野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【距離が近すぎ!沖縄キャンプ・楽天イーグルス】金武町へ路線バスで行ってみた

東北楽天ゴールデンイーグルスの2次キャンプ地は、沖縄県の金武町です。

 

ここでは那覇市内から、金武町ベースボールスタジアムまで、路線バスで行く方法を紹介します。

 

沖縄県内の路線バス網は、充実しています。

那覇市内に泊まれば、キャンプ地までバスでアクセスできます。

 
沖縄キャンプ/ 「金武町ベースボールスタジアム」へバスで行く方法

 

関西から約2時間で、沖縄に到着。


沖縄の2月は暖かく、冬衣装ではかなり暑いです。

関西圏なら、4月の気温です。

 

  

 

金武町へのアクセス方法

 

那覇市内から向かう場合、

「那覇バスターミナル」(ゆいレール旭橋駅)から、バス利用でアクセス可能です。

 

バスターミナルの案内所で、「ルート」や「バス時刻表」が用意されていました。

旅行者には、大変優しい環境です。

 

キャンプ地に一番近いバス停は、「銀原(ぎんばる)」です。

 

 

バスのルートは、2種類あります。

 

高速バス+路線バス(約1時間30分)

 

 1.那覇から、高速バス乗車(名護バスターミナル行)
2.「石川インターチェンジ」で下車。
3.「石川インターチェンジ」から「赤崎」まで徒歩
4.赤崎から、路線バス乗車(名護バスターミナル行)
5.「銀原(ぎんばる)」で下車

 

路線バスのみ(約2時間)


1.那覇から、路線バス乗車(名護バスターミナル行)

2.「銀原(ぎんばる)」で下車。

 

事前に案内所で、確認してから向かいましょう。

 


私は2時間以上かけて、路線バスでアクセスしました。

トイレの不安が少しありますが、値段重視で路線バスのみを選択。

 

バス運賃は、片道1500円(2019年時点)。

 


「銀原」バス停から徒歩

 

バス停から球場までは、徒歩で10分弱です。

 

舗装された広い道路を、直進しましょう。

 

道中に「球団の幟」も掲げられており、分かりやすいですよ。

 


キャンプ見学を満喫

 

・午前は練習

・午後は練習試合(ロッテ戦)

 

練習場

・本球場

・サブグラウンド

・ブルペン

 

それぞれが、隣接しています。

移動は、かなり楽チン!!

 

移動の自由度が高く、ファンも少ない。

見学環境は、とても良かったです!!

 

 

写真は本球場から見た風景です。

 

・左が、サブグラウンド

・右が、ブルペン

 

どれだけ近いか、理解できますか?

 

 

投手とファンの距離が近っ!!

迫力満点!!

 


本球場

ロッテとの練習試合を観戦しました。


土曜日でしたが、客入りは遅かったです。

試合直前まで、空席が目立ちましたが、結局は満員になりました。

 

練習試合は無料でした。

 


金武町から那覇市内へ帰る方法

金武町から路線バスで、那覇市内や名護市内まで、帰ることができます。

 

・那覇市内へ向かう場合は、来たルートを逆走

・名護市内へ向かう場合は、来たルートを継続

 

 

「路線バス」と「高速バス」の乗り継ぎを選択。

高速道路の渋滞もあり、乗り継ぎ時間を含めて、那覇市内まで2時間以上かかりました。

 

那覇市内へ向かう道中、高速バスから見た衝撃のシーン !!

参考までに参照しておいてください。

          ↓↓↓↓