MENU

【こんな選手!新来日外国人!】バーチ・スミス投手(埼玉西武ライオンズ)

burch-smith

西武ライオンズが「新外国人選手」との契約を発表しました。

私の観戦経験がある選手ですので、取り上げてみました。

どんな選手かを調査したので、経歴を紹介しておきます。

記事後半には「動画」を集めています。

あなたの眼で「どんな選手か?」確認してみてください

目次

新来日外国人選手 / Burch Smith

▼ 2014年10月11日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20220118144106j:image

埼玉西武ライオンズと契約した「スミス」投手。

右投げの先発投手。

メジャーリーグでは「リリーフ起用」が中心でした。

現在31歳。

スミス投手の経歴

▼ 2017年10月19日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20220118144236j:image

・2009年(49巡目)と2010年(20巡目)、2度ドラフト指名されたが入団拒否

・2011年、14巡目でPadresに入団

Rookie級からキャリアスタート

・2012年、1Aで26先発で9勝をマーク

・2013年5月11日、23歳で早くも「メジャーリーグ昇格」

7先発を経験している(1勝)

・2014年と2017年、「アリゾナ秋季リーグ」に選抜

アリゾナ秋季リーグ:

メジャーリーグ全30球団から、6名前後の有望なマイナー選手を選抜して、派遣・構成されるリーグ。

毎年10月~11月に実施されている「スター選手の登竜門」である。

・2014年オフ、Wil Myers選手とのトレードでRaysへ移籍

・2015年、トミージョン手術

2年間をリハビリに費やしました

・2018年以降は、メジャーリーグと3Aを往復しています

▼ 2021年の成績

メジャー
31試合、1勝1敗、防御率 5.40、43.1回、28三振、12四死球

3A
4試合、0勝0敗、防御率 10.13、5.1回、7三振、4四死球

▼ 通算成績

メジャー
102試合、5勝11敗、防御率 6.03、191回、184三振、93四死球

3A
39試合、14勝8敗、防御率 3.49、180.1回、197三振、85四死球

選手としてのタイプ

2017年10月19日撮影(筆者撮影)

f:id:baseball-cafe:20220118152628j:image

プロ入り以来、先発投手としてプレイしていました

チェンジアップ・カーブ・スライダーと、球種も豊富な投手です。

デビュー当時と比較して、現在は腕の位置を少し下げている

2014年の観戦時は、高めの4シームとスライダーを多投していた記憶あり

先発投手としては高い三振率を記録し、マイナー時代には各クラスで三振率が高い

四死球はやや少ない傾向があったが、メジャーレベルでは四死球率が上昇傾向

▼ 西武ライオンズの2022年新外国人選手

動画(メジャーリーグ)

▼ 2022年の「新外国人選手」をリスト化しています。

現在、契約が決まっている選手のみ掲載済み

2022年の展望

渡辺GMは「先発起用」を明言しています。

先発で「年間100イニング」以上投げたシーズンは、2012年しかありません。

イニングイーターとしての活躍は、期待しない方が良いでしょう。

投手起用に苦慮している「球団事情」

先発で苦戦した時には、リリーフに回すことが考えられます。

三振率が高い投手で、四死球連発タイプでもないので、リリーフで上手くハマることも期待したいところ。

▼ 過去の「来日外国人選手」の2021年「投手・打撃成績」を調査しました。

(アメリカ・メキシコ・韓国・台湾)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる