野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

日本野球

【珍事】MVPを獲得しながら「年俸ダウン」を味わった「最後の選手」 / 東尾修(西武ライオンズ)

「検察庁法改正」強行採決大騒動の上、「賭けマージャンで辞職」とあっけない幕切れとなった、黒川検事長。内閣の気遣いもあり、「訓告」での軽微な幕引きとなりそうです。 「賭けマージャン」スキャンダル / 書類送検 タイトル獲得して年俸が1億円以上アップ…

【9月入学式】文科省が「秋入学」実施を本格検討 / 高校野球やプロ野球(ドラフト会議)のフォーマット変更を予想する

「ドラフト会議」や「高校野球」など、野球界の日程変更が必要となる「秋入学」(9月入学式)。 大方の予想通り、欧米と同じく国際基準に合わせ、「秋入学」の実施を文部科学省が検討。休校が長期化した場合の選択肢の一つとする旨を、文科相が記者会見で述…

【発売まで待てない!】 自粛疲れの中、SNSで目撃 / 気になった書籍を紹介する「野球帽大図鑑」

コロナ自粛で自宅待機する、今こそ手にしたい1冊(綱島理友氏著)。しかし発売までには、まだ時間がかかるようで、出版元のHP上では書籍の紹介を見つけることができません。 遂に発行「野球帽大図鑑」/ 帽子の歴史が資料として、野球ファンに提供される日 野…

「阪急ブレーブス 誇り高き勇者の魂」 / ページを開いて「唖然」

活字離れが進む現代、紙の媒体は中高年齢をターゲットとした、昭和野球界を振り返る書籍を発行し続けています。 「阪急ブレーブス」栄光の歴史を纏めた1冊 / ベースボールマガジン社発行 3月の「南海ホークス 大阪慕情」に次いで、4月は「阪急ブレーブス 誇…

【広島カープ・沖縄キャンプ】バス停に置き去りにされたカープ女子たち / コザしんきんスタジアム

沖縄キャンプで遭遇した衝撃のシーン。 こんな目に会わないよう、予備知識として記憶しておくと良いでしょう。 注意点 / 「コザしんきんスタジアム」(沖縄市)から那覇へ 注意点 / 「コザしんきんスタジアム」(沖縄市)から那覇へ 金武町から「石川インタ…

歌手・福山雅治氏の義父は、元プロ野球選手 / 吹石徳一選手(元・近鉄バファローズ)

福山雅治夫人・吹石一恵さんの父親は、元プロ野球選手です。 吹石徳一選手(元・近鉄)/ 江夏の21球・10.19川崎決戦 国民的スターで超人気者、福山雅治さん。結婚発表の際には、落胆する女性が多かったということで、「福山ロス」なんて流行語もできました。…

新来日外国人 オースティン(横浜DeNAベイスターズ)

新来日外国人 Tyler Austin(横浜DeNA) 横浜DeNAベイスターズが獲得を発表した、オースティン選手。 一塁と外野を守る中距離砲です。 Yankeesの若手有望株でしたが、Yankeesのマイナー組織が充実していた時期の選手で、同じ右打ちが多かった事情もあり、出場…

阪神タイガースが支払う270万円の賃料 / 甲子園球場歴史館が移転予定

プロ野球各球団は、アメリカの成功例に習い「ボールパーク化」を目指しています。老舗「阪神タイガース」も、他球団の成功に追随して、思い腰をあげつつあります。 甲子園球場のボールパーク化 甲子園球場のボールパーク化 甲子園球場北側 甲子園球場南側 西…

【来日外国人選手】横浜ベイスターズ「史上最高の外国人」/ ロバート・ローズ

ホエールズ時代も含めて、長い歴史を誇るベイスターズ。多くの外国人選手が来日しています。 来日外国人シリーズ(OB編) Robert Rose(横浜) 90年代のプロ野球界を席巻した、横浜史上最強の外国人選手、Bobby Rose選手。 日本での登録名は「ロバート・ローズ…

