野球喫茶 - Baseball Cafe

野球情報、盛りだくさんブログ

スポンサーリンク

新来日外国人 ケビン・クロン(広島東洋カープ) / 元・ダイヤモンドバックス

新来日外国人選手 Kevin Cron(元DiamondBacks) 広島東洋カープが獲得を発表した、クロン選手。 内野を守る、右打ちの長距離砲です。 写真は2016年10月24日に撮影 3A時代には高い長打率を記録していますが、打者天国Renoでの成績なので、割引いて捉える必要…

クライマックスシリーズがないセリーグの消化試合の増加が残念な「野球喫茶」が振り返る / 2020年プロ野球回顧録(10月21日~31日)

消化試合の増加は織り込み済みであったが、そんなシーズンに限って、1位チームが独走してしまう残念な展開となったセリーグ。 以前のように、チームのエース投手を首位チームにぶつける、ローテーション変更を採る球団がなくなってしまいました。 ローテーシ…

部員の大麻使用で東海大学野球部が活動停止になったことに異議ある「野球喫茶」が振り返る / 2020年プロ野球回顧録(10月11日~20日)

東海大学野球部員の大麻使用事件。 インターネットで簡単に入手可能な時代に於いて、避けられない事態かもしれません。野球部の活動停止処分なんて、高校野球のような連帯責任が、大学生にも適用されていますが、メディアからの問題指摘はありません。 仲間…

【第10回新人選手選択会議】ドラフト会議を振り返る(1974年)/ ドラフト史上最大のサプライズ指名(山口高志回避) / 指名人数6名以内に限定

ドラフトの目玉は、松下電器の剛腕・山口高志投手と、高校ビック4(定岡正二・土屋正勝・永川英植・工藤一彦)。 指名1番くじを引き当てたのは、近鉄バファローズ。山口高志投手は、地元大阪の近鉄バファローズが確実と思われました。 第10回ドラフト会議(…

2020ドラフトネタが増えるにつれて秋を感じる野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(10月1日~10日)

試合数減少により、実戦から実力を見極める機会も少なかったスカウト活動。収入減少した球団事情から、指名選手数を控えることも考えられるが、どうなるでしょうか? 年齢的な余裕がない、大学経由で社会人野球入りした選手には、酷な環境となりそうです。 2…

【2020年版 / 懐かしの助っ人たちの今 】元来日外国人選手の所属球団・投手成績・打撃成績を調査した / メジャリーグ・独立リーグ

日本を去った来日外国人選手たちは、2020年シーズンを海外でプレーしています。 ここではメジャリーグ以外に、独立リーグも含めて、2020年の成績を調査してみました。 成績は10月上旬のものです。台湾・韓国については後日修正予定。 元・来日外国人選手 / …

日本プロ野球最高年俸24億円プレーヤーの出現は適切な表現なのか疑う野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(9月21日~9月30日)

柳田悠岐選手(ソフトバンク)の約4倍の年俸を、今年受け取ることになるチェン・ウェイン投手(ロッテ)。日本球界ナンバー1だが、支払いはメジャー球団からなので、「日本球界最高年俸」の称号は適切なのか迷うところです。 2020年プロ野球回顧録(9月21日…

SNSで批判多い「野球脳サバイバルナイター」だが冒険企画の積み重ねがヒット商品を生むと考える野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(9月11日~9月20日)

「三塁打クイズ」「8時の男」「野球脳サバイバルナイター」と、批判続きの日本テレビ・巨人戦の冒険企画。いつまでたっても、人気企画に出会えていないのが実情です。 どんなヒット商品にも、失敗の積み重ねが付き物ですが、試合観戦の妨げにならないよう配…

【総入場者数 6646人 / 2020年甲子園高校野球交流試合】大会記念グッズも製作・販売 / 2020年春の選抜大会出場予定32校の救済措置

地元自治会の会報によると、8月17日、全国高校野球連盟から地元住民宛に、交流試合のお礼状が届けられたそうです。 大会は総観客数が6646名と、通常開催の1試合分にも及ばない、静かな甲子園界隈となりました。 浜甲子園の駐車場を利用した応援バスは98台と…

甲子園の土をメルカリ出品するのは予測できたが憤懣やるかたない野球オヤジが振り返る/ 2020年プロ野球回顧録(9月1日~9月10日)

