野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

数億円を手放した、球場アルバイト

本塁打狂騒曲

当時は難攻不落な記録と思われていた、シーズン61本塁打。1990年にフィルダー選手(元・阪神)が13年ぶりに50本達成してから、記録更新が期待されながらも実現しなかった記録でした。

日本のワイドショーでも頻繁に取り上げられ、メジャーリーグに関心がない主婦層にすら、McGwire&Sosaの本塁打争いが認知されていた1998年。まさしく「本塁打狂騒曲」。記録は遂に破られ全米が騒然したものです。後に薬物使用が発覚して、一大パッシングへと展開したが。

62本目の本塁打ボールを拾った、球場アルバイト青年(Tim Forneris氏)。
オークションに出品すれば億単位の落札は間違いなく、大金を手にチャンスであったが、快く返却して地元ヒーローとして人気を博しました。
シーズン記録となった70号本塁打ボールは、270万ドル(約3億円)で落札された。

  

 

 

適切な行動で今は
これは賢明な選択で、大金を手にしても、嫌がれせや身の危険を感じながらの不自由な生活を覚悟しなければならず、お金を要求する輩も多く現れただろう。
元プロ選手が陥る、投資の失敗や散財の繰り返しによる破産も考えられる。

現在、彼は弁護士として活動されています。当時の「誠意ある好青年」の印象は、今の弁護士活動にも好影響を与えていると思われます。
一時的な数億円より、継続性ある生活の安定。そんなところでしょうか。


写真は1999年8月17日に、St.Louisで撮影しました。

日給$40でグランドクルーのアルバイトをしていた青年、Tim Forneris氏。新記録の本塁打ボールを快く返却した事も美談。地元のヒーロー扱いであった彼は、連日の記念撮影やサイン依頼に、誰よりも早くグランドに姿を現し、丁寧に応えていたものです。

「McGwireと一緒に寄せ書きするのは、初めてだよ!」と言っていたが、「ほんまかいな?」。
これも彼の人柄でしょう。

www.baseball-cafe.com