傘下のOklahoma City(3A)でプレーしています。

 


2021年の成績(3A)

26試合、打率.407、本塁打8、打点27、出塁率.504、OPS.1.263

 
打者有利な「Triple-A West」の成績です
あまり参考にはなりません!!

  

選手としてのタイプ

 

打率を残せる「ラインドライブヒッター」です。

「ホームランバッター」ではありません。

 

マイナーリーグでの成績は、

 

  • 四球率は、平均よりやや上
  • 三振率は低い

 

ボールを捉えるスキルが高く、毎年三振率を10%台に収めています。

 

打球方向は、ライトへの打球が毎年30%超

「引っ張り」と「流し打ち」の比率も、大差ありません。

 

データから見える選手像は、

三振が少ない、流し打ちが得意な打者

 

ホームランは、2018年の3Aでの「13本」(347打数)が最高です。

 

入団3年目まで三塁手でしたが、

2013年からは「一塁」と「外野」に専念しています。

 

3A通算:444試合、打率.300、本塁打50、出塁率.378、OPS.847

MLB通算:42試合、打率.189、本塁打3、出塁率.250、OPS.601

 

 

動画(メジャー時代)

 

2019年 

 

 

2020年

 

 

 

動画(ウインターリーグ時代)

 

 ホームランシーン

 

 乱闘シーン

 

 乱闘シーン

 

 

▼日本行きが報道されている「ハイネマン選手」

どの球団と契約予定なのかは、まだ分かりません

まさか?オリックス?

 

2021年の展望

 

「一塁&DH」での起用が現実的です。

 

福田・宗・吉田・T-岡田、モヤ選手など、打力のある選手が左打ちに偏りがあり、右打ちの「コンタクトヒッター」は、起用の汎用性に期待できます。

 

T-岡田、モヤ両選手との併用で、左投手の場合は優先起用になりそうです。

大活躍はできませんが、戦力にはなってくれそうな選手ですね。

 

不安要素として、6月7日が最後の出場試合です。

なんと!
1か月半も、実戦を離れています!!

 

  • 日本入国後2週間の「隔離生活」
  • 2軍での2週間程度の「短い調整」

 

新外国人は「短期間の調整」に苦戦しています。

 

今年は「慣れる時期」と割り切り、来年に期待するべき!

実力発揮は、2022年だと覚悟しましょう

 

リリーフが安定すれば、「優勝のチャンス」がありそうなチーム事情

初見が有利な「投手」を優先補強して、ベルペン層を厚くして欲しいところですよね?

 

外国人投手は、「ヒギンス投手」しかいない!

 

まず「ハラハラ継投を何とかして!」

オリックスファンの声が聞こえてきそうです

 

▼「オリックス」の試合は、生中継で動画配信中

タダで見る方法を紹介しています。


▼ 元・来日外国人選手は、アメリカ球界でコーチとして活躍中です

リストでまとめています

あなたにとっての「懐かしの外国人」は、いるでしょうか?