野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

背番号「3」の系譜

巨人軍の背番号「3」

「巨人軍の背番号3と言えば?」の質問に、「長嶋茂雄」としか答えない現状。
巨人ファンのみにあらず、野球ファン全体でも、ほぼ100%の方が「長嶋茂雄」としか答えないと想像します。メディアを含めた野球に関わる者も、皆同じだろう。

これがプロ野球界の実情です。ミスタープロ野球と称しても過言ではない、長嶋茂雄氏の偉大さが、そう答えさせる理由でしょう。

 


3名の野球殿堂入り選手

実は巨人軍の背番号「3」は、3名の野球殿堂入り選手が背負った番号。(初代三冠王・中島治康、名二塁手・千葉茂、ミスタープロ野球・長嶋茂雄)。
長嶋茂雄氏の前に、既に二人の偉大な前任者が居たという事です。
長嶋茂雄氏に背番号「3」を与える際、前任者の千葉茂氏にお伺いを立てたと言われる程で、巨人軍の「3」は球界でも偉大な番号なんです。

 
「猛牛」千葉茂

長嶋茂雄氏の前任者である、千葉茂氏にも有名な逸話が数々ありまして、
近鉄パールズ監督就任の際、チーム名を現役時代のニックネーム「猛牛」から拝借し「バファロー」に改名。後に「バファローズ」となり、今もオリックス・バファローズに引き継がれています。
今に例えるなら、松井秀喜氏が巨人監督になって「読売ゴジラ」にチーム名が変更するようなものでしょう。

巨人・近鉄・オリックスのファンは、知って然るべき、野球殿堂入り選手な訳です。

この千葉茂氏、「カツカレー」の発案者であることも、付け加えておきましょう。

  

敢えて、巨人軍「3」に近い背番号を探すとなると、阪神タイガースの「6」になるんですかね。
(景浦 將、田宮 謙次郎、真田 重蔵、小山 正明、藤田 平、和田 豊、金本 知憲)

この背番号もかなり凄いです。

写真は、1995年11月11日に甲子園球場で撮影しました。

 

ガン検診

www.baseball-cafe.com