野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

メジャーリーグ未経験ながらも、5000万ドル(約55億円)を得たキューバ選手(ルイス・ロバート)

Luis Robert(White Sox)

 メジャーリーグ未昇格で最高位は3Aのルイス・ロバート選手。
海外アマチュア選手との契約金に、上限が設けられる前に契約した最後の大物選手でした。彼の契約を最後に上限が設けられた(日本名:大谷ルール)。

 

 

2020年1月2日、6年5000万ドル(約55億円)で長期契約の報道がされています(バイアウト込み)。
2026-27年の球団オプション付きで、2年のオプションが行使されると、最高総額は8800万ドル(約97億円)となる。

 

写真は2015年9月4日に、甲子園球場で撮影しました。

 

マイナーリーグでの実績

 

2017年ドミニカ夏季リーグからプロキャリアをスタートし、2018年オフにはアリゾナ秋季リーグに参加しています。2019年に3Aまで昇格し、マイナーリーグの有望株ランキング1位として評価されている。


2017年・ドミニカ夏季リーグ
28試合・打率.310、3本塁打、12盗塁、出塁率.491、OPS.1.027

 

2018年・Rookie & 1A & High-A(3階級)
50試合・打率.269、0本塁打、15盗塁、出塁率.333、OPS.694

 

2019年・High-A & 2A & 3A(3階級)
122試合・打率.328、32本塁打、36盗塁、出塁率.376、OPS.1.001

 


長期契約締結による囲い込みに成功した事で、意図的にFA権獲得を先延ばしする必要がなくなり、2020年シーズン開幕メンバー決定でしょう。

 

過去の事例検証

過去にマイナーリーグ選手との長期契約は、ルイス・ロバート選手を含めて5名存在しています。

 

詳細は、以下のリンク先にまとめていますので、チェックしてみて下さい。

 

 2015年のU-18世界大会で来日していましたが、記憶しているファンはどのくらいいるのだろうか。

 

www.baseball-cafe.com