野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【2022年最新】新来日外国人選手リスト(動画付き)/ プロ野球全12球団

2022年、日本のプロ野球で初めてプレイする「外国人選手」をリスト化しました。

契約してゆく毎に、更新してゆきます。

 

私がアメリカで現地観戦した「外国人選手」は、別記事で細かく紹介しています。

リンク先で確認してください。

 

新来日外国人を総まとめ / プロ野球全12球団

 

 

▼ 2021年の元・来日外国人選手の「海外での全成績」をまとめています

 

東京ヤクルトスワローズ

A・J・コール(A.J. Cole)

高校時代、全米代表チームに選出された「エリート選手」

 

Atheleticsから左腕エース・Gio Gonzalez投手獲得のため、トレードで放出しましたが、1年後にはトレードで呼び戻しています。

 

2017年までは先発投手として育成されました。
2018年のメジャー定着後は、リリーフ起用が主になっています。

 

リリーフでの三振率は高めだが、四死球は平均的。

 

長身から投げ下ろす直球・高速スライダー・カーブが武器

 

2016年の動画

 

 

2017年の動画

 

 

危険球退場シーン

 

 

メジャーリーグ初ホームラン

 

 

通算成績

3A
97試合、25勝21敗2セーブ、防御率4.16、415.1回、348三振、140四死球

メジャー
109試合、14勝10敗4セーブ、防御率4.51、205.1回、208三振、87四死球

 

 

阪神タイガース

アーロン・ウィルカーソン(Aaron Wilkerson)

 

先発専門の右投手。

2013年に独立リーグから、プロキャリアをスタートさせた選手。

 

アメリカ4大「独立リーグ」ではない、あの低レベルな「United league」からスタート。9勝1敗の圧倒的な成績を残して、「American Association」「Frontier League」経由で、2014年にRedSox傘下のLow-1Aに配属。

 

2015年のSalem時代(1A)に、ガンケル投手と1週間程度、チームメイトであった経験がある。マイナー時代は同じ球団傘下であったが、すれ違いになっている。

 

2017年にメジャーデビュー

 

メジャーリーグでホームランを打った実績はあるが、マイナーリーグの通算打撃成績は、打率.132で打撃に期待できるほどではない。

 

・2016年、Portland時代に広島の新外国人投手「Nik Turley投手」とチームメイトだった。

 

・2018年、Cororado Springs時代、ザガースキー(元・横浜)とチームメイト。

 

・2019年のSan Antonio時代、ジャクソン(元・広島)・スパンジェンバーグ(元・西武)とチームメイト。

 

 

▼ 2021年の3Aの試合動画

バント処理の守備シーンもあり。

先頭打者はボーア選手(阪神)、一塁手はラベロ選手(オリックス)

この試合は4回5安打4失点で、敗戦投手。

 

▼ 2019年の3Aの試合動画

ラベロ選手(オリックス)との対戦あり(2分20秒地点)

5.2回を3安打8三振の無失点で、勝利投手

 

メジャーリーグ・初ホームラン

 

 

通算成績

3A
75試合、26勝20敗、防御率4.11、363.1回、378三振、118四死球

メジャー
14試合、1勝1敗、防御率6.88、35.1回、28三振、14四死球

 

広島東洋カープ

ライアン・マクブルーム(Ryan McBroom)

外野手&一塁手の右打者です。

外野手での出場が多い。

 

長打力がある割に、流し打ちも多い打者です。

 

▼ 動画は下の記事にまとめています

 

 

3A
328試合、打率.290、69本塁打、200打点、出塁率.361、OPS .878

メジャー
66試合、打率.268、6本塁打、16打点、出塁率.322、OPS .749

  

 

ニック・ターリー(Nik Turley)

サイド気味に投げる左投手。

先発としてプレイしていましたが、最近の2年間はリリーフ専門

 

日本人にはいない投球タイプで、カーブとスライダーが武器

 

佐々岡監督はリリーフ起用を明言

 