【第2回新人選手選択会議】ドラフト会議を振り返る(1966年)/ 分離ドラフト / 江夏豊・平松政次

1965年から実施されているドラフト会議。翌1966年も引き続き実施されましたが、早くも「第2回ドラフト会議」は、方式変更されています。 9月と11月の分離開催で、 9月は高校生(国体出場者を除く)と社会人選手 11月は高校生(国体出場選手)と大学生 が対象…

新来日外国人 ピレラ (広島東洋カープ) / 元・ヤンキース

新来日外国人 Jose Pirela(広島) / ヤンキース・パドレス・フィリーズ 広島カープが獲得を発表した、ピレラ選手。 二遊間を守る内野手でしたが、2012年の2A時代から外野守備にも取り組み、以後は内外野を守るユーティリティープレーヤーとして、メジャーも経…

【第1回新人選手選択会議】ドラフト会議を振り返る(1965年) / じゃんけん/ 鈴木啓示・堀内恒夫・藤田平

「契約金高沸の抑止」と「戦力均衡化」を目的として、1965年から実施されているドラフト会議。 西鉄ライオンズ・西亦次郎社長が提案、阪急ブレーブス・岡野祐球団代表と根回しを行い、神戸・六甲山ホテルで公表したのが始まりでした。 最初は「ルーキー・プ…

【長嶋茂雄だけじゃない!】読売ジャイアンツ・背番号「3」の系譜 / 3名の野球殿堂入り選手

「巨人軍の背番号3と言えば?」の質問に、「長嶋茂雄」としか答えない現状。 伝えないメディア、知ろうとしない野球ファン、どちらにも罪はないと思います。 巨人軍の背番号「3」/ 中島治康・千葉茂・長嶋茂雄 巨人軍の背番号「3」/ 中島治康・千葉茂・長…

【プロ野球】病と戦った選手たち / 現役中の闘病生活 / がん・脳腫瘍

2019年、健康診断での胃カメラ検査。私は胃がんの危険因子である「ピロリ菌」が見つかり、服薬治療を受け、治癒しています。 早期発見できたことで、通常の生活や仕事を続けながら、治療できたのは幸運なことでした。 翌年の2020年には、PET検査(がん検診)…

【大学サマーリーグ】野球場珍百景 Gastonia / 奇抜なユニホーム / 野球は紳士のスポーツ

アメリカ・カレッジサマーリーグ観戦時に着用していた、奇妙なユニホーム。 個人的には、日本でも見てみたい! 野球場珍百景 ガストニア(ノースカロライナ州) まさしく「野球は紳士のスポーツ」 日本で採用したら、話題沸騰間違いなし!! オルタネイトジ…

【日米野球】野球カードの肖像権 / 写真を無断使用された日本人(堀幸一/定詰雅彦/イチロー選手婦人)

野球カード製作には、写真使用に伴う「肖像権料」が支払われています。 選手ではない一般人に、肖像権料は支払われているのでしょうか。 メジャーリーグのベースボールカード / カードに写り込んだ日本人たち メジャーリーグのベースボールカード / カードに…

【プロ野球】監督が勇退すべき年齢とは / 歴代最高年齢は87歳(コニー・マック氏)

知力・統率力と同じく、気力・体力も必要な監督業。 「人間が絶対に勝てないものは、時代と年齢」と、語っていた野村克也氏でさえ、最期まで、監督復帰を希望していました。 監督の適齢とは、いつまでなのでしょうか。 大御所監督の勇退からみる、監督の適齢…

プロ野球界に期待する、転売行為への対応 / チケット・直筆サイン

行く気のないチケット買い占め、善意を換金するサイン転売。希望者の手元に届けるには、どんな方法が最良なのでしょうか。 禁止するより「儲からないシステム」の考案・取り組みを期待 禁止するより「儲からないシステム」の考案・取り組みを期待 チケット …

