野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【沖縄キャンプ】北谷公園野球場(中日ドラゴンズ)へ路線バスで行ってみる

沖縄県内の路線バス網は充実しており、全てのキャンプ地まで地元の路線バスでアクセスが可能です。


2018年2月、沖縄キャンプ(北谷公園野球場)へ

 

関西から約2時間で沖縄に到着。
沖縄の2月は暖かく、冬衣装ではかなり暑いです。関西圏なら4月の気温ですね。

 

那覇市内から北谷公園野球場へ路線バスで移動

  那覇バスターミナル(ゆいレール・旭橋駅前) を起点にすれば、各球団のキャンプ地へアクセスが可能です。

 

那覇バスターミナルは、那覇市内の繁華街やホテル街から徒歩圏内で便利。


バスターミナルの案内所で、各キャンプ地への「ルート」や「バス時刻表」が用意されており、旅行者に大変優しい環境です。

 

北谷公園野球場の最寄りバス停は、

・美浜アメリカンビレッジ入口
・桑江中学校入口

になります。


那覇バスターミナルからの28番・43番・63番・120番でアクセス可能なようです。

 

事前に案内所で確認してから向かいましょう。

 

路線バスに乗車してみた

 私は28番(読谷バスターミナル行き)に乗車して、約60分で「美浜アメリカンビレッジ入口」に到着しています。バス運賃は片道730円(2018年時点)。


「美浜アメリカンビレッジ入口」バス停からキャンプ地へ

  徒歩で10分弱で本球場に到着できます。
バス停からは、進行方向の逆へ少し戻り、右折して直進してゆくと球場になります。


キャンプ見学を満喫

  サブグラウンドは本球場と隣接しており、移動距離は短く歩き回る必要はありません。

 

陸上競技場で投手が走り込みをしていました。ユニホーム着用選手は見かけませんでした。


午前は練習、午後はロッテとの練習試合。練習試合は入場無料です。
平日だったこともあり、座席移動の自由度も高かったです。

 


飲食

 フードトラックが数台出店されいましたが、かなり少なかったです。実は道路を渡ると、大型スーパー「イオン」があるので、飲食に困ることはありません。

 

徒歩10分弱には「美浜アメリカンビレッジ」があり、こちらは飲食店も多数にあります。見学の帰りに寄って、夕食を済ませても良いかも知れませんよ。


北谷公園野球場から那覇市内へ

 帰りは「桑江中学校入口」から63番のバスを利用して、那覇市内へ向かいました。バス運賃は片道680円(2018年時点)。

 

夕方の路線バスは、国道の渋滞が激しく、那覇市内まで約80分かかりました。トイレは事前に済ませておいた方が賢明ですよ。

 

以上、中日ドラゴンズ・沖縄キャンプでした。

  

推奨

 皆さんも北谷公園球場でのキャンプを満喫してはいかがでしょうか。
選手との距離が近く、満足感大きいですよ!

 

 ホテル相場は事前に調べておき、比較・検討しておいた方が良いでしょう。

 

 沖縄・那覇空港までは、格安航空会社(LCC)の路線もお薦めです。一度、相場検索しておくと便利ですよ。

国内

 

格安航空会社(LCC)と宿泊のセット料金もお得感ありでしょう。検討の価値ありですね。

 【格安国内旅行ならスカイパックツアーズ】

 

 他球団のキャンプ地と掛け持ちを予定されるのであれば、レンタカーがあれば移動もスムーズです。

 スカイチケットレンタカー

 

それでは、キャンプ地見学を楽しんでみてください!