野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【宮崎キャンプ】甲子園からプロ野球キャンプ地へ(清武総合運動公園) / オリックス・バファローズ

関西から宮崎市内へ格安で行くには、船の旅がお薦めです。

 

オリックスバファローズ・ソフトバンクホークス・読売ジャイアンツと、3球団が宮崎市内で、春季キャンプを実施しています。

 

2018年、宮崎市内(オリックス・ソフトバンク・巨人)のキャンプ地へ / 宮崎フェリー

  

甲子園球場から徒歩圏内に住んでいる、やきゅ~おやじです。

平日に休暇を取り、ぶら~と宮崎キャンプへ行ってきた、備忘録を綴ってゆきます。

 

 

 

現時点(2020年)兵庫県から宮崎市へ向かう場合

 

「飛行機」「フェリー」の二つの方法があります。

 

 

「関西国際空港」「伊丹空港」のいづれの空港からでも、宮崎までアクセス可能です。関西国際空港からなら、格安航空会社LCCの「ピーチ」も飛んでいます。

 

価格はネットで検索・比較しておくと良いでしょう

         ↓↓↓↓

国内

 

 

直接「夜行バス」でアクセスする選択肢はありません。「夜行バス」の場合、福岡で乗り換えの必要があり、時間のロスも大きいようです。

 

宮崎フェリーのキャンプ観戦コースを選んでみた

今回は「宮崎フェリー」の「2018プロ野球キャンプ観戦・日帰りコース」を利用してみました。

 

毎年、告知が遅く1月中旬ぐらいに、ホームページで告知があります。

株式会社マリンエージェンシー(TEL:078-325-0505 )

 

神戸・三宮からフェーリーで宮崎へ

ミント神戸からフェリー乗り場まで、路線バス(210円)もあるようですが、神戸三宮駅から徒歩15分強なので徒歩移動。

 

大きな荷物がなければ、徒歩移動しても良いでしょう。

 

 

宮崎フェリー乗船

利用したのが平日ということもあり、客室はガラガラで、広いスペースを確保できました。奥の壁側には電源コンセントもあり、携帯の充電も問題ありません。

 

毛布・ベットパットも用意されており、風呂付きなのも嬉しいところです。

 

乗客の半数は女性なので、女性にも安心なことでしょう。女性エリアも設けられています。


フェリーで宮崎港到着

宮崎港には「キャンプ地行き臨時バス」の停留所があり、各キャンプ地行きの時刻表が用意されています。1日1往復ですが、フェリーの出発・到着時間に合わせて時間設定がされており安心です。

 

 

乗車間違いがないよう、バスにはラッピングがされていますよ。

 

さあ、キャンプ地へ向かいましょう!

 


SOKKENスタジアム(清武総合運動公園)に向かう

バスはJR宮崎駅を経由して、球場へ向かいます。


宮崎港では乗客はほとんどいませんが、宮崎駅で多数乗り込んできます。通路まで一杯になるので、大きな荷物は周りに、かなり気をつかうことになります。

 


SOKKENスタジアム(清武総合運動公園)到着

オリックス・宮崎キャンプは、1・2軍の練習場が隣接しているので、一度の訪問で両方の見学が可能です。


球団の意向なのか、主力選手もサインには寛容でした。12球団のキャンプ地で、一番ファンとの距離が近いと評判ですが、これは本当ですね。

 

キャンプ地巡りしている方々の話を総括しても、「オリックス・キャンプ」の観戦環境が一番良さそうです。

 

 


午後に紅白戦がありました。こんな近い距離で、1軍選手を観戦できるのはキャンプの利点ですよね。

 

 

サブグランドでの練習風景。リラックスした表情が見られます。

 

バスで宮崎港へ帰る

帰りのバスは1本しかありません。乗り遅れに注意しましょう。


座って帰りたい方々が、早くからバス待ちをしていました。

 

もちろん、満席 !!

 

宮崎駅からはガラガラ状態。

 

総括

はっきり言って、2月の宮崎は寒いです。気温は関西と変わりません。

 

各球団が沖縄へ、キャンプ地を変更するのも理解できます。

ジャイアンツやカープも、昔からの付き合いで継続使用していますが、いつ完全撤退するのか分かりませんねえ。

 

推奨

 

皆さんも宮崎キャンプを満喫してはいかがでしょうか。
選手との距離が近く、満足感大きいですよ!

 

宿泊を予定する場合、 ホテル相場を事前に調べておき、比較・検討しておいた方が良いでしょう。

  

他球団のキャンプ地も予定されるのであれば、レンタカーがあれば移動もスムーズです。

広島カープや西武ライオンズへも訪問予定ならば、電車の本数が少ないので、車移動の方が便利です。

 

 スカイチケットレンタカー

 

それでは、キャンプ地見学を楽しんでみてください!

 

以上、宮崎キャンプでした。