「打撃の神様」「赤バット」/ 第2次世界大戦がなければ、安打数は歴代1位かも

第2次世界大戦により、全盛期の3年間をプレイできなかった、名プレイヤー・川上哲治氏。 野球ファンならば、誰もが知っておくべき存在です。 川上哲治氏(読売巨人軍)/ 3000本安打を逸した安打製造機 投高打低の時代にも関わらず、通算安打数は2351本。 第二…

戦力外通告選手の出世頭(南海ホークス)/ プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達

テレビ番組の効果で、注目が高まった「戦力外選手」。プロ野球生活が続行するか否かは、誰もが気になるところです。 プロ野球選手・プロ野球ファンが気になる / 戦力外選手の将来 プロ野球選手・プロ野球ファンが気になる / 戦力外選手の将来 戦力外通告選手…

【阪神ファンも記憶なし】三冠王・バース選手の守備位置 / 阪神タイガース歴代最高の外国人選手

伝説の外国人、2年連続三冠王・ランディ・バース選手(Randy Bass)。 歴代最高の外国人選手として、日本の野球殿堂入りも期待されています。 来日外国人シリーズ Randy Bass(阪神) / 2年連続三冠王打者/ シーズン最高打率.389 来日外国人シリーズ Randy Bas…

日本プロ野球の礼節 / デットボール(死球)で謝罪する理由とは

テレビ中継が増えた影響で広く知られるようになった、メジャーリーグの「Unwritten Rule(暗黙のルール)」。これは日本プロ野球にも存在しますが、アメリカとは異なるルールが存在します。 プロ野球の掟 / ルールブックに明記されていない規則 メジャーリー…

【二刀流・両手投げ専用】グレッグ・ハリス投手の「6本指グラブ」は日本製 / ミズノ社製作

メジャーリーグで活躍したグレッグ・ハリス投手は、両手投げグラブを日本のメーカーに製作依頼したようです。 メジャーリーグと日本プロ野球で使われた「6本指グラブ」は、ミズノ社製だった 「二刀流」と言っても、投打ではなく、左右の両手投げ。残念ながら…

【これぞ二刀流!】左右の両手投げ/ 南海ホークスに在籍していた

メジャーリーグで活躍したGreg Harris投手は、両手投げ投手として活躍し、日米野球でも来日しています。 日本でも1980年代後半に、南海ホークスに両手投げ投手が在籍しています。 左右で投げる「両手投げ」グレッグ・ハリス / 近田豊年投手(南海/阪神) 左右…

【広島東洋カープ】平成の出世番号「51」 / 江藤智・前田智徳・鈴木誠也

平成野球界のスーパースター・イチロー選手が背負った、背番号「51」。 イチロー選手以外にも、数々のスター選手を生んだ背番号です。 イチローだけじゃない / 背番号「51」で出世するカープの伝統 昭和時代には、ドラフト下位指名選手の定番であった「5…

【プロ野球選手】海外野球留学の歴史 / 日本人メジャーリーガー第1号・村上雅則投手メジャーデビューへ

多くのプロ野球選手が、アメリカ大リーグに挑戦してきましたが、最初の日本人メジャー・村上雅則氏(マッシー村上)の誕生は、マイナーリーグへの野球留学派遣がきっかけでした。 アメリカ・マイナーリーグへの野球留学 / 日本人初の大リーガー・マッシー村…

【メジャーリーグで採用】普及しない帽子 / まるで「スーパー・マリオ」?

見た目の奇抜さから、各投手から使用を敬遠されている、奇妙な帽子。今後は普及するのでしょうか。 打球から頭部を保護する、パット付き帽子 / 日本でプレイする来日外国人選手 アメリカで導入済みのこの帽子、本国アメリカでも普及率は低いままです。近年、…

令和プロ野球界、最初の流行

フェースガード「C―FLAP」 ヘルメットに装着したフェースガード。正式名称は「C-Flap」で、St. Louisに本社に置く「MARKWORT社」の製品になります。メジャーリーグで顔面死球を受けた選手が、復帰後に応急処置としてヘルメットに取り付けたのが、キッカ…