▼ 動画は下の記事にまとめています

 

通算成績

3A
94試合、18勝19敗、防御率4.12、279.2回、272三振、153四死球

メジャー
35試合、0勝敗、防御率7.78、39.1回、33三振、24四死球

  

横浜DeNAベイスターズ

ブルックス・クリスキー(Brooks Kriske)

リリーフ専門の右投手。

 

プロとしての経験は4年しかなく、しかも2020年はコロナ感染による「短縮シーズン」のため、4試合しか登板していない。(実質3年のキャリア)

 

3A以上での登板は、通算34イニングのみ。

 

高い奪三振率だが、制球に難があり、勝ちパターンの試合での起用には不安が大きい。

 

Yankees時代に暴投を4連発して、逆転サヨナラ負けを喫した試合が有名。

 

キャリアの浅さを考えると、将来に期待しての獲得が想像される。

 

 

2016年のマイナー時代

 

 

1イニング4暴投で「逆転サヨナラ負け」

 

 

 

通算成績

3A
25試合、1勝1敗1S、防御率3.68、29.1回、43三振、15四死球

メジャー
16試合、2勝1敗、防御率14.40、15回、19三振、14四死球

  

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

ホセ・マルモレホス(Jose Marmolejos)

左打ちの「外野手&一塁手」

 

マイナーリーグでの通算出塁率が、.360を超える「高い選球眼」を誇る選手。
長打力のある「二塁打量産型」の打者。

打球方向も広角に打ち分けています。

 

2021年は3Aで長打力を発揮していますが、打者天国の「TripleA-West」でも成績なので、当てにはできません。

 

左打者に極端に偏った「打線構成」を考えると、どれだけチャンスがもらえるのでしょうか。

 

2018年の3A時代、ヘイグ(元・阪神)とチームメイトであった。

 

 

 

 

 

3A通算
314試合、打率.300、50本塁打、195打点、出塁率.367、OPS .868

メジャー通算
76試合、打率.183、10本塁打、30打点、出塁率.262、OPS .623

  

 

北海道日本ハムファイターズ

レナート・ヌニェス(Renato Nunez)

一塁手&DHの右打者

元々は「三塁手」でしたが、近年は三塁を守っていません。

 

引っ張り傾向が強い、長距離砲です。

メジャーで32本塁打を打った経験があります。

 

▼ 動画は下の記事にまとめています


 

3A通算:412試合、打率.253、81本塁打、250打点、出塁率.322、OPS .793

MLB通算:307試合、打率.245、56本塁打、154打点、出塁率.308、OPS .760

 

コディ・ポンセ(Cody Ponce)

右の先発投手

 

近年は先発とリリーフを兼用している。

先発投手としては、三振率は平均的な数字を残している。

 

日本の報道では、カッターを中心としているとある

 

私が観戦した2017年は、カーブとスライダーを投げていた。

 

▼ 動画は下のリンク先にまとめています

www.baseball-cafe.com

 

埼玉西武ライオンズ

ディートリック・エンス(Dietrich Enns)

 

先発&リリーフの「左投手」

 

リリーフ投手として入団するも、2015年からは先発投手として育成。

 

奪三振率はやや高め

 

2016年の動画

 

 

 

通算成績

3A
85試合、32勝24敗2セーブ、防御率4.26、393回、336三振、154四死球

メジャー
11試合、2勝0敗2セーブ、防御率3.42、26.1回、27三振、7四死球

  

 

ブライアン・オグレディ(Brian O'Grady)

右投げ・左打ちの「外野手&一塁手」

ホームラン打者ではありませんが、長打指標は高い打者です。

 

三振は多めで、四死球も多い傾向があります。

 

▼ 動画は下の記事に、まとめています

 

通算成績

3A
228試合、打率.284、51本塁打、152打点、出塁率.362、OPS .913

メジャー
62試合、打率.184、4本塁打、12打点、出塁率.283、OPS .671