野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

【沖縄キャンプ / 横浜DeNA】宜野湾市立野球場へ路線バスで行ってみた

横浜ベイスターズの沖縄キャンプ地(宜野湾球場)までは、那覇市内から「路線バス」でアクセスできます。

 

ここでは、「路線バス」で行く方法を、私の体験を元に紹介してゆきます。

 

最後まで読んでみて、予備知識としておきましょう。

 

沖縄県内の路線バス網は充実しており、全てのプロ野球「キャンプ地」まで、地元の路線バスでアクセスが可能です。

 

横浜DeNAベイスターズ / 那覇市内からアトムホームスタジアムへのアクセス

 

横浜ベイスターズの沖縄キャンプ地は、「宜野座市立野球場」(アトムホームスタジアム)です。

 

那覇市内でホテル宿泊して、路線バスでアクセスできます。

 

 

 

 

関西から約2時間で、沖縄に到着。


沖縄の2月は暖かく、冬衣装ではかなり暑いです。

関西圏なら、4月の気温ですね。

 

宜野湾市立野球場へのアクセス方法

 

那覇市内から「宜野座市立野球場」まで、路線バスで行けます。

 

那覇市内のバス停

 

「那覇バスターミナル」(ゆいレール・旭橋駅前) から、路線バスに乗車できます。

他のキャンプ地へも、那覇バスターミナルから行けます。

 


バスターミナルの案内所で、

各キャンプ地への「ルート」や「バス時刻表」が、用意されていました。

 

乗車する路線バス

 

・32番

・43番

 

2つの路線バスを利用すれば、約45分で球場に到着できます。

 

・55番

・99番

 

以上でもアクセス可能ですが、1時間以上かかるようです。

 

案内所で確認してから向かいましょう。

 

バス運賃は530円(2018年時点)。

 

下車するバス停

 

・宜野湾市営球場前

・コンベンションセンター前

 

那覇市内へ帰る際には、「宜野湾市営球場前」にバス停はありません。

「コンベンションセンター前」の一択になります。

 

下の写真は、「宜野座市営球場前」バス停留所の近くにある、球場入り口前の門です。

 

国道に面しており、目印になります。

 

門から2~3分歩けば、球場に到着。

 


キャンプ見学を満喫

球場やブルペンなど、練習施設は徒歩移動。


屋台やフードトラックが、たくさん出店。

飲食に困ることはないですね。

 

 

私が訪問した日は、

・午前は練習

・午後は練習試合

 

練習試合は、入場無料でした。

 

 

最前列で観戦可能。

 

・自由度が高い

・最前列まで行ける

 

写真撮影が簡単!!

 

 

1軍主力選手を、この距離から撮影できるなんて、公式戦チケットならいくら必要なんでしょう?

 

お得感大きいです!!

 

今、横浜スタジアムのチケットは、大争奪戦への参加が必要です。

キャンプなら、争奪戦に勝ち抜く必要もありません。

 

お勧め!!

横浜スタジアムのチケット入手なら、先行販売で早めにゲットしましょう!!

 

・ JCBベイスターズカード

 

カード会員には特典があります。

 

・先行販売

公式戦またはJCB協賛試合へ抽選でご招待!

 

ファンクラブ特典と併用して、争奪戦を勝ち抜ける「裏技」です!!

 


試合後は、居残り練習。

最後まで、見学可能でした。

 

 

練習後の選手は、球場前の「ラグナガーデンホテル」まで徒歩移動。

 

ファンの人達が、お見送りをしていました。

 

キャンプは、選手との距離が近い!!

魅力ありですよ!!

 


那覇市内へ戻るアクセス方法

那覇市内から来たルートを、逆走になります。

 

値段や道順は同じですが、

帰りは国道の渋滞が激しく、那覇市内までかなり時間がかかりました。


トイレは、事前に済ませておきましょう

 

 

アドバイス / 沖縄キャンプ巡り

 

野球ファンのあなたには、沖縄キャンプをおすすめします。
選手との距離が近く、満足感大きいですよ!

 

レギュラーシーズンでは、チケット争奪戦や高いチケット料金が必要です。

 

沖縄キャンプなら、値段も安く、自由度も高い。

お得感満載です!!

 

ホテル

横浜ベイスターズのキャンプ地「宜野湾市営球場」へは、那覇市内から簡単にアクセスできます。

  

・ じゃらんnet

 

航空券

沖縄・那覇空港までは、格安航空会社(LCC)もあり、選択肢が多いです。

 

検索サイトを利用すると、比較ができて便利です。

 

・ 格安航空券はskytickat

 

「格安航空会社(LCC)」と「宿泊」のセット料金もお得感あり!

 

・  【格安国内旅行ならスカイパックツアーズ】

  

レンタカー

 

・自由度が高い

・時間を気にしない

・重いスーツケースでも楽チン

 

そんな利便性重視なら、「レンタカー」一択です。

 

他球団と、掛け持ちもできます。

 

沖縄のレンタカーは、あなたが思うほど高くありません

値段も手頃です。

 

・ スカイチケットレンタカー

 

 

それでは、キャンプ地見学を楽しんでみてください!