野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【沖縄キャンプ】宜野座村営球場(阪神タイガース)へ路線バスで行ってみる

沖縄県内の路線バス網は充実しており、宜野座キャンプ地まで、路線バスや高速バスでのアクセスが可能です。 

2020年2月、沖縄キャンプ(かりゆしホテルズボールパーク宜野座)へ

関西から約2時間で沖縄に到着。
沖縄の2月は暖かく、冬衣装ではかなり暑いです。関西圏なら4月の気温ですね。

 
那覇市内からへ宜野座村営球場へ路線バスで移動

 

那覇バスターミナル(ゆいレール・旭橋駅前) を起点にすれば、各球団のキャンプ地へアクセスが可能です。那覇バスターミナルは、那覇市内の繁華街やホテル街から徒歩圏内で便利。


バスターミナルの案内所で、各キャンプ地への「ルート」や「バス時刻表」が用意されており、旅行者に大変優しい環境です。

 

宜野座村営球場の最寄りバス停は、「宜野座インターチェンジ」 or 「中央公民館前」になります。

 

那覇バスターミナルから

・路線バス(77番)
・高速バス(111番)

以上の2通りあるようですが、路線バス(77番)は2時間以上かかるようなので、高速バスでの移動が現実的ではないでしょうか。


名護市内から高速バスに乗車してみた

今回は名護市内で宿泊したので、「名護バスターミナル」から高速バスで移動しました。名護ー宜野座間は、高速バスよりも路線バスの方が時間がかかり、しかも値段も高いようなので高速バス(111番)を選択しました。


運賃は730円(2020年時点)。約20分で「宜野座インターチェンジ」に到着しています。


「名護バスターミナル」(名護BT)からキャンプ地へ

 「宜野座インターチェンジ」から宜野座村営球場までは、徒歩5分程度です。

 

・高速バスのバス停から、写真の方向へ直進しましょう。

 

・左折して博物館の方向へ行きましょう

 

・右折すると球場の外野後方へ出られます。

 

キャンプ見学を満喫

 

球場やブルペンなど各施設の見学スペースは狭く、阪神タイガースの人気度や集客率と比例していません。平日にも関わらず満員状態で、午後の練習試合では立ち見スペースがなくなる程の集客でした。

 

 

平日でこの見学状況ですから、土日だと思うような見学ができるのか不安になりました。個人的にはリピートなしです。

 

ブルペンの見学エリアは狭く、バッテリー間に壁があるので、視界が遮られます。

 

サブグラウンド


那覇市内(那覇空港を含む)へ戻る

「宜野座インターチェンジ」から高速バス(111番)で、那覇空港へ戻りました。

 

バスは那覇市街の「那覇バスターミナル」を経由するので、市内のホテルや「ゆいレール」へアクセスができます。


試合途中に退場して、15:21発のバスに乗るためにバス停へ向かいましたが、既に20名程度が並んでいました。高速バスの乗車は、早い者勝ちで予約もできません。次のバスに乗る余裕のない方は、早めに並んだ方が賢明なようですね。