野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

「打撃の神様」「赤バット」

川上哲治氏(巨人)

 

投高打低の時代にも関わらず、通算安打数は2351本。第二次世界大戦の兵役がなければ、3000本安打を達成したであろう川上哲治氏(巨人)。

通常の打者が全盛期を迎える、20歳代の5年間(1942-46)で僅か158安打しか記録できていません。もし戦争がなければ、通算3100本安打を超えた可能性もあった。張本勲氏の3085安打を上回り、歴代1位に君臨していた事となる。

もしそうなれば張本氏は、もう1年現役を続けただろうが。


バット素材は良くなく、打者のヘルメットも存在しなかった、当時の野球環境からすると、イチロー選手に並びうるヒットメーカーと称しても過言ではないでしょう。

世間の抱く川上氏のイメージはと言うと、「不滅のV9」(9年連続日本シリーズ制覇)の印象が強すぎて、選手時代の実績にはあまり触れられません。
テレビ番組「プロ野球総選挙」の選手部門ではベスト10にも入らないが、、現役時を知っているファンは極僅かなので仕方がないことだ。

川上氏はキャリアの前半を投手・打者兼任で出場しており、投手でも通算11勝を挙げています。
投手としての成績は、初代・ミスタータイガースの藤村富美男氏(34勝)に及ばず。

監督としても大きな功績を残し、14年間で11度の日本シリーズ制覇と、選手と監督の両方で成功されています。これは野村克也氏を凌駕する成績だ。

野村克也氏の著書にも、常に取り上げられる監督としての実績は揺るぎないものだが、近いうちには監督としての実績も語られなくなる時代がやってくるんでしょう。

昭和の時代には、野球に関する歴史や功績高い選手を紹介する雑誌が頻繁に発行されたものだが、平成に入りその手の雑誌もあまり見かけなくなった気がします。
紙の媒体自体が衰退しつつある事も、理由の一つだろうか。

 

野球界の表舞台から退かれてからは、ゴルフ三昧で健康を維持され、2013年10月28日に93歳でお亡くなりになられています。
50歳代の私も、川上哲治氏にあやかり、健康維持に努めなければなりません。

 

ガン検診

 

50歳以下の野球ファンからすると、「NHK解説者」「野球教室」が印象深いが、これも気づけば昭和の番組。
「来たよチョウさん、待ってたドン」なんて物真似、誰も覚えてないかな。

写真は1995年11月11日に、甲子園球場で撮影しました。
現役時代は「赤バット」で有名であったが、晩年は「金属バット」。これもOB戦のご愛敬。

www.baseball-cafe.com