夏の甲子園大会中止により、高校3年生を対象に配布された「甲子園の土」。 全員が欲しいはずはなく、メルカリ出品で小遣い銭にしようと企てる高校生がいても、不思議ではありません。 希望者のみやシリアルナンバー入りを、との提案もありますが、慈善行為に…

【夢が実現? / 甲子園のマウンドで投げる方法】「阪神甲子園球場・マウンド投球イベント」を調べてみた

高校球児憧れの的、阪神甲子園球場。 プロ野球入団・関西学生野球連盟に選手登録・高校野球全国大会出場すれば、甲子園のマウンドに上がることができますが、あとは始球式ぐらいしか可能性がありません。 甲子園歴史館が応募を募る / 2020年9月26日・27日予…

【田淵幸一野球殿堂入り / 小幡竜平初安打】甲子園歴史館 / タイガース2020年の足跡とサヨナラ勝利特集へ行ってみた

甲子園球場内に併設された「甲子園歴史館」では、 「タイガース2020年の足跡とサヨナラ勝利特集」 が開催されています。 スタジアムツアーに予約の空きがあれば、+1000円で飛び入り参加もできるようです。普段テレビでは見られないエリアに、足を踏み入れる…

「NiziU」の縄跳びダンスでダイエットに励むが効果がでない野球オヤジが振り返る/ 2020年プロ野球回顧録(8月21日~8月31日)

「Make you happy」が公開され、海外でも社会現象となりつつある、縄跳びダンス。ソニーミュージックとJYPの合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」、1万人の中から選ばれた9人組です。グローバルガールズグループ、NiziU(ニジュー)。 野球界から…

【まとめ / プロ志望高校生合同練習会】2020年ドラフト会議に向けて高校野球連盟が開催 / 山下舜平大投手など参加

10月26日に開催予定の「ドラフト会議」を前にして、 プロ野球機構と高校野球連盟が一体となって、合同練習会を開催。 コロナ感染拡大により、アピールの場を失った、プロ志望の高校3年生の救済措置として、合同練習会が史上初めて実施されました。 NPBと日本…

【ジャニーズ・嵐のサイン色紙も展示】甲子園歴史館 / 高校野球特別展2020「甲子園をめざした球児たち」

「2020年甲子園高校野球交流試合」が終了した、甲子園球場。 コロナ感染拡大で、暫く閉館されていた「甲子園歴史館」も平常営業が続いており、スタジアムツアーも再開されています。 甲子園歴史館 / 「甲子園をめざした球児たち」・バッテリー特集 2020年8月…

セリーグの冠スポンサー・JERA社が何の会社か分からず職場の同僚から知った野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(8月11日~8月20日)

JERA社は、東京電力フュエル&パワー(東京電力グループ)と中部電力が出資設立した火力発電会社。3年契約でセリーグとスポンサー契約を結んでいるようです。年間数十億円規模の契約料に見合った、投資効果は期待できるのでしょうか。 2020年プロ野球回顧録(…

モノプソニーと無縁なプロ野球界だが親会社の業績悪化は野球選手にも影響すると確信する野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(8月1日~8月10日)

観客動員の増加や、グッズ販売・ネット配信事業など、新たな収入源の確保・拡張により、上昇の一途を辿るプロ野球選手の年俸。 コロナ感染拡大による親会社の大幅な業績悪化は、野球選手の年俸へ影響しない筈はありません。本社事業における、契約社員や派遣…

決裁権をもった会社幹部が車通勤をしている限り時差出勤は広がらないと思う野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(7月21日~7月31日)

通勤電車の密を避けるために、時差出勤を推奨しているけど、中小企業の社長の多くは、車通勤をしているので、これ以上広がることはないでしょう。 皆さん、健康リスクを背負っての電車通勤、ご苦労様です。 危険手当を請求しましょう 2020年プロ野球回顧録(…

英語堪能な丹波幸一審判がボナファイドと告げたことで英単語の知識が一つ増えた野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(7月11日~7月20日)

審判からの判定説明で突如アナウンスされた、聞きなれない言葉「ボナファイド」。 英語の筆記はbona fideだそうです。詳しく知りたい方は、辞書を引きましょう。学生時代の辞書が残っているはずです。 2020年プロ野球回顧録 (7月11日~20日) / 阪神タイガ…

株主総会で野球の質問をする自称野球ファンが大嫌いな野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(7月1日~7月10日)

