野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

「NiziU」の縄跳びダンスでダイエットに励むが効果がでない野球オヤジが振り返る/ 2020年プロ野球回顧録(8月21日~8月31日)

 「Make you happy」が公開され、海外でも社会現象となりつつある、縄跳びダンス。ソニーミュージックとJYPの合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」、1万人の中から選ばれた9人組です。グローバルガールズグループ、NiziU(ニジュー)。

 

野球界からも、海外で活躍する日本人打者が、新たに出現して欲しいところですが、筒香・秋山選手は打率2割を下回る低打率に喘いでいます。

 

  

2020年プロ野球回顧録(8月21日~8月31日)

  

コロナ感染拡大による活動中止。アピールの場を失った高校生の救済目的で、史上初めて「ショーケース」が開催されています。8月は西日本を対象として甲子園球場で実施され、9月は東日本を対象とし東京ドームで開催予定です。

 

 

 

8月21日

 

新型コロナウイルス感染予防ガイドラインを改定

日本野球機構は、マスクを外した際の会話や掛け声などを控える記述を加えて、マスク着用の重要性を強調した。
上限5000人の観客数については、政府の指針に従うとしている。
井原敦事務局長は「政府の方針が変われば、その範囲内で動く。各球団の判断になる」とコメント。

 

中嶋聡監督代行(オリックス)、白星発進

アダム・ジョーンズ外野手の本塁打を含む3打点を守り、初陣に勝利した。チームの連敗を4で止めた。
先発の山崎福也投手は7回2安打1失点の好投で、抑えのディクソン投手が締めくくった。


藤浪晋太郎投手(阪神)、692日ぶりの白星

神宮球場でののヤクルト戦で、6回1/3を6安打4失点の投球で、自らの先制タイムリーを守り切り勝利した。
2回1死満塁で、三塁への内野安打で、チーム38イニングぶりの得点を挙げている。

2018年5月24日撮影

 

 

8月22日

 

村田兆治氏の始球式、スタンドが沸き立つ

「70周年チャンピオンシリーズ」の企画として、村田兆治氏が2年ぶりの始球式に登板。70歳にも関わらず、往年の投球フォームから球速112キロを投じている。
NPB公式戦始球式は2018年8月以来。63歳だった2013年には135キロを記録。

始球式でこれだけ注目度が高い、元プロ野球選手は唯一でしょう。しかも興味の多くが、スピードガン表示

1995年5月3日撮影

 

www.baseball-cafe.com

 

中田翔内野手(日本ハム)、両リーグ20号一番乗り

札幌ドームでの楽天戦で本塁打を放ち、自身3年連続の20号本塁打となった。
セパ最速20号本塁打達成は、2015年以来で自身2度目の両リーグ20号一番乗りである。

久しぶりの本塁打量産態勢。今年はタイトル獲得なるか

 

 

8月23日

 

大嶺祐太投手(ロッテ)、支配下選手契約

ロッテが大嶺祐太投手と、支配下選手契約を結んだと発表した。新背番号は64。
昨年1月に右肘のじん帯再建手術を行い、育成選手契約を結んでいた。
通算119試合、28勝33敗、防御率4・65。

キャンプ地を鹿児島から石垣島へ移転させてまでして、入団にこぎつけた元大物新人投手。同期の田中将大・前田健太投手と、かなり差がついてしまった

 

 

8月24日

 

川崎宗則内野手(元・ソフトバンク)、独立リーグの練習参加

ルートインBCリーグ・栃木の練習に参加した。
昨年7月から台湾プロ野球の味全で選手兼客員コーチを務めていたが、今季はどの球団にも属していない。
本人は判断材料に「餃子が美味しいかどうか」と答えている


「甲子園球場マウンド投球イベント」開催を発表

阪神タイガースは、9月26日、27日の2日間、ファン参加の体験型企画を発表した。


・参加者の名前をウグイス嬢がアナウンス
・甲子園のマウンドに上がって投球できる
・プロのカメラマンが撮影した投球写真の購入も可能

応募は、甲子園歴史館のホームページから行える

https://koshien-rekishikan.hanshin.co.jp/system/news_topics/detail/663

 

 

8月25日


山本由伸(オリックス)、25イニング連続奪三振

ペイペイドーム(vsソフトバンク)の3回にグラシアル選手から三振を奪い、7月26日楽天戦の3回から始まった連続イニング奪三振を、25イニング連続まで伸ばした。。
過去の日本人投手最長となる23イニングを、2イニング上まっている。

日本記録はサファテ投手(ソフトバンク)が2015年に記録した「43」。

 

 

8月26日


涌井投手、開幕9連勝ならず

楽天生命パーク(vsロッテ)で、7回を3安打2失点9奪三振の熱投虚しく、チームは完封負けとなり、今シーズン初の敗戦投手となった。
昨年7月31日、オリックス戦以来の黒星。


山田哲人(ヤクルト)、令和2000号メモリアルアーチ

神宮球場での巨人戦で、今季5号本塁打を放ち、これが令和2000号のメモリアルアーチとなった。
令和100号も山田哲人が記録している。令和1号は昨年5月1日に、坂本勇人選手(巨人)が記録。

