野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【こんな選手!新来日外国人!】ブライアン・オグレディ外野手(西武ライオンズ)

西武ライオンズが,、契約を発表した「オグレディ」選手。

 

私の観戦経験がある選手でしたので、

どんな選手か経歴を紹介しておきます。

 

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

 

▼ 2016年10月22日の写真(筆者撮影)

 

新来日外国人選手 / Brian O'Grady

 

 

西武ライオンズが獲得した「オグレディ」選手。

 

右投げ左打ち

外野&一塁

 

現在29歳。

 

2014年のドラフト8巡目指名(全体245番目)

2019年8月にメジャーデビューしています

 

 

▼ 2022年の新来日外国人選手を、まとめています

 

 

 

オグレディ選手の経歴

・2014年6月、Cincinnati Redsと契約

Rookie級のBillings Mustangsに配属

 

 

・2015年4月、Dayton Dragonsに昇格

・2015年8月、Daytona Tortugasに昇格

早くもHigh-1A(当時4軍)まで、昇格しています。

 

・2016年、Daytona Tortugasで1年間プレイ

シーズンオフには「アリゾナ秋季リーグ」に選抜

 

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

 

▼ アリゾナ秋季リーグの動画

筆者が観戦した試合が、偶然アップされていた!

 

・2017年4月、Pensacola Blue Wahoos(2A)に昇格

 

・2018年7月、Louisville Bats(3A)に昇格

 

シーズンオフには、冬季リーグに参加しました。

10月、ドミニカ冬季リーグ

11月、メキシコ冬季リーグ

 

・2019年8月、メジャーリーグデビュー

 

・2019年11月、Tampa Bay Raysへトレード移籍

2020年シーズンは2試合のみ出場

 

・2020年11月、Tampa Bay Raysを解雇

 

・2021年、San Diego Padresと3Aでプレイ

今年の3Aは、打者有利な「Triple-A West」での成績です。

 

2021年の成績

3A
74試合、打率.281、15本塁打、46打点、出塁率.366、OPS .913

メジャー
32試合、打率.157、2本塁打、9打点、出塁率.267、OPS .600

 

 

▼ 日本とレベルの近い、3Aとメジャーの通算成績です

 

通算成績

3A
228試合、打率.284、51本塁打、152打点、出塁率.362、OPS .913

メジャー
62試合、打率.184、4本塁打、12打点、出塁率.283、OPS .671

  

選手としてのタイプ

▼ 2016年10月22日の写真(筆者撮影)

 

本塁打は2018年の28本が最高ですが、他の年は15本以下しか記録できていません。

ただ長打指標のISOは、2018年から2割超えと、かなり高い長打力を発揮しています。

 

「打席数に対して、長打の割合が高い」

 

四球率も高く、プロ入りしてから毎年高い数字を記録しています。

三振数も多い選手ですが、四球率も高いので、深いカウントまでボールを見てゆくのが、原因かもしれません。

 

守備位置は「外野兼一塁」

外野を主に守っていて、一塁での出場は少な目です。

守備力は平均的な数字がでています。

 

動画(メジャーリーグ・マイナーリーグ)

 

2019年(メジャー時代)

 

 

2021年(メジャー時代)

 

 

2021年(3A時代)

 

 

 

▼ 日本ハムファイターズの獲得が決定

www.baseball-cafe.com

 

2022年の展望

▼ 2016年10月22日の写真(筆者撮影)

 

外野手が固定できない上、長距離砲が右打者へ偏った戦力構成。

チーム事情にマッチした選択でしょう。

 

元々強打者が多いチームで、長打力を外国人に依存していません。

 

「当たれば儲けもの!」

そんな気持ちで、長い目で見て欲しいものです。

 

 

▼ 過去の来日外国人選手の2021年投手・打撃成績を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

www.baseball-cafe.com