野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

令和プロ野球界、最初の流行

フェースガード「C―FLAP」

ヘルメットに装着したフェースガード。正式名称は「C-Flap」で、St. Louisに本社に置く「MARKWORT社」の製品になります。
メジャーリーグで顔面死球を受けた選手が、復帰後に応急処置としてヘルメットに取り付けたのが、キッカケでした。
送球や牽制球から顔を守ることもでき、不可避な状況での故障を回避できる利点がある。
「C-Flap」呼ばれる特製パーツを、顔の輪郭に合わせて角度を調整しながら手作業で装着するようですが、何れは日本のメーカーが一体型を生産すると思われますよね。

今年の巨人軍は原監督の意向もあり、キャンプの打撃練習で多くの選手が使用していましたが、他球団も同様で大きな広がりを見せています。
これは一時的な流行りで終わりそうな気配なく、令和を起源とした常識の始まりだと思われます。

写真は2019年2月15日に、沖縄セルラースタジアムで撮影しました。

 

www.baseball-cafe.com

 

1979年、既に日本プロ野球で採用

我々昭和親父からすると、近鉄時代のマニエル選手が使用していたこともあり、特に新鮮味もなく驚きもなかった。
あれはアメリカンフットボールの改良型だったが、強度はどうだったのだろう。

 

 

アメリカでバットボーイも ?!

日本にも積極導入傾向にあるフェースガードだが、米国マイナーリーグではフルフェースのヘルメットを着用する、バットボーイも見かけるようになりました。
現時点では稀な存在であるが、これもいずれ日本で導入されることはあるのだろうか?
バットボーイではなく、打者が装着したりして(笑)

 

写真は2019年5月17日に、Burlington(1A)で撮影しました。

www.baseball-cafe.com