21世紀に入り出現した、株主総会で野球の質問をする株主。自称野球ファンの見当違いだとしか思えませんねえ。 6月25日、西武の株主総会では「松阪投手を早く起用して欲しい」と要望があったようです。 野球ファン全体が、レベルが低いと世間に誤解されるので…

【変わりゆく・甲子園球場の今】(2020年7月8日)甲子園で公式戦開始

コロナ感染拡大で延期されていたプロ野球は、6月19日から開幕されています。そして遂に、7月10日からは最大5000人を収容しての、有観客試合も開催予定です。 5000枚だとチケット争奪戦になるかと思いきや、高い座席のチケットが余っているようです。 写真で…

コロナ感染拡大で観客を入れられるのか危惧する野球オヤジが振り返る / 2020年プロ野球回顧録(6月19日~6月30日)

この投稿を書いている時点で、関西2球団(阪神・オリックス)が揃って、2勝10敗と低迷しているプロ野球界です。 関西のプロ野球の灯は、早くも消えてしまうのでしょうか 残り108試合、逆襲のチャンスは存分に残っている!! 2020年プロ野球回顧録 (6月19日…

【阪神タイガースファン必見】2020年公式戦 / 甲子園球場で応援できる方法を紹介します

甲子園球場で「観客を入れての公式戦」が公表されています。他にも自宅で応援できる企画も順次準備中のようです。 甲子園球場で応援する方法 / 自宅で応援する方法 コロナ感染対策で、延期されていたプロ野球のシーズンスタート。2020年シーズンが6月19日に…

【第9回新人選手選択会議】ドラフト会議を振り返る(1973年)/ 社会人選手ルール変更 / 掛布雅之・山下大輔

超高校級右腕・江川卓投手が目玉でしたが、大学進学を表明しており、プロ入り拒否を宣言しています。 第9回ドラフト会議(昭和48年) 第9回ドラフト会議が開催された1973年。 セリーグでは、読売ジャイアンツが阪神タイガースとの最終戦に勝利し、逆転優勝で…

【珍事】MVPを獲得しながら「年俸ダウン」を味わった「最後の選手」 / 東尾修(西武ライオンズ)

「検察庁法改正」強行採決大騒動の上、「賭けマージャンで辞職」とあっけない幕切れとなった、黒川検事長。内閣の気遣いもあり、「訓告」での軽微な幕引きとなりそうです。 「賭けマージャン」スキャンダル / 書類送検 タイトル獲得して年俸が1億円以上アップ…

ドラフト会議を振り返る(1972年)

ドラフトの目玉は、大学球界屈指の好投手・山口高志投手でしたが、社会人野球入りが決定しており、指名拒否を宣言していました。 第8回ドラフト会議(昭和47年) 第8回ドラフト会議が開催された1972年。(昭和47年) セリーグでは、巨人が2位・阪神に3.5ゲー…

【フェンウェイ・パークより古い】アメリカ最古の野球場 リックウッド / マイナーリーグ野球観戦旅行

アメリカに現存する、一番古い球場「Rickwood Field」(1910年開場)。 メジャーリーグ・レッドソックスの本拠地「Fenway Park」(1912年開場)よりも、2年先輩になります。 映画のロケ地として、多くの野球映画が撮影されています。近年では、ジャッキー・…

ドラフト会議を振り返る(1971年)

唯一の目玉選手であった、慶應大学の松下勝実選手はプロ入り拒否を宣言し、意志の固さに全球団が指名を回避しています。 注目選手少ないドラフトで、スカウトの腕の見せ所ですが、さて結果は。 第7回ドラフト会議(昭和46年) 第7回ドラフト会議が開催された…

著名人・野球選手からの寄付に大感謝 / しかしマスク・防護服の寄付は、一度再考を

野球選手や芸能人から寄せられる善意の数々。マスクの寄付は、医療・介護現場からすると、ありがたい贈り物で感謝しかありません。 著名人の寄付活動は、支援の輪が広がりやすく、将来に渡って継続される可能性が高い、貴重な社会資源です。 正規ルートで入…

【変わりゆく・甲子園球場の今】(2020年5月2日)/ 青色ライトアップが示す、医療従事者への感謝の意

ゴールデンウイーク初日、昼間の混雑を避けて、日暮れを待って近所のスーパーへ。 そして買い物を済ませた帰り道。そこには、4月には見られなかった光景が。 ネットニュースで紹介された「ブルーライトアップ」/ インスタ映えスポットに人が集まる 例年なら…