野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

ドラフト会議を振り返る(1970年)

ドラフトの目玉は、島本講平(箕島高)・湯口敏彦(岐阜短大付属高)・佐伯和司(広陵高)の高校ビッグ3。当初の予想通り、指名順位上位3球団が指名しています。


結果的には大物選手が少ない、小粒なドラフトで終わりました。


第6回ドラフト会議(昭和45年)

第6回ドラフト会議が開催された1970年。ヤクルトの球団元年です。

 

セリーグでは、巨人が阪神の猛追を振り切り、2ゲーム差をつけて6連覇を達成。
パリーグでは、大毎からロッテに移って2年目での優勝。南海に10.5ゲーム離しての独走でした。


張本勲選手は、打率.383・34本塁打・100打点・16通塁の成績でしたが、MVPは21勝の木樽正明投手に輝いています。

 

それでは昭和45年11月9日に実施された、ドラフト会議を振り返ってみましょう。

指名順位:①南海 ②巨人 ③広島 ④大洋 ⑤東映 ⑥阪神 ⑦近鉄 ⑧ロッテ ⑨中日 ⑩西鉄 ⑪阪急 ⑫ヤクルト

 

6月発売予定の「野球帽大図鑑」。詳細は下のリンクからどうぞ。


各球団の指名状況

 

読売ジャイアンツ
ドラフトの目玉左腕・湯口敏彦投手が入団しましたが、入団3年目に20歳の若さで死去されています。早稲田大学進学でプロ入り拒否していた、大北敏博選手を入団させていますが、結局戦力にはなりませんでした。
3位で淡口憲治を指名していますが、他には誰も戦力となっていません。


阪神タイガース
社会人投手の谷村智博選手を1位指名しています。長くローテーション投手を務め、2桁勝利3回ですから1位指名の価値ありでしょう。他に戦力となった選手はいません。
 

大洋ホエールズ
戦力供給ができなかった外れドラフトでした。 1位指名の野口善男選手は、引退後にフロント入りして、「球団取締り」まで昇格しています。7位指名の芦岡俊明選手は入団拒否しています。

 

広島東洋カープ
1位指名は地元・広島の逸材・佐伯和司投手。他にも2位・永本裕章、5位・金城基泰各投手を獲得しています。高校生のみの重点指名でしたが、当たりドラフトと言えるでしょう。

当時としては、思い切ったドラフト戦略でしたが、成果大きかったですね。


中日ドラゴンズ
稲葉光雄、三沢淳、堂上照の3投手を入団させた、当たりドラフトと言えるでしょう。3名のうち2投手は100勝以上を記録しています。


ヤクルトアトムズ
2位で主力打者となる、若松勉選手を入団させています。
他にも山下慶徳(1位)・渡辺進(4位)・会田照夫(8位)・ 杉浦享(10位)各選手を指名しており、前年に続いて高い戦力供給を果たしています。悲願の初優勝の礎、ここにありでしょう。

12位の倉持明投手は入団拒否。

 


ロッテオリオンズ

1位指名の樋江井忠臣投手は、入団拒否しています。9名指名して入団が3名しかいません。入団した3名の合計出場数は、たった1試合です。大外れドラフトでした。5指名の奥江英幸投手にも、入団拒否されました。


2位指名の浜浦徹投手は、日米間で成立した初トレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍し、帰国後はライオンズでプレーしています。トレード入団したジョンソン選手は、ロペス選手の後釜にしては役不足で終わりました。

 

南海ホークス
1位指名の権利を行使して、地元の「甲子園アイドル」島本講平投手を入団させています。
他にも4位・池内豊、6位・黒田正宏、8位・柏原純一選手を指名した、当たりドラフトと評価したいところですが、島本・池内選手は南海では開花せず、柏原選手も中心選手となったのは移籍後です。
私的な評価としては、かなり低いです。

 

近鉄バファローズ
石渡茂選手が2位で入団しています。他に活躍して選手はおらず、全体としては可もなく不可もなくでしょうか。

 

阪急ブレーブス
2位指名で今井雄太郎を獲得しています。他選手は戦力とはなりませんでしたが、今井投手の最多勝2回の実績で、当たりドラフトと評価したいですね。7位の福間納投手は入団していません。

 

東映フライヤーズ
杉田久雄・皆川康夫両投手が100試合以上登板おり、可もなく不可もなくでしょうか。ただ戦力としては乏しいドラフトでした。
8位指名した佐々木恭介選手は指名拒否しています。


西鉄ライオンズ
1位・ 高橋二三男、2位・伊原春植(春樹)両選手が控えとしてプレイしています。戦力的には小さく、伊原春植氏のコーチとしての貢献と合算して、可もなく不可もなくの評価でしょうか。

 

総括

ヤクルトが大当たりドラフト。広島・中日も当たりドラフト。
全体的に戦力供給度の低い不作ドラフトで、レギュラー選手として長くチームに貢献した選手が、少ない年となりました。名球会レベルの輩出は、若松氏のみで終わりました。

 

以上、「ドラフト会議を振り返る(1970年)」でした。

www.baseball-cafe.com