野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【宮崎キャンプ・ソフトバンクホークス】甲子園から宮崎キャンプ地へフェリーで行ってみた

関西から宮崎まではフェリーに乗って行くことができます。キャンプ地巡りの日帰りコースだと、10,000円程度で往復できるのでお薦めです。


平日に休暇を取り、ソフトバンクホークス・宮崎キャンプ(生目の杜運動公園)へ行ってきた備忘録です。天気予報は雨。


ソフトバンクホークスの春季キャンプ・生目の杜運動公園へ

 

 

現時点(2020年)兵庫県から宮崎市へ向かう場合、「飛行機」「フェリー」の二つの方法があります。

 

「関西国際空港」「伊丹空港」のいづれの空港からでも、宮崎までアクセス可能です。関西国際空港からなら、格安航空会社LCCの「ピーチ」も飛んでいます。


ネットで検索しておき、価格や時刻を事前チェックしておくと良いでしょう。

 


直接「夜行バス」でアクセスする選択肢はありません。「夜行バス」の場合、福岡で乗り換えの必要があり、時間のロスも大きいようです。関西地区から宮崎キャンプへは「飛行機」「フェリー」の2択に絞られます。


私は「宮崎カーフェリー」の「2020プロ野球 春季キャンプ応援見学プラン」(日帰りコース)を利用しています。日帰り限定の10,000円のコースです。


詳細は「宮崎カーフェリー」ホームぺージの「旅行商品」コーナーで確認できますが、毎年1月中旬以降にならないとHPでの告知がされません。又、出発10日前までの申し込みが必要なのは難点です。

株式会社マリンエージェンシー(TEL:078-325-0505 )


神戸・三宮からフェーリーで宮崎へ

 ミント神戸からフェリー乗り場まで、路線バス(210円)もあるようですが、神戸三宮駅から徒歩15分強なので徒歩移動。神戸市役所から約10分弱南下したところにあります。


途中でコンビニに立ち寄り、夕食を購入しておきました。神戸フェリーターミナルの傍にも、コンビニがあります。


 

宮崎フェリー乗船

 利用したのが平日ということもあり、客室は空いており、広いスペースを確保できました。奥の壁側には電源コンセントもあり、携帯の充電も可能です。電源コンセントに拘らなければ、USBでの携帯電話充電コーナーも設置されています。


毛布・ベットパットも用意されており、風呂付きなのも嬉しいところです。相部屋だと思えば、快適ではないでしょうか。
乗客の半数は女性なので、女性にも安心なことでしょう。もちろん、女性専用エリアも設けられています。

 

当日はこのスペースを5名が利用しました。

 


料金追加すれば、個室や2段ベットの相部屋も確保できます。


宮崎カーフェリーの船内については、後日詳細投稿予定。
   

フェリーで宮崎港到着

 宮崎港には「キャンプ地行き臨時バス」の停留所があり、キャンプ地行きの時刻表が用意されています。1日1往復ですが、フェリーの出発・到着時間に合わせて時間設定がされており安心です。


2020年は、ソフトバンク・巨人・オリックスの3球団のみです。広島カープ・西武ライオンズのキャンプ地へは、宮崎駅から電車移動しなければなりません。

 

 乗車間違いがないよう、バスにはラッピングがされていますよ。さあ、キャンプ地へ向かいましょう!

 


アイビースタジアム(生目の杜運動公園)に向かう

 宮崎交通バスでは、交通系ICカード使用可能です。(icocaなど)

 

バスはJR宮崎駅を経由して、球場へ向かいます。宮崎港では乗客はほとんどいませんが、宮崎駅で多数乗り込んできます。平日にも関わらず満席になり、通路まで一杯になりました。天気予報も雨で、朝から既に雨が降っていたのに。土日・祝日は大混雑になるのは間違いなしでしょう。

 


アイビースタジアム(生目の杜運動公園)到着

 ソフトバンクホークス・宮崎キャンプは、1・2軍の練習場が隣接しているので、両方の見学が可能です。

 

朝から雨模様で天気予報も芳しくないので、アイビースタジアムでの練習は中止!!!


1軍メンバーは室内練習場での調整でしたが、見学希望者の列が100m程あったので、私は諦めました。

 

 

2軍選手はサブグラウンドで練習をしていたので、そちらを見学しましたが、見学エリアが限られており、見学環境は良くありませんでした。

 

雨の時はサブグラウンドに見学者が集中するので、雨天用の対策を講じて欲しいものです。事故やトラブルが起きてからでは遅いのでは。

 


ブルペンも見学可能ですが、こちらは入れ替え制で長蛇の列でしたので諦めました。

 


2軍投手の投球練習では扉を開けて、見学できるよう関係者の方が配慮してくれました。


一部選手がサインに応じていましたが、小さな子供さんのみでした。

 

 

13時頃には、屋外施設から選手が消えてしまってので、残念ながら退散。雨が降り始めたので、仕方がないところです。


バスで宮崎駅へ向かう

宮崎港行きのバスは一日1本しかありませんが、宮崎駅へは数本運行されています。


13:30発の宮崎駅行きに乗車。14時到着。

 


宮崎駅周辺で時間潰し

予定よりも早く退散したので、フェリーの時間まで時間が余りましたが、雨の中行ける所は限られています。


観光を巡るほどの時間はないので、宮崎駅から徒歩10分弱の銭湯「極楽湯」(590円)で時間を潰しました。

あまり広くない上、携帯の充電もできなかったので、お薦めするほどではないですね。約3時間居座って、宮崎駅へ向かいました。

 


 バスで宮崎港へ帰る

 バスは17:50発の1本しかありません。乗り遅れに注意しましょう。途中渋滞があったのでしょう、なかなかバスは来なかった。

 
総括

朝から小雨、午後から雨。天気予報も悪かったにも関わらず、多くの観客が来られていました。平日の雨でこれですから、土日の晴天時は見学の自由度低そうですね。


  

推奨

皆さんも宮崎キャンプを満喫してはいかがでしょうか。

キャンプ地は選手との距離が近く、満足感大きいですよ!

 

宿泊を予定する場合、 ホテル相場を事前に調べておき、比較・検討しておいた方が良いでしょう。

  

 他球団のキャンプ地も予定されるのであれば、レンタカーがあれば移動もスムーズです。

 スカイチケットレンタカー

 

それでは、キャンプ地見学を楽しんでみてください!

 

以上、宮崎キャンプでした。