今年はFA権を獲得予定。勝負の年に関わらず、苦戦続きです

 

中村剛也選手(西武)、プロ通算1500安打を達成

メットライフドーム(vs日本ハム)で、杉浦投手から3塁内野安打で、通算1500安打を達成している。

  


8月27日

 

福嶋一雄氏、89歳にて死去

小倉中(現小倉高)のエースとして、夏の甲子園大会2連覇を果たした福嶋一雄氏、十二指腸がんのため北九州市内の病院で亡くなった。


甲子園大会に計7度出場。1947年夏の甲子園で九州勢初の優勝を果たし、1948年夏は史上2人目の全5試合完封での連覇を果たしている。

1949年夏の準々決勝で倉敷工に敗れて、バックネット前の土をひと握りつかんだ。大会関係者から「君のポケットに入ったその土には全てが詰まっている」という手紙をもらい、甲子園の土を初めて持ち帰った球児として知られる。

2013年に野球殿堂入り。

 

  

8月28日

 

川崎宗則選手(元ソフトバンク)、独立リーグと契約

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは、川崎宗則内野手と選手契約に合意したと発表した。


契約期間は9月1日からで、背番号は「52」。8月24日から27日まで、練習に参加していた。

2017年4月12日撮影

 

阪神・オリックス、交換トレード成立


阪神・飯田優也投手とオリックス・小林慶祐投手との、交換トレードが発表された。

 

今季の成績は、

飯田優也投手は1軍登板なし、

小林慶祐投手は7試合に登板

2019年6月19日撮影

このレベルの中堅選手が、移籍をスムーズにできるようになれば良いのですが、日本は諸事情もあり、なかなか実現しませんねえ

 

益田直也投手、通算500試合登板

 

京セラドームで通算500試合登板を達成した。プロ野球102人目、球団史上5人目となる。初登板は2012年3月30日の楽天戦。

 

1試合に2度も「振り逃げ」

松原聖弥選手(巨人)が、東京ドームでの中日戦に出場し、2度の「振り逃げ」を記録した。


初回、松葉投手から空振り三振を喫するのも暴投

9回、マルティネス投手から空振り三振をしたが、郡司捕手が捕逸して出塁

 

チャドウィック・ボーズマン氏が死去(Chadwick Boseman)

2013年に「42~世界を変えた男」で、ジャッキー・ロビンソン選手役を演じた、チャドウィック・ボーズマン氏が、43歳の若さで亡くなった。
2016年、ステージ3の大腸癌(結腸癌)と診断され闘病生活を続けていたが、ジャッキー・ロビンソンの功績を讃えるジャッキー・ロビンソン・デーであった28日、帰らぬ人となった。

この映画は、是非鑑賞しておくべきです!!

 

 


8月29日

 

プロ志望高校生合同練習会スタート

西日本エリアからプロ志望の高校生77人が参加。

選手は自校ユニホームではなく、背番号と胸番号がついたシャツを着用して、ノック・打撃練習を行った。

 

www.baseball-cafe.com

 

 

 8月29日

 

プロ志望高校生合同練習会、終了

実戦形式のシート打撃を行うなど、甲子園球場でのスカウトへのアピールの機会を、無事に終えた。

残念ながら、15時過ぎから激しい雷雨が襲い、5投手が室内練習場に場所を移しての、実戦投球となった。

 

 

8月30日


ソフトバンク、渡辺雄大投手を支配下登録

育成3年目の渡辺雄大投手と、支配下選手契約を結んだことを発表した。
年俸は600万円。背番号「48」。
BC新潟から26歳で入団し、3年目を迎えた今シーズンは、2軍戦で11試合に登板し、無失点と続けていた。

 

17年育成ドラフト組では、大竹、周東、尾形、リチャード各選手、6人中5人が支配下選手契約を結んだことになる。

2020年2月7日撮影

 

阪神タイガース、藤川球児投手の引退を発表

藤川球児投手から現役引退の申し入れがあり、了承したことを発表した。今シーズン、11登板、防御率7・20。

「8月中旬に、今シーズン限りでの引退の申し出があった」と、電話で申し出があったことを明かした。


「1年間、コンディションを保つのが難しい。体が悲鳴を上げている。チームに迷惑を掛けている」という言葉があったことも明かした。

「野球人生についてまったく悔い、後悔はないということでしたけど、今シーズンを諦めたというわけじゃまったくなくて、9月中を目指して、チームの戦力を目指して仕上げていっている」と現状を説明。


8月13日、コンディション不良で出場選手登録を抹消されてからは、2軍での登板も行っていない。日米通算250セーブの達成まで、あと5セーブと迫っている。

お疲れ様でした。今シーズンの復帰登板も諦めていないようです

2019年4月23日撮影

 

本職の介護ブログも宜しくお願い致します

          ↓↓↓↓

      老人ホームの選び方

 

       介護職への転職について

www.careismylife.com