野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【プロ野球】監督が勇退すべき年齢とは / 歴代最高年齢は87歳(コニー・マック氏)

知力・統率力と同じく、気力・体力も必要な監督業。

 

「人間が絶対に勝てないものは、時代と年齢」と、語っていた野村克也氏でさえ、最期まで、監督復帰を希望していました。

 

監督の適齢とは、いつまでなのでしょうか。

 

大御所監督の勇退からみる、監督の適齢期と寿命 / プロ野球・メジャーリーグ

 

大きな実績・功績を残した、日米の監督を振り返ってみましょう。

 

 

メジャーリーグの最高齢監督・Connie Mack氏

2011年、Jack McKeon監督が、80歳で監督復帰就任しています。これはメジャーリーグに於ける、歴代3位の高齢監督が誕生したことになります。

 

最高齢監督は、1950年に「Philadelphia Athletics」で監督業を終えた、コニー・マック(Connie Mack)氏。退任時は、87歳でした。

87歳まで通算53シーズンも監督を続け、監督の通算最高記録を独占状態です。

 

監督通算成績:7755試合、3731勝、3948敗

 

監督の成績は、リンク先を参考にして下さい。

         ↓↓↓↓

https://www.baseball-reference.com/managers/mackco01.shtml


驚愕の数字ですが、オーナー兼任監督であったと補足しておきます。

オーナーであるが故、解雇されることがなかったので、通算成績は積み上がり続けるわけです。

 

日本プロ野球界 / 大御所監督の勇退(川上哲治・鶴岡一人)

 

川上哲治氏は54歳、鶴岡一人氏は52歳

 

昭和を代表する、大御所監督勇退時の年齢です。

 

今や、60歳代での監督就任は珍しくもなく、時代の移り変わりを感じます。読売ジャイアンツの原辰徳監督は、60歳で監督復帰を果たした。

 

私が子供の頃に見た川上監督は、かなり「お爺さん」に思えたが、今や私はその年齢に差し掛かっています。

 

 

人類の平均寿命と同じく、人の気力・体力が伸びているという事か。それとも人材難の時代なのか、意見分かれるところでしょう。昔は監督デビュー自体が、早すぎたのかも知れません。

 

現役引退→即監督就任なんてパターンも、平成に入ってからは激減しています。(直近では井口・高橋由伸氏くらいでしょうか)。


「選手兼任監督」も復活なるかと思われたが、成功例が少ないとの事で、谷繁氏を最後に、採用に踏み切る球団は暫く途絶えそうだ。

 


53歳は「老いぼれ」監督

平成初期、53歳で自らを「老いぼれスキッパー」と称し、監督業から退いた上田利治監督(阪急ブレーブス)。


今では53歳を、監督として「老いぼれ」と表現するのは無理があり、監督勇退するのにも、53歳は年齢としては早いと感じる時代となった。


そんな上田利治氏も、58歳で日本ハム監督復帰済みなのだが。

 

 

令和の現在に於いては、53歳での「監督就任」が、適齢と感じられるだろう。これも時代の移り変わりか。

 

令和の新監督・与田剛(中日)・佐々岡真司(広島)両氏は、就任時の年齢が53歳に近かった。

 


写真は1988年11月9日に、甲子園球場で撮影しました。

 

結論

野村克也氏曰く「監督の年齢に制限はない」

健康体を維持できれば、監督勇退の必要はないと考えるのが、妥当でしょうか。

 

監督が勇退すべき基準は、年齢ではなく、時の体調次第であると言えるでしょう。

勿論、能力・求心力は当然の条件です。

 

因みに、野村克也氏の勇退時の年齢は、「74歳」。

 

 

他業種でも同様で、定年後の再就職においても、健康維持に努めていれば、おのずと道は開ける筈ですよね。

 

50歳代の私は、将来に備えて取り組み中です。

2019年、会社の健康診断でピロリ菌が発見されました。ピロリ菌は胃がんの危険因子との事でした。胃カメラ検査でも同様の検査結果で、服薬治療を受けました。早期発見により、現在も健康を維持できています。

 

ガン検診