野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

プロ野球界に期待する、転売行為への対応 / チケット・直筆サイン

行く気のないチケット買い占め、善意を換金するサイン転売。
希望者の手元に届けるには、どんな方法が最良なのでしょうか。

禁止するより「儲からないシステム」の考案・取り組みを期待

 

 

www.baseball-cafe.com

チケット

国会までが動きだした、チケット転売問題。


利益目的の売り手が、観戦希望者の正規購入機会を妨げるのが問題化し、2020年東京オリンピックに向け法整備がされています。反社会的勢力の資金源となっているのも問題。

 

「平日の定価割れ」という恩恵を受ける私には、嬉しい転売システム。

且つ、人気カードのチケット争奪戦に加わる知恵も時間もなく、ファンクラブ未加入の私には維持して欲しい制度です。

 

転売の上限額(10%アップ程度)を記載しておいて、超過取引には売り手・買い手の両者を罰する事で防げないだろうか。所用で空席のままなのも勿体ない。

 


「転売しても儲からないシステム」にすれば、観戦する気がない購入者が現れることもなく、観戦希望者のみが購入できる状況にならないだろうか。

 

 

アメリカには合法的な転売組織があり、メジャーリーグと提携して転売を推奨していますが、手数料が高過ぎて、買い手としてはツライ。
日本は手軽に売り買いできる環境作りを望みたいものです。

 

下のリンク先が、メジャーリーグ公式転売サイト。メジャーリーグ観戦の際には、利用する価値ありです。

        ↓↓↓↓


直筆サイン

球団が自粛を求める、サイン転売。善意を金銭に替える不貞に、批判が集まっています。

 


チケット転売と同じく、転売自体を禁止するのではなく、「転売しても儲からないシステム」構築を目指してはどうだろう。

 

 

球団・選手が一体となって、安価な公式直筆サイングッズを定期供給してゆけば、ファンが「真偽不明なサイン」を購入することも減り、転売者も儲からなくなると思うのだが。
ファンにとって「印刷サイングッズ」は、欲求を満たすレベルではないし、「公式直筆サイングッズ」は高価で、生産数も少ないのが現状だ。

 

祖父が集めた骨董品を売る遺族同様、没後に破棄せず、希望者に安価で引き取ってもらう道は、残しておいて欲しいものです。

 

折角頂いたサインも、棺に入れるより、他の誰かに委ねたい

 

写真は1988年10月15日に、大阪球場で撮影しました。
サインは1998年3月に、杉浦忠氏から甲子園球場で頂きました。

 

www.baseball-